肥満は環境が原因
ダイエット環境を整えよう!病気になる原因には、遺伝と環境の両方が関わっているという説が有力です。肥満に関しても例外ではなく肥満と環境の関係性は重要です。

人間の歴史は昔、飢餓(きが)と寒さとの戦いであり、獲得したエネルギーを脂肪として蓄える体の仕組みが発達した結果、いわゆる肥満遺伝子が大切とされ保存されてきたと考えられています。

しかし、遺伝するのは肥満体という体型ではなく体脂肪を蓄える能力であると考えられています。人並みはずれてたくさん体脂肪を蓄えられるという、すぐれたサバイバル能力をもって生まれてきても現在とは違い、飢餓状態の環境下で生活している限り、そう簡単に太れるはずはないでしょう。

やはり、すぐれた能力に加えて、それを十二分に花開かせることができる環境にどっぷりつかり、5年、10年かかって、徐々に肥満体が完成してくるわけです。

ですから、人間の肥満の成立には遺伝と環境の双方の要因の関与が必要となります。その影響する割合は遺伝が3~4、環境が6~7割程度ではないかと考えられています。

複数の肥満遺伝子の関与が明らかになっており、遺伝子を調べて肥満になりやすい体質かどうかをある程度判断できるようになってきましたが、肥満の原因としては環境因子のほうが重要と考えられています。

環境的要因としては複雑に絡み合っています。主に食べすぎ(過食)、食べ方の誤り、運動不足などが問題点です。食べることに不自由がなく運動量が少ないという欧米型ライフスタイルが日本でも浸透するとともに、これらの環境的要因は増加し、国内で肥満が急激に増えつつあります。

日本の欧米型食生活が問題

日本人は、ご存じのように元来肥満者が少ない民族ですが、ハワイあるいは米国本土へ移住した日系人をみると、日本から離れて東へ移住していくにつれ、肥満者の割合が増加することが疫学調査で明らかにされています。

日本人と日系人の遺伝的背景は同じですから、この差はやはり遺伝ではなく環境的要因の違いに起因すると考えられます。昔と現在では辺りを見回して変化があることに気がつくと思います。

やはり高脂肪・高タンパクの欧米型食生活に起因する過食と近代化社会における慢性的な運動不足がその引き金になっていることに間違いはありません。

さらに街では24時間営業しているコンビニやファストフード店の増加、自動販売機、家庭用冷凍冷蔵庫と調理済み食品の普及など冷蔵庫から食べものを取り出して1日のうちいつでも手軽に食べることが可能となった欧米型ライフスタイルがその元凶といっても過言ではありません!

食べもの以外でも必要な時にすぐに手に入るのは非常に便利なのですが、食べ物の誘惑は常につきまとう環境が肥満増加の原因となっています。

ニューヨークのマンハッタンに住む白人11万人を代表する各層に対して実施した研究があります。各人の社会・経済的地位を学歴や職業、年収、家賃などの要因から算定してみると面白いデータが出ました。

地位の低い層では高い層と比べて、男性で2倍、女性では6倍もの高頻度で肥満者が多く存在することが明らかになりました。このことから、人間の肥満の成因として、社会・環境的要因の影響はきわめて強大であるということがいえるでしょう。さらに「物質文明は肥満者を増加させ、精神文明はそれを減少させる」という極端な意見を提唱する学者もいるほどです。

一時期、米国のエグゼクティブのあいだでは,「肥満者は自己管理能力に劣っている」という見方が流行しました。しかし、1994年の遺伝子の発見以降、このような極端な意見は鳴りをひそめるようになり、肥満者を悪者扱いする行きすぎた風潮は一段落しました。

それでも、やはり環境要因の影響は無視しえないほどに大きいことはいうまでもなく、「生活習慣病」とか「ライフスタイル病」という呼び名は継続して使用されているわけです。しかしこれらの環境は作り変えることが可能なので、まずは欧米的なライフスタイルから脱却させることを最優先に考えてみてはいかがでしょうか。