手 軽 さ 30/100
コ ス ト 70/100
アレンジ50/100
身体負担90/100
知  識30/100
ペ ー ス 50/100

一見、ダイエットとは関係の無さそうなテーマですが、ダイエットを成功させる為には自律神経を正常に作用するようにコントロールする事が大切です。


自律神経とは?
心臓を動かしたり汗をかいたり、自分が無意識のうちに勝手に動いてくれる神経のことで、自律神経は身体が活発に動いている時に働く神経『交感神経』と、身体がゆったりしている時に働く神経『副交感神経』があり、 必要に応じて、自動的に交感と副交感が切り替わって働くようになっています。

交感神経
主に運動や仕事で活動中に、脂肪を分解し、エネルギーとして消費する働きがあります。

副交感神経
睡眠時やリラックスしたり楽しく笑っている時に、栄養を吸収し、蓄積する働きがあります。

1990年に神戸で開催された国際肥満学会で、アメリカのブレイ教授により「 肥満者の大多数は交感神経の働きが低下 している」と言う意味を英文で表した時の頭文字をとった「モナリザ症候群(Most obesity known are low in sympatheti c activity)」が発表されました。

つまり、肥満者は交感神経が低下していると、摂取エネルギーを基準よりも低く摂ったとしても、痩せないで肥満が維持されていたと言うことですね。

自律神経の乱れ
しかし現代の私たちの生活はストレスや運動不足で自律神経のバランスが乱れやすくなり、日中も交感神経の働きが鈍く、エネルギーを消費しにくくなったりしています。

特に過剰なストレスは、自律神経の働きを乱して食欲中枢神経も乱してしまいます。 それは満腹の判断も出来ずに、ついつい食べ過ぎてしまうことにつながります。

またストレスによって副腎皮質ホルモンが作用し、血液中の脂肪が増加すると言われています。


乱れの原因とは
昼は交感神経が活発に働いて体脂肪の燃焼も期待したい所ですが、事務などの仕事で同じ姿勢のまま長時間仕事している事が多い場合には、にストレスが溜まり、自律神経の調整が上手くいかなくなります。

そうすると代謝が落ちやすく、体脂肪や老廃物を溜め込みやすい体質となり、だるくなったり、むくんだりしてきます。そういう時は手や足の末端をマッサージしたり、軽い運動などをして刺激してください、脳の働きが活性化されて交感神経も活発になります。

夜は交感神経が優位になったままの場合があります。そのまま寝てしまうと翌日に疲れが残り自律神経の正常なリズムを乱す原因にもなります。



自律神経のバランスが崩れた時の症状
自律神経失調症の症状としては、具合が悪くなったり体の一部が痛くなったり精神的に落ち込んだりといった、病院の内科で見てもらっても異常が見当たらないような症状です。


自律神経失調症の症状
部位 症状
頭痛、頭重感
耳鳴り、耳の閉塞感
口の乾き、口中の痛み、味覚異常
疲れ目、なみだ目、目が開かない、目の乾き
のど のどの異物感、のどの圧迫感、のどのイガイガ感、のどがつまる
心臓・血管系 動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、 のぼせ、冷え、血圧の変動
呼吸器 息苦しい、息がつまる、息ができない、酸欠感、息切れ
消化器 食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、胃の不快感、便 秘、下痢、ガスがたまる
手のしびれ、手の痛み、手の冷え
足のしびれ、足のひえ、足の痛み、足がふらつく
皮膚 多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、 皮膚のかゆみ
泌尿器 頻尿、尿が出にくい、残尿管 生殖器 インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ
筋肉 肩こり、筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない
全身症状 倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない、眠れな い、すぐ目が覚める、起きるのがつらい
精神症状 不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力がない、やる気がでない、ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる

自律神経を調整していく事で、自然治癒力・免疫力などが強化されて健康体になって行き、太りにくくて痩せやすい体質になって行く事が期待できます。
この二つのバランスを正常に保つ事、そして日中に交感神経を効率的に働かせる事が重要になります。




スムーズな神経の切り替えに必要なこと
交感神経と副交感神経のバランスが正しく働くためには規則正しい生活と適度な運動が大切です。

やはり朝は副交感神経から交感神経へスイッチする時ですから朝食を抜かずにしっかりとって交感神経を目覚めさせ効率よく体脂肪を燃やせるように信号を送ります。脳の働きを高める糖質を摂取することは、とても大切です。

自律神経は無意識で体の中の諸機能を調整しているため、自分ではコントロールできないんです。でも唯一意識的にコントロール出来る所があります、それは呼吸です。

夜眠っている時は副交感神経が働いていて、朝起きて交感神経に切り替ります。この切り替えがスムーズに行かない人は何時までも布団の中にいて、起きても眠そうにボ~っとしてる人ですね。

よく犬や猫は起きると必ず伸びをします。人もそうなんですが、実はコレが大切なんです!
朝起きたら鼻から息を吸いながら足の先から手の先まで伸ばして伸びをしましょう!そして口から息を吐き出します。そして深呼吸を数回繰り返してみてください。必ず鼻から吸って口から出します。

コレによって自律神経の働きが整えられて副交感神経から交感神経への切り替えがうまくいきやすくなります。

寝る前にはお風呂にゆっくり入り、筋肉を程よく刺激するストレッチなどを行って、脳と体をリラックスさせます。こうする事により、睡眠中の副交感神経と朝、目覚めた時の交感神経の切り替えがスムーズに行われやすくなります。



←生活編 第4章:体温とダイエットの関係|第6章:質の良い睡眠方法→