→運動編ダイエットランキングTOP10
→食事編ダイエットランキングTOP10






太るのには生活習慣も影響があるハズです!悪い習慣を改善するため、ダイエット方法をランキング形式でトップ10まで発表中です!果たして1位を獲得したのは…。良い生活習慣を少しでも取り入れていくことがダイエットへの一歩かもしれません。是非ダイエットランキングにして効率の良いダイエットを目指して下さい。

☆
☆1位☆
ダイエット日記

1
始めやすさ おすすめ度5
継続しやすさ おすすめ度3
ダイエット効果 おすすめ度4
わかりやすさ おすすめ度5
総合評価 おすすめ度4

ダイエット日記帳













生活習慣ランキング1位に輝いたのはダイエット日記です。普通の日記感覚で食べたものや行動を記録するだけなので、はじめやすいですが書くのを1回やめてしまうと継続がポイントとなります。ダイエットでは、日記を付けることによって、効率的にダイエットを進めることができます。ダイエットを毎日付けることによって、毎日の体重の変化、自分が今日何を食べたのか、なぜこの日は極端に体重が増減しているのかなどを把握することができます。こうすることによって、何気ない生活での習慣から反省点を見つけ出したり、モチベーションを維持することができるようになります。



line



2位
2

胃を小さくして痩せる



胃袋ダイエット
始めやすさ おすすめ度4
継続しやすさ おすすめ度4
ダイエット効果 おすすめ度4
わかりやすさ おすすめ度4
総合評価 おすすめ度4











2位は胃を小さくして痩せる方法です。人間は必ず痩せます。言い換えれば、食べる量を減らさなければ絶対に痩せません。そのためには胃袋に劇的な変化を起こさせるのがこのダイエット方法です。劇的と言っても、無理に急激に変化させるわけではありません。胃袋に入れる量をすべて3割減らすトレーニングによって、少しずつ弾力があって固くて小さい胃袋に、本来の正常な胃袋に戻していくのです。



line



3位
3

太らない食べる順番



食べる順番ダイエット
始めやすさ おすすめ度4
継続しやすさ おすすめ度5
ダイエット効果 おすすめ度4
わかりやすさ おすすめ度3
総合評価 おすすめ度4











3位は食事の食べる順番です。いつもの何気ない食事を少しだけ変えて、食べる順番を意識するだけで痩せられる……そんな夢のようなダイエットがあるんです!ただ食べる習慣を変えるだけという手軽さ。肥満に関する様々な 研究で、食事による血糖値の上昇が肥満と結びつくことがわかってきました。従来はダイエットといえばカロリー計算をして食べる全体量のコントロールが主流でしたが、数々の研究の結果、食べる量はもちろん大切ですが、食事の際に血糖値をコントロールすることが非常に大切であるということがわかってきました。 順番はわかってもやはり食事量には注意が必要です。



line



4
寝るほど!ダイエット


寝るほどダイエット
始めやすさ おすすめ度4
継続しやすさ おすすめ度3
ダイエット効果 おすすめ度4
わかりやすさ おすすめ度5
総合評価 おすすめ度4











睡眠が3位です。知識も必要じゃなく、始めることもいたって簡単!ただ忙しい人には継続することが難しいかもしれません。
睡眠が十分にとれている人というのは今の社会環境からしてみても現実的ではないのかもしれませんが、寝るだけのダイエットは規則正しい睡眠によって痩せやすい体・太りにくい体にするダイエットです。劇的なダイエット効果は期待できないかもしれませんが、他のダイエットと併用することで相乗的な効果を得ることができるはずです。睡眠習慣は生活における健康や美容、アンチエイジングにも効果が期待できますので、是非意識して睡眠をとるようにしましょう!



line



5
肥満遺伝子ダイエット


肥満遺伝子ダイエット
始めやすさ おすすめ度3
継続しやすさ おすすめ度4
ダイエット効果 おすすめ度2
わかりやすさ おすすめ度2
総合評価 おすすめ度3










5位は肥満遺伝子。生活習慣というよりはそもそも遺伝だから太るのは仕方がない…という気もちになるかもしれませんが、その遺伝の中でも3つのタイプに分類されるといわれております。それぞれに特徴があり、簡単なテストで判別できるのでこの機会に自分の遺伝タイプを見つけて、ダイエットに役立てましょう!


line


6
基礎代謝とダイエット



始めやすさ おすすめ度2
継続しやすさ おすすめ度3
ダイエット効果 おすすめ度5
わかりやすさ おすすめ度2
総合評価 おすすめ度3








基礎代謝とは人間が何もしなくても消費するエネルギーのことです。体を動かさなくてもエネルギーが使われるのは、や内臓、筋肉などが働いているからです。数値は年齢によっても変化します。消費されるエネルギーの割合は、脳や内臓が半分以上とされ、筋肉の消費カロリーは20%程度という調査結果もある。なんと1日の総エネルギー消費量のうち、基礎代謝量は70%を占めているといわれています。基礎代謝量をアップすることで食事量の割合を減らさずにダイエットすることができため、基礎代謝量の違いにより、太りやすい人と痩せやすい人がいます。



line


7
食事誘発性熱産生ダイエット



始めやすさ おすすめ度3
継続しやすさ おすすめ度3
ダイエット効果 おすすめ度3
わかりやすさ おすすめ度3
総合評価 おすすめ度3

食事誘発性熱産生ダイエット








食事誘発性熱産生ダイエットとは食事摂取で体内に吸収された栄養素が分解され、体熱となって消費されることを利用するダイエットで、コレは1日の消費カロリーの約1割を占めており、食べながら消費しているという感覚は不思議です。


line


8
効果的な筋肉の鍛え方で痩せる


始めやすさ おすすめ度3
継続しやすさ おすすめ度2
ダイエット効果 おすすめ度4
わかりやすさ おすすめ度3
総合評価 おすすめ度3
効果的な筋肉の鍛え方










たくさんある全身の筋肉を全て鍛えるのは難しいですが、乳酸が溜まりにくい大きな筋肉・面積が広い筋肉からトレーニングを行うようにすればいいのです。実は筋肉は体重の約40%という高い比率を占めています。それらの筋肉を効率的に鍛えるには…



line


9
飲み会や宴会でもダイエット


飲み会や宴会でもダイエット
始めやすさ おすすめ度3
継続しやすさ おすすめ度3
ダイエット効果 おすすめ度2
わかりやすさ おすすめ度2
総合評価 おすすめ度3










歓送迎会や忘年会など、ダイエット中の人には遠慮したい行事の1つだと思います。ダイエットを前面に出しているとしらけた空気になる可能性もあるので、お酒は飲んだとしても、つまみや食事系には手をつけたくないところです。場の空気を崩さずにこっそり痩せる努力をする方法を紹介します。



line


10
献血ダイエット



始めやすさ おすすめ度3
継続しやすさ おすすめ度2
ダイエット効果 おすすめ度3
わかりやすさ おすすめ度3
総合評価 おすすめ度3
献血ダイエット









献血で健康ダイエット。献血を行うと血を抜かれたらいかにも身軽になって、痩せたような錯覚に陥りますが、献血で抜かれる血の量は多くて400ml程度に過ぎません。加えて、献血は頻繁に行えるものではありませんので、ダイエットに効果があるのかというと…。