手 軽 さ 70/100
コ ス ト 90/100
アレンジ10/100
身体負担50/100
知  識10/100
ペ ー ス 30/100
日本人は、「ツボを心得ている」「ツボを押さえている」など日常からツボという言葉をよく使いますが、ツボとはまさに急所=重要な場所を指します。

エネルギーの流れが滞やすい場所がツボでもあり、滞ったりするところで、「ツボ療法」や「ツボ刺激」を行うことによって全身の気血の流れを良くし、調整して、機能が正常に働くようにする療法です。
ではそれで痩せることが可能なのでしょうか。

結論から言うと、ツボを押すだけでは残念ながら痩せることはできません。痩せるのではなく、ツボを刺激して食欲を減退させたり、身体の機能を正常にさせることがツボダイエットの狙いです。

ツボを刺激すると経路が正常な状態に戻り、からだのはたらきが良くなります。またツボは経路によって各組織や内臓と通じているため、ツボの刺激は患部に直接はたらきかける効果があるのです。

そこでツボの刺激で経路を整え、かつ弱った組織をよみがえらせて代謝を良くしようというのが、このツボ押しダイエットです。直接手を触れられない内臓や神経をツボの刺激で正常な状態に戻してみましょう。

効果は人それぞれなので、絶対ではありませんし、ツボってかなりピンポイントなので、少しずれただけでも効果がない場合もあります。ただし、作業は押したりもんだりするだけなので、とても簡単。ダイエット時のサポートとして補助的にツボを押すことをおすすめします。

ダイエットにおいての最大の障害である「食欲」を抑えたり、新陳代謝を向上させながら進めるダイエット法がツボです

これはツボに刺激を与える事で、間脳の視床下部にある満腹中枢に働きかけ、「満腹感を早く起こり」、「空腹感が出にくく」します。その為、ダイエット中にありがちな「つらさ」や「ガマン」が少なくて済むのが特徴です。

そして新陳代謝が向上すると脂肪燃焼効果が何もしなくても高まるので、効率的に痩せることができます。とても簡単にできるので、早速はじめてみましょう。

ツボの種類
経穴(けいけつ)
経穴とは経絡上にあるツボのことで、「経」とは縦を表し、上から下に縦に走っているツボが経穴です。東洋医学の基本のツボといえます。

奇穴(きけつ)
奇穴とは経絡上から外れたところにあり、「奇」は優れたとか、不思議なといった意味があります。つまり、不思議なぐらい優れた効果のあるツボということになります。こめかみのゾーン内には「太陽」というツボが含まれますが、これが奇穴に当てはまります。

新穴(しんけつ)
新穴とは1960年文化大革命の前後に発見された新しいツボのことです。

阿是穴(あぜけつ)
名前もついてはいませんし、位置もさまざまで効果も人それぞれ違い、しかも、一日たてば場所が移動してしまったりするツボです。「阿是穴」は経穴ほどの効果は期待できませんし、その効果を持続させることもできません。

3つの万能ツボ
●合谷
手の甲の 親指と人差し指の骨が交わる部分にあるくぼみが合谷です。リフレッシュや消化器系に効果のあるツボです。親指で人差し指の骨の付け根を5秒ほど強く押して刺激します。
●足三里
ヒザのお皿から下に約5cmさがり、そこから2~3cm外側で、押すと痛みを感じる場所が足三里です。消化器系・全身疲労などに効き、血行促進・体温上昇・免疫力増加などに効果があります。ツボの上に両方の親指を2本重ねておき、5秒ほど強く押して刺激します。
●三陰交
内側のくるぶしから5~6cm
上で、しびれるような痛みを感じるところが三陰交です。冷え性。生理不順など女性特有の症状に効果のあるツボです。親指をツボに食い込ませ、もむようにして刺激します。妊娠中の女性は流産の危険があるので、この部分のツボ押しは避けましょう。


新陳代謝の向上が期待できるツボ
足のツボ殷門(いんもん)

効能:むくみの出た足や腫れを緩和する効果があります。太ももの痩せ効果が期待できます。

ポイント:太ももを両手で包むようにして中指をツボに充てて当てて、力を入れてゆっくりと3秒ほど刺激を加えます。それを交互に両足10回ずつ実施していきます。







足のツボ湧泉(ゆうせん)

効能:万能のツボといわれています。血液の循環がよくなり、内臓機能が高まることで、利尿、老廃物を排出、ホルモンバランスの改善効果があります。

ポイント:両手で親指の腹を当てて、強く押しもむのが効果的。



股関節のツボ衝門(しょうもん)

効能:運動不足が原因で冷えやむくみが起こると、太ももが太くなってしまいますが、筋肉の冷えや疲れを解消することでリンパの流れをスムーズにさせ、すっきりとした太ももに改善することが可能になります。

ポイント:小指に横腹をツボに当てて、付け根のラインに沿って上から下へと指をこすりおろすようにしましょう。太ももが温かくなるまで実施します。






足のツボ副腎

効能:刺激することにより、副腎皮質ホルモンが分泌され、糖質をコントロールしてくれるのでダイエットに役立つ。

ポイント:押しもみ。





食欲抑制効果が期待できるツボ
手のツボ胃腸点(いちょうてん)

効能:消化器官系の不調を改善するのに効果的で、食欲抑制効果も期待できます。

ポイント:押しもみします。



手のツボ
胃・大腸区

効能:消化器官系の内臓の働きを良くしてくれます。代謝を向上して食欲をコントロールするのに効果的です。

ポイント:赤い部分を優しくなぞると食欲を増進させてしまうので、強くつねることで食欲を抑制させます。強くつまんで離すを1~3分繰り返します。

足のツボ
食欲抑制

効能:肥満を解消するには食べ物の摂取量を減らすことがポイントとなります。このツボを刺激することで食欲が抑制されます。

ポイント:やや強めに赤い部分を押しもみします。