空腹時が一番痩せやすく、逆に満腹は太りやすい
血糖値とダイエット血糖値とダイエットは深い関係があります。血糖値と言えば糖尿病をイメージする人も多いかもしれません。

そんな血糖値は空腹とも関係しており、空腹感に耐えられない人というのは太りやすいので損をしています。
それはなぜでしょうか?

理屈がわかれば解決できることもあると思います。
それにはまず「満腹」「空腹」のしくみを理解する必要があります。

みなさんが満腹感を感じるのはどのような状態の時ですか?

多くの人が胃の中が食べ物で一杯になった時と答えるかもしれません。
それも間違いではありませんが、満腹や空腹を感じて判断しているのは「胃」ではなく「脳」なのです。

そして、脳は食べ物の量ではなくて、血液中のブドウ糖の量(血糖値)によって満腹や空腹を感じているのです。
そしてその血糖値を維持しているのは、肝臓に蓄えられたグリコーゲンという物質です。

ちょっと分かりにくいので。もう少し簡単に説明します。

空腹になる仕組みについて
①運動や日常生活などによってエネルギーを消費して、肝臓のグリコーゲンが減る

②すると血糖値が下がりはめる

③そして脳が「空腹」を感じる

④当然お腹がすけば食事などからエネルギーを摂取

⑤食物中の炭水化物からグリコーゲンが合成される

⑥肝臓のグリコーゲンが一杯になる

⑦血糖値が上がってくる

⑧そして脳は「満腹」を感じるのです。


つまり結論ですが…
血糖値が
下がる⇒空腹
上がる⇒満腹

と考えてもいいでしょう。

ここまでの説明で血糖値について理解して頂いたと思います。
いよいよ本題のダイエットや痩せていくためのポイントです。

脂肪は蓄積される時と燃焼される時があります。 それは人が自然と意識しないうちに変わっています。
この「蓄積」と「燃焼」の切り替えには、なんと血糖値が関係しているのです。この切替をうまくコントロールしてあげればダイエットや痩せることにつながっていきます。

つまり私達の身体は
血糖値が
低い⇒脂肪は燃焼
高い⇒脂肪は蓄積
というしくみになっていることになります。

言い換えると
空腹時⇒脂肪は燃焼
満腹時⇒脂肪は蓄積

ということになります。

ですから、空腹の時は脂肪を燃焼させる条件が整っているといえます。
空腹時に動けば、効率よく脂肪を消費することが出来るので、ダイエットをしたい人にとっては絶好のチャンス到来です。

ところが、ちょっと空腹になるとそれに耐え切れず間食してしまう人は、せっかくの痩せるチャンスを台無しにしている場合があります。

また、軽い空腹の度にちょこちょこつまみ食いをしていると、常に血糖値は高い状態になりますから、身体は常に脂肪が蓄積されやすい危険な状態になっているといえます。

それから、空腹(低血糖)状態に耐えられずに間食をしてしまう人は、一日中血糖値が高くなるため「糖尿病」や「過食症」になりやすいため注意が必要です。

運動をするなら食事前が理想的といえます。食事後では動くのも気分的に乗らない場合もありますし、食後すぐの運動は内臓への負担も大きくなるのでおすすめできません。
同じ運動をするなら、ダイエット効果の高い食事前にすることを習慣にできれば痩せていく効果も高くなるでしょう。

また食事の際に食べる順番も大切になってきます。ごはんやパンなどの糖質は血糖値をすぐに上げてしまう働きがあるため、急上昇した血糖値がすぐに降下してしまい、空腹感を感じやすく、間食をしてしまいがちになります。食事はなるべく糖質を最後の方にもっていきましょう。詳しくは食べる順番ダイエットで。



分かっていても間食をやめにくい理由
体温の維持や体の栄養のバランスを一定に保つために、脳が食欲や満足感を巧みに操りながら、健康な体を維持しています。この脳のはたらきを知ることは、やせる人の脳、太る人の脳を理解するうえでとても重要なことです。

私たちが毎日、活動的でいられるのは、体温が37℃で血中に十分な酸素があること、そして、エネルギー源のグルコース(血糖)や空腹時の「遊離脂肪酸」という脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解してできるものなどがほぼ1日中一定の濃度で、体細胞の周囲に存在しているからなのです。

毎日の食事で体内に摂取した栄養素は、エネルギ—源として消費したり、尿や汗などで体外に排泄します。

もし、脳が長期にわたって飢餓状態になっても、体温を保って生存できるように、身体のなかに蓄積したエネルギー源となる栄養素、まずグリコーゲンを分解してグルコ—スに、次に脂肪酸、最後にタンパク質をやむを得ず分解するようにできています。

そのため、飢餓感を強くすることによって、なんとか食物を摂取して栄養素を充足するよう、指令を出すのです。この「飢餓感」は日常的には「空腹感」として認識されています。

食事と食事の間に炭水化物(糖質)と脂質からつくられるスナック菓子を食べたり、ミルクや砂糖が入ったコーヒーで血糖値を上げ、一時的に空腹感を抑制するのは実はごく普通の行動といえます。人間の生理機能に反している行動のためやめるのが難しいのです。

また余談ですが、禁煙太りという言葉があるように、タバコをやめると太る理由はタバコを吸うと、ニコチンの薬理作用で血糖値が上昇するので、ある意味でスナックのかわりになるほか、食後の満足感も高まりますので、食後の一服は一般的な現象ですが同時にニコチンの依存性も高まります。したがって禁煙すると今まで以上に食べて必ず太ります。
私たち恒温動物は常に体温を維持するためにエネルギー源を欲することが背景にあるのです。



なぜ冬に太りやすくて、夏に痩せやすくなるのでしょうか
「冬は太りやすく夏は痩せやすい」
と考えている人は多いのではないかと思います。

多くの人が夏は食欲がなくなり、冬になると食欲が出てくる、と実感していると思います。

これも実は脳の満腹中枢が温度に影響されるからです。

満腹中枢は、温度が高いと動きが活発になり、温度が低いと動きが鈍くなります。

ですから、気温が低い冬は満腹中枢が鈍くなって、満腹感を感じにくくなるので食欲が旺盛になるわけですね。

気候が寒くなれば、さらに体温維持のためのエネルギーが必要とされるので、食欲は高まります。それとともに、過剰に摂取したエネルギー源を脂肪として体内に蓄積するはたらきらきも高まります。

ですから、冬場に向かって動物は「脂がのってくる」ことになります。わたしたちも例外ではありません。

一方、真夏の暑さでは食べて体温を上昇させるより、冷たいものを摂って体の内部から冷やし、食欲も減退してしまうことが多いでしょう。また夏場は、水分を多く摂ったりしますが、これは体液中の水分と電解質のバランスを失いやすく、発汗や下痢を生じることもあるため、脱水症状に伴う循環障害によって体熱が充分放散できずに熱中症になると、食欲はさらに低下します。

これが冬には太りやすく、夏にはやせやすいことの原因の一端なのです。ですから、冬は太りやすくなるわけです。

あと、冬になると寒さから体を守ろうとしますが、寒さから体を守るのは体脂肪です。

体脂肪が断熱材の役割をして、体を寒さから守っているわけですね。

それで、寒くなると体は脂肪をため込もうとします。
寒いと体の動きが鈍くなったり、体を動かすのがイヤになったりするので、冬は消費カロリーが減って太りやすくなる、と考えることができますね。