手 軽 さ 30/100
コ ス ト 10/100
アレンジ30/100
身体負担70/100
知  識70/100
ペ ー ス 50/100
肥満遺伝子検査ダイエットジーンライフの肥満遺伝子検査キットはダイエット生活を効率的にしてくれるアイテムです。

これを使えば、自宅で簡単に試料を採取することができます。

採ったものはジーンライフの遺伝学研究所に送って解析することで、肥満遺伝子検査が行われ、自分の遺伝子型ダイエットタイプを知ることがでるという科学的なダイエット方法なのです。

まさに現代の技術の総結集というところでしょうか。
肥満遺伝子検査をすると、自分でも気が付かない合っていない食品をとり続けて太ってしまう心配がありません。

自分に合ったダイエットができ、健康的に毎日を送れるようになるだけでなく、将来の生活習慣病を防ぐ可能性も高まることから注目されています。


肥満遺伝子検査でわかること
検査をすることであなたの遺伝子型ダイエットタイプがすぐにわかります。あまり時間もかからないので実用的に使えるツールです。

遺伝子型ダイエットタイプは日本人に影響が大きいといわれる3種類の肥満遺伝子「β3AR」「UCP1」「β2AR」を検査することで判定します。

その3つの肥満遺伝子の特徴からさらに4つのタイプに分類していきます。

その4つこそが日本人の肥満をに多い代表的なタイプとなっています。人は必ずこの4つのどれかに当てはまります。検査であなたのタイプがわかれば、太りやすい食品、太りにくい食品などがわかってくるので、あとはそれを摂らないように気をつけて生活するだけという簡単なダイエット方法なのです。

肥満遺伝子の4つのタイプを紹介
早速その4タイプを紹介します。

りんご型
リンゴ型は、白米よりも玄米。食パンよりもライ麦パン。 糖質の代謝を助けてくれるビタミン・ミネラルが豊富に含まれます!

洋なし型
洋なし型は、脂質を抑えるためにできる限り脂身をカットしたり、脂身の少ない食材、調理法を心がけましょう。

バナナ型
バナナ型は、うどんを食べるなら月見うどんでタンパク質を摂りましょう。

アダム・イヴ型
アダム・イヴ型は、バランスの良い食事と適度な運動で ベストな体型を維持。太っている方はセルフチェックで対策を!



肝心な検査方法
まずはサイトなどで検査キットを購入する必要があります。色々な遺伝子検査のタイプが販売されていますが、今回はジーンライフダイエットを使ってみます。

検査方法は、キットに入っている採取棒で頬の内側を軽く擦って口腔粘膜を採取し、返送すればOKというとても簡単なので誰でもできます。

検査結果報告書のほか、毎日の生活に取り入れやすい、遺伝子型ダイエットタイプ別のレシピブックも見ることができます。レシピブックでは食事を食べる順番や食材毎の分量のほか、毎日のちょっとした時間で続けられる簡単な運動もアドバイスしています。

ダイエットは無理なく続けることが大事です。自分の遺伝的な体質を知り、より健やかなライフスタイルを送るための指針として役立てることができます。


詳しい手順をこれから紹介します。

①検査キットが自宅に到着
検査キット
ちゃんとGeneLifeと段ボールに書いてあるのでわかりやすいです。早速開けてみましょう。

肥満遺伝子検査 商品内容
中身はこんな感じでたくさんの書類が入っています。具体的には…

[商品内容]
ご利用ガイド、IDパスワード、検査申込同意書、採取棒(IDシール付)、返信用封筒

これらのものが入ってました。どれも必要なものばかりなので大切にとっておきましょう。特にIDとパスワードは無くしがちです。一式確認したところで流れを見ていきましょう。
肥満遺伝子検査の流れ
流れについてはこんな感じです。

②検査申込同意書に記入します。
肥満遺伝子検査申込同意書
名前や住所など必要事項を記入します。特に変わったことはありません。


③検査申込登録
WEBサイト(https://genelife.jp)にアクセスしてログインをクリックします。名前を入力して送られてきたIDを入力することで登録することができます。


④検査試料の採取
肥満遺伝子検査試料
採取となると緊張してしまいますが、落ち着いてゆっくりと説明書を読んで間違えないようにしていきましょう。

カフェイン、ポリフェノール、食べかすなどが口腔内細胞に付いていると正しい検査結果がでない可能性があります。
歯磨きは口腔内を清潔にしますが、歯磨き粉が口腔内に残っている場合もあるので採取の1時間前には歯磨きを済ましておきましょう。

主な採取方法は2種類。ほおの内側を専用の綿棒でこすって口腔粘膜を採取する方法と、もう一つは安定液の入った専用の容器にだ液を0.5 ml入れる方法です。

どちらも痛みや出血などはありません。
今回はほおの内側をの綿棒でこする検査の方で試しました。
肥満遺伝子検査試料用の棒

説明書を読むとほおにあてた後にしばらく乾燥させる必要があるので、しばらく放置してみます。ほかの場所につかないように慎重に乾かしましょう。
これにて採取は終わりです。
肥満遺伝子検査試料と封筒

⑤必要書類と検査キットの送付
採取が終わったら、キットに同梱されている返送用封筒に入れて、検査申込同意書と腔内細胞が入った容器を入れてに返送します。
方法はこれだけなのでとても簡単です。誰でも間違えることなくすぐにできるでしょう。

⑥解析
今回は肥満遺伝子について解析を行います。公になっている論文等に加え、遺伝学、栄養学等の資格を持つ専門家が監修を行い、遺伝的要因と環境要因の関係を考察して得た健康や美容等のサポートに役立つアドバイスをできるようにしてくれます。約2~3週間後に検査結果がでます。

⑦報告
検査結果は、パソコンやスマートフォンでご確認いただけます。さらにアプリでも見ることができます。実際にはそこまで時間がかかりませんでしたが、結果が出たらメールでも届きます。

結果がわかればサイトにアクセスしてWEB利用登録を行います。
WEB閲覧利用申込登録
送られてきたIDとパスワードを入力します。

肥満遺伝子検査結果
すると結果が表示されます。今回は洋ナシ型と診断されました。遺伝子のタイプによって型が決まることが詳しく書かれています。これだけ詳細に分析してくれるとは驚きです。
肥満遺伝子検査結果詳細
さらに食生活などの改善方法まで書かれているのでダイエットにはもってこいですし、より効果的なダイエットが可能になることは間違いありません。

今回は肥満遺伝検査からダイエットという医学的な要素で見てきました。これもひとつの方法として使えると思うので実践してみてはいかがでしょうか。
結果が必ずというわけではありませんが、少し意識するだけでも違うかもしれません。


ジェネシスヘルスケアとはどんな会社
ジェネシスヘルスケア株式会社は、2004年に設立され、日本における遺伝子研究及び解析に特化した検査会社(民間及び医療向け)の最大手として知られています。

長年の解析と共同研究の実績により国内(アジア含む)最大規模の遺伝子データベースを保有しており、医療や研究機関等への広範囲に向けた独自の研究を行っています。また、検査キット「GeneLife®」(ジーンライフ)を通じて日々進歩する遺伝子研究により、生活が豊かになることを目指し、サービスの提供を行っています。 



この記事を見た人は、こんな記事も見ています!