手 軽 さ 50/100
コ ス ト 70/100
アレンジ70/100
身体負担70/100
知  識50/100
ペ ー ス 50/100
A型に適したダイエット方法
A型の祖先遺伝子(農耕民)
・最初のベジタリアン
・自分で作物を育て収穫する
・繊細な消化管
・異物に対して耐性のある免疫系
・定住型の食生活や環境にうまく適応できる
ストレス解消にはヨガなどの心を落ち着かせる運動をするのがよい
・スリムな体型を保ち、活動的でいるためには、野菜中心の食生活をすること

A型の食事法
一か所に定住し、争いを好まなかった農耕民族の子孫であるA型には、野菜中心の食事が最も適しています。

繊細な消化管をもつA型にとってできるだけ自然のままの(新鮮で農薬を使わない)ものをとることが大切になってきます。畑を耕して生きてきた農耕民族のA型に合うのは植物性食品です。

野菜はA型の代謝を促し、脂肪や老廃物を外に出してくれます。野菜は一緒に油をとると栄養素の吸収がよくなるので、あまり油分が必要ないA型の体質でも、少量の油を使用した野菜料理がおすすめです。

また、肉類が苦手なA型にとって貴重なタンパク源となるのが、良質な植物性タンパク質を含む食材です。

豆腐納豆など大豆食品、ピーナッツやアーモンドなどナッツ類を意識してとりましょう。A型の人は、動物性食品である肉類や乳製品はなるべく避けるべきです。

どうしても肉を食べたい場合は鶏肉を選ぶとよいでしょう。その場合、直火またはオーブンでできるだけよく焼くのがおすすめです。また、乳製品が合わないため、牛乳ではなく豆乳で代用するよう心がけましょう。

さらに、ハム、サラミ、ソーセージなどの加工食品は、亜硝酸塩を含んでいるため、胃酸の少ないA型の人がとると、胃ガンなどの危険性が高まります。なるべく口にしないほうがよいでしょう。トウガラシやコショウなどの刺激物も控えめに。
穀類には耐性があり、主食は白米で問題ありません。しかし、小麦粉は少し苦手なので、パンやケーキ類は控えめにしましょう。

野菜との相性抜群のA型。でも合わない野菜もあり。最も注意したいのがトマトとナス。凝集作用が起こるため消化管にも悪い影響があります。サツマイモ、ヤマイモなどのイモ類も過敏な反応が出る可能性があります。


体重を増やす働きのある食品
  • うまく消化しきれない。脂肪として蓄えられる消化酵素を増加させる
  • 乳製品
    乳製品栄養素の代謝を妨げる
  • 赤インゲン豆
    消化酵素、カロリーの燃焼を妨げる。代謝効率を低下させる
  • らい豆
    消化酵素の働きを妨げる。代謝効率を低下させる
  • 小麦
    (食べすぎた場合)インスリンの働きを妨げる。カロリーの燃焼を妨げる
  • シイタケ
    キノコ類の中でも、アレルギーを起こしやすい。
  • ハクサイ
    日本人にはなじみ深い食材だが、A型には悪影響を与えるレクチンを含む。
  • トマト
    レシチンに強い凝集作用があり、消化管に悪い影響を及ぼす。
  • ナス
    トマトと同じく、レシチンに強い凝集作用がある。
  • マッシュルーム
    発ガン性のあるレシチンを抑制してくれるが、血液の凝集作用は強い。
  • ジャカイモ
    A型は含まれるレシチンに過敏な反応を起こしてしまう。
  • サツマイモ
  • ヤマイモ
    これらに含まれるフェニルアラニンが、脂肪燃焼酵素の働きを悪くする。



体重を減らす働きのある食品
  • 植物性油
    消化を助け、むくみを防ぐ
  • 大豆製品
    消化を助け、素早く代謝される
  • 野菜
    代謝効率を高める。腸の働きをよくする
  • パイナップル
    カロリーの燃焼を助け、腸の働きをよくする
肉類
A型の場合は肉類を一切口にしないのが一番です。食生活は現在たんぱく質中心で、ファストフードが流行し、食事はますます高脂肪、高カロリーなものになっています。流行に流されることなくA型に合った食生活を実施してください。
  • 良い
    なし
  • 悪い
    ベーコン、牛、鴨、ハム、ハツ、ラム、レバー、マトン、豚
※特に注意したい食材
ハツ・レバー
ハツ・レバーを代表とする内臓肉は消化が悪く、A型の体に負担がかかる。

魚介類
魚介類は普通に食べて問題ありません。ただし、白身の魚はA型の消化管に合わないレクチンが含まれていますので、避けるようにしてください。
良い たら、はた、さば、あんこう、金目鯛、ニジマス、さけ、まいわし、ます、ホワイトフィッシュ
悪い アンチョビ、チョウザメ、キャビア、ナマズ、はまぐり、巻貝、かに、うなぎ、にしん、ロブスター、スモークサーモン、たこ、かき、ホタテ貝、えび、舌平目、いか、あまだい、すっぽん
※特に注意したい食材
カニ・エビ、ロブスター
甲殻類はA型の体には合わないので要注意。
タコ・イカ
日本人に馴染み深いが、A型に悪く働くレクチンやポリアミンを含む。

卵と乳製品
発酵乳製品を少量食べるのには構いませんが、全乳で作られたものは避けるようにしてください。卵は有機卵に限り問題ないでしょう。
良い 大豆、豆乳
悪い チーズ、バター、アイスクリーム、シャーベット、スキムミルク、ホエー、全乳
※特に注意したい食材
スキムミルク
スキムミルクにも乳糖が多く含まれ、A型の消化を妨げてしまう。
牛乳
A型の体は乳糖がうまく分解できないので、牛乳が苦手。

油脂
油脂を少量しか必要としませんが、毎日サラダなどにオリーブオイルをかけて食べると消化吸収がよくなります。オリーブオイルは一価不飽和油なのでコレステロールを下げる働きがあります。
良い オリーブオイル、亜麻仁油
悪い コーン油、綿実油、ピーナッツ油、ベニバナ油、ごま油
※特に注意したい食材
赤トウカラシ
A型の胃には刺激が強過ぎるので、とり過ぎないように。
コーン油・ゴマ油
油に含まれるレクチンがA型の消化管に悪影響を及ぼす。
コショウ
刺激が強く、消化系が弱いA型には合わないので控えたい。
リンゴ酢
A型の胃には負担が大きい。空腹時に酢を飲むのは避けること。

ナッツと種子
良い ピーナッツ、かぼちゃ
悪い ブラジルナッツ、カシューナッツ、ピスタチオ

豆類
A型の食生活に欠かせません。大豆をはじめ豆類の多くは栄養豊富なタンパク源です。しかしすべての豆類がA型に向いているとは限りません。
良い あずき、黒インゲン豆、ピント豆、大豆、豆腐、テンペ、レンズマメ、黒目豆
悪い ひよこ豆、赤インゲン豆、らい豆、白インゲン豆、レッドビーン、タマリンド豆

パン
パンは合う食材ですが、肥満に悩んでいる人は全粒小麦は避けて、代わりに大豆や米を使ったものを食べるほうがよいでしょう。
良い エッセネパン、エズキエルパン、ライスケーキ、大豆パン、発芽小麦パン
悪い デュラム小麦パン、イングリッシュマフィン、マツァ、多穀類パン、プンパーニッケル、全粒小麦パン

穀物、パスタ
多くの種類の穀物とパスタを楽しむことができます。
良い カーシャ、オート麦粉、米粉、らい麦粉、そば
悪い 精白小麦粉、全粒小麦粉、ほうれん草のパスタ

野菜
ミネラル、酵素、天然の抗酸化剤を含む野菜はA型には欠かせません。野菜の栄養素をくずさないようにできるだけ生または蒸して食べましょう。
  • 良い
    アーティチョーク、ブロッコリー、にんじん、にんにく、ケール、レタス、おくら、玉ねぎ、パセリ、かぼちゃ、ほうれん草、かぶ
  • 悪い
    白菜、キャベツ、なす、マッシュルーム、しいたけ、オリーブ、ピーマン、さつまいも、じゃがいも、トマト、山芋、とうがらし


果物
筋肉組織を酸性にさせる穀物とのバランスのためアルカリ性のものをとることをおすすめします。
良い あんず、ブルーベリー、チェリー、いちじく、グレープフルーツ、レモン、パイナップル、プラム、すもも、レーズン
悪い バナナ、ココナッツ、マンゴー、メロン、オレンジ、パパイヤ、みかん
※特に注意したい食材
バナナ
A型の人が食べるとかえって脂肪として吸収される。

飲料
A型は赤ワインがおすすめです。
良い コーヒー、緑茶、赤ワイン
悪い ビール、蒸留酒、ソーダ水、コーラ、清涼飲料水、紅茶

A型のための健康補助食品について
ビタミン、ミネラル、ハーブなどの健康食品の役割は、普段の食事で不足しがちな栄養素を補い、体質的に弱いところを強化するのが目的です。A型が求めたいのは…
・免疫力を高める
・抗酸化物質を補給する
・感染症にかかりにくくする
・心臓を強くする
そのためには
ビタミンB、C、E・カルシウム・鉄分・亜鉛・セレン・クロム・ケルセチン・ミルクシスルが入ったものが必要です。





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!