手 軽 さ 70/100
コ ス ト 50/100
アレンジ50/100
身体負担70/100
知  識30/100
ペ ー ス 50/100
肥満遺伝子友達や他の人と同じダイエットをしているのに、私だけ痩せないのはなぜ?
そう感じる人もいると思います。

それもそのはず。実はあなたが他の人が成功しているのと同じようにダイエットが成功するとは限らないのです。

それは太る理由もあなたがどうしたら痩せられるかも、答えはすべてあなたの「遺伝子」にあったからです。

人間の体重は遺伝子要因によって一定にセットされているという「セットポイント仮説」が昔から提唱されていました。食事や運動によって一時的に体重が減ってもセットポイントは変化しないので、またもとの体重へ戻っていくという現象が起こるわけです。

最近になって発見された肥満遺伝子によって脂肪細胞から分泌されるレプチンという新しいホルモンはこの仮説を裏づける有力な要因になりうるとして注目されています。

そもそも人の体型は千差万別。同じ運動をしても、筋肉のつくスピードは人によって違います。同じように、脂肪がつきやすい人もいれば、つきにくい人もいる。「同じ量を食べても太る人と太らない人がいるのはなぜ?」と思ったことがあるはず。

は絶えず体内の代謝状態を調節しており、生来のセットポイントを超えて体脂肪が増えると遺伝子のはたらきにより白色脂肪細胞からレプチンが分泌されると考えられます。

このレプチンは脳の視床下部にあるレプチン受容体に結合し、満腹中枢を刺激して食欲を低下させ、交感神経を介して消費エネルギーを増やして体重をもとのセットポイントへ戻すように作用します。

レプチンは167個のアミノ酸からできています。しかし、マウス実験では105番目のアミノ酸をつくる遺伝子に異常があり、きちんと機能しない不完全なレプチンしかつくれないことが判明しました。

遺伝子の異常に起因するレプチンの欠損が原因で肥満している家系は、全世界でまだほんの数例しか発見されていません。むしろ人間の肥満者ではレプチンは非肥満者よりもたくさん分泌されていることが多いのですが、なぜかこのホルモンの作用が十分に発揮されないまま食欲にブレーキがかからず太ってしまうようです。

人間の場合、体重や体脂肪量を決めるメカニズムはきわめて複雑で、40種類以上もの肥満関連遺伝因子が関与しているのではないかと考えられています。
なので確実な原因究明には至っていません。確かなことはひとりひとりによって太り方が違うのだから、当然やせる方法も違うということです。

そして、自分に合ったダイエット法は、 あなたの「遺伝子」が知っていたのです。これから一緒に見つけていきましょう。


太る遺伝子が生まれた理由
脳は活動している日中も、睡眠中も、体温や体液中のエネルギー源に関わる各栄養素の濃度をモニターし、生理的に許容できる範囲(正常値)におさまるよう、まず代謝を調節します。

それでも余ってしまった栄養素は、蓄積できるものは可能な限り蓄積します。この能力の高い個体が生残し、子孫を残してきました。
逆に限度を超えてこれら栄養素が低下してしまった場合、蓄積したエネルギー源を分解(異化)し、酸化させることによって体熱を発生させますが、同時にほかの栄養素まで分解されて、尿中に排泄させ、必要な栄養素まで失うことにもなります。唯一の対応は、食べることです。

脳が一瞬も休むことなく体液中の体温を一定に保ったり、活動のエネルギーに関わる各栄養素を管理したりする仕組みは、脳の脳幹、特に視床下部と呼ばれる部位に集中しています。

生命活動の基本は脳幹にあり、食欲、体温、浸透圧やPH (水分と電解質とのバランス)、そして体液中の各栄養素の正常値を維持する役割を担っているからです。身体は気温の変化にすみやかに対応して、服を脱いだり着たりして体温調節をしてします。

今は、空調設備がいたるところにあるので、動かずとも温室の植物のように便利で快適な生活を送ることもできます。文明化する前、それも火の利用を知らなかったころの人間は寒い季節にきわめて困難な体温の調整を強いられたことでしょう。

イヌのように、夏と冬にそなえて体毛を入れかえる動物もあれば、渡り鳥のように大移動する動物もいます。これは食糧を求めて自らの生存と種の保存のためのがけの行動であるのです。

身体の中心部の体温を37℃に維持することは実は大変複雑な調節で、1~2℃上下するだけで体調は悪化します。体毛の少ない私たちの先祖は、寒さ対策として、動物の毛皮を身にまとい、洞窟で風雪に耐え、ほとんどの動物がおそれをなす「火」を利用して暖をとりました。

一方で、食糧も少なくなる寒冷期にそなえて、冬眠を控えた動物の食行動のように、体脂肪を蓄積すべく、エネルギー源になる食糧が豊富なときに食べられるだけ食べて、余剰分を脂肪として備蓄したと考えられます。皮下脂肪の蓄積は、エネルギ—源のほかによい断熱材の役割を果たしていたと考えられます。

3~4万年前の最後の氷河期は、北半球の大部分が氷河におおわれていました。大移動も冬眠もできない私たちの先祖は、寒冷な気候を生き抜くうえで、ある程度の飢餓にも耐えるために、食物の豊富な時期に生理的欲求を超えて炭水化物や脂質を食べることができる者だけが生存し、子孫を残すことができたと考えられます。

現代人にもこの遺伝的素因は受け継がれていて、糖や脂質はおいしく食べられるので、食べ出すとなかなかやめられない傾向(やみつき現象)があります。過食が続くと、最終的に脂肪として脂肪細胞は肥大化し体型は当然肥満になります。

「遺伝子」とは
「遺伝子」は、 親から受け継いだあなたの「体」の設計図のようなもの。人の顔かたちや体格、体質などは遺伝子によって決まります。 その中には太りやすさを決める遺伝子もあります。それが「肥満遺伝子」というものです。

人の遺伝子は、約3万2000種類あるといわれ、現在50種類以上の「肥満遺伝子」が発見されています。その中で、 日本人の多くが持っている3種類の遺伝子に着目しました。

それが
「β3AR(ベータ・スリー・ アドレナリン受容体)」
「UCPI(ユー・シー・ピー・ワン)」
「β2AR (ベーターツー・アドレナリン受容体)」
の3つです。
正確には、 この遺伝子は誰もが持っているもので、 問題はこの遺伝子に変異があるかどうか。つまり、3つのどの遺伝子に変異があるかで、太り方や、やせ方が違うことが最近の研究でわかってきたのです。

この3つの遺伝子が重要なのですが、とてもネーミングがわかりづらいので、ちょっと呼び方を変えましょう。
「β3ARはリンゴ型」
「UCP1は洋ナシ型」
「β2ARはバナナ型」
です。

ネーミングの理由は、ご想像通り、フルーツのかたちがそれぞれの体形のイメージに近いからです。
一言でいうと、リンゴ型はお腹が出る内臓脂肪型。洋ナシ型はお尻から太ももに皮下脂肪がつくタイプ。


バナナ型は、全体的にほっそりして手足が長い、実は、バナナ型は太りにくい「逆肥満遺伝子」なのです。でも諸刃の剣で、太ると全体に大きくなり、最もやせにくいタイプでもあります。日本人の97%がこのうち最低1つを持っているという結果が出ています。

つまり、あなたもこの3つのうちのどれかを持っている可能性が高いのです。 もしかしたら、2つ持っていることも。
早速チェックしましょう!



遺伝子のチェック!
下記の3つのシートのうちで一番該当項目が多いものがあなたの遺伝子タイプになります。



※チェックボックスすべてが対象で合計が計算されます。各項目ごとにチェックを解除して使用してください。


リンゴ型診断シート
太るとウエストがきつくなる
ジーンズを買おうとして試着すると、足やお尻はOKでも、ウエストのボタンがしまらないことがある
力を入れてもお腹 (おへその周り) があんまりへこまない気がする
太りやすい。体重の変動がわりとあるほう
お腹や二の腕、お尻などのお肉が、ぼよーんとして柔らかい
女性のあなた、胸の大きさは?どちらかというと大きめ
額の形は、丸顔かふわっとした卵形、太ると二重あごになりやすい
顔の肌の状態は、皮膚が薄く、乾燥肌になりがち
ダイエットをすると、わりとすぐに体重や体脂肪が落ちる方だ
色々なダイエットをとりあえずやってみるけど、3日坊主で終わることが多い
母と父のどちらかは、体形を見ると、リンゴっぽい
食べ物は、ご飯やパン、パスタ、麺類などが大好き
自分の性格は、楽天的でマイペース
運動するのはキライじゃないけど、長時間は続かない
カロリーを気にしないとしたら食べたいのは、アイスクリームより大福もち


洋ナシ型診断シート
太ると太ももやお尻がきつくなる
わりとがっちりした筋肉質タイプだと思う
横から見ると上半身が薄いかも。座っているとやせてみられることも
女性のあなた、胸の大きさは?どちらかというと普通か小さめ
顔の形は、卵形か、あごが細く少し逆三角形っぽくシャープな印象
首のあたりがむくみがちだ
ニキビや吹き出物などの肌トラブルが多い
太ももやお尻は張っていて硬い
ダイエットをすると、なかなか体重や体脂肪が落ちなくて困ってしまう
母か父どちらかの体形が、洋ナシっぽい
まじめでしっかりしてるね、といわれることが多い
食べ物は主食よりおかず好き
本当は、唐揚げやフライなどが好き
自分の性格は、負けず嫌いで、ちょっと頑固なところもある
運動すると決めたら、限界まで頑張りたくなる


バナナ型診断シート
ジーンス選びのとき、サイズで苦労したことはない
若いころ、もしくは今もダイエットの必要性を感じたことがない
女性のあなた、胸の大きさは?たぶん、小さい方だ
顔の形は、細おもて
肉が薄い分、シワが気になる
筋肉も脂肪も薄くて、全体的に触ると硬い感じ
母もしくは父の体形を見ると、バナナっぽい
食べても太らないよね、といわれる (といわれた時期がある)
神経質だよね、といわれることが多い
かなり几帳面な方だと思う
寝起きが悪く、なかなかシャキッとしない
食べ物は野菜や果物、豆類などヘルシー系が若い頃から好き
食事を抜いても気にならない
体があまり柔らかい方ではない
運動は嫌いじゃないけど、すぐに疲れるのでやろうと思わない



リンゴ型はこちら   洋ナシ型はこちら   バナナ型はこちら



診断結果 発表
りんごイラストリンゴ型のあなたが好きなものは…
ご飯やパン、麺類は、砂糖と同じ糖質。リンゴ型は、ご飯や甘い物にたっぷり入った糖質が好きなのです。ビールなどの糖質の高いお酒も大好物。カロリーを気にせずに、好きな食べ物を5つ考えてみて。ご飯、パン、パスタ、 ビール、大福もち、お芋などが浮かんだ人は、 リンゴ型の可能性大。

なぜかというと、リンゴ型は、ほかの遺伝子型より食後の血糖値が高く、血糖値が上がることが快感になっているのです。そもそも血糖値が高いのは筋肉に糖分を取り込ませるインスリンの効きが弱いため。本当は「糖」が苦手なんです。

特徴まとめ
・1日の基礎代謝量が200Kcal一般の人より少ない
・糖分の代謝が苦手なために、糖分で太りやすい
・内臓脂肪がつきやすく、太るとウエストがきつくなる
・性格は明るく、温厚な人が多い
・ご飯やパン、パスタ・麺類が大好き
・ご飯の時刻に食べれないとイライラする

日本人の30%がリンゴ型
女性よりも男性に多く、ビール好きもこのタイプ


洋ナシイラスト洋ナシ型のあなたが好きなものは…
揚げ物、 炒め物など油っこいものが大好き。甘い物でもバターたっぷりの洋菓子系。ズバリ「脂肪」が好きなんです。そのため、主食よりおかず派。カロリーを気にせずに、好きな食べ物を5つ考えてみて、鶏の唐揚、コロッケ、炒め物、 ケーキ、などが浮かんだ人は、洋ナシ型の可能性大。

洋ナシ型は、食事をした後、血液中の脂肪量がなかなか減りません、筋肉などで脂肪を燃やす効率が悪い。筋肉が脂防をうまく利用できないため、「脂肪不足?」と体が思い、脂肪をもっと食べたくなるのです。でも、実際には利用できずに余った脂肪が、体にたくわえられてしまいます。

特徴まとめ
・1日の基礎代謝量が80~100Kcal一般の人より少ない
・脂肪の代謝が苦手なために、脂肪で太りやすい
・皮下脂肪がつきやすく、太ると下腹やヒップが太くなる
・性格はまじめで、ちょっと頑固な面も
・主食よりおかずが好き。唐揚げやフライなどが好き
・ストレスがたまるとスナック菓子を袋食いしたりする

日本人の35%が洋なし型
男性より女性に多い
ダイエットに悩む女性はこのタイプが多い


バナナイラストバナナ型のあなたが好きなものは…
細い体から想像される通り、 野菜や海藻、豆腐といったヘルシーフードが好き。カロリーを気にせずに、好きな食べ物を5つ考えても野菜、果物、豆腐、魚、海藻などばかりが浮かぶはず。肉たっぷりのこってり系よりも断然あっさり系を好みます。

それは、たんぱく質が胃にもたれやすいから。バナナ型は胃腸が弱い傾向にあります。そのうえ、せっかく吸収したたんばく質、アミノ酸を体の中でさっさと分解。筋肉や細胞の材料になるはずのたんぱく質を壊してしまうので、余計にたんばく質が不足しがち。そのため、体力や免疫力も低い人が多いのです。

特徴まとめ
・1日の基礎代謝量が200Kcal一般の人より多い
・たんぱく質が血や肉になりにくく、太りにくい
・手足が長く細く、けっこう神経質で几帳面な人が多い
・野菜や豆腐などヘルシーなものを好む
・食事を抜いてもけっこう平気

日本人の24%がバナナ型
太りにくく、逆肥満遺伝子
しかし太ると最も痩せにくいタイプ