手 軽 さ 10/100
コ ス ト 30/100
アレンジ30/100
身体負担30/100
知  識50/100
ペ ー ス 30/100
ボルダリングダイエットみなさんはボルダリングをご存知でしょうか?

ボルダリングは芸能人の間でも流行っているスポーツで趣味でやっている人やダイエットのためにやっている人など人それぞれです。

岩山や崖を素手で登っていく競技を、クライミングといいますが、この競技を室内でできるようにしたのがボルダリングです。

テレビや雑誌などで目にした方もいらっしゃると思いますが、色の付いた様々な形のホールドと呼ばれる突起物がついた壁面を、ロープやハーネスを付けて登るという競技です。



クライミングは面白いから継続的に楽しくボルダリングダイエットができる
ボルダリングは、近年急速に愛好者が増えて来たスポーツです。それに伴って、ボルダリングジムも増えてきています。

様々な形や色の「ホールド」と呼ばれる持ち手が壁に付けられています。それらをつたって登り、また降りてくるだけのスポーツですが、これがとても奥が深いのです。

実際にプレイしてみるとわかるのですが、いろいろな部位の筋肉を鍛える事が可能です。

しかし、初めててボルダリングをする人は、ほとんどの人がまず1時間も持ちません。単純な腕の筋肉や胸筋はもちろん、ふくらはぎ、脛の筋肉、内腿の筋肉、背筋、突き詰めていくと鍛えられない筋肉はないのではないかと思います。

体中のあらゆる筋肉が鍛えられるので、当然基礎代謝があがっていくわけです。そうするとますます太りにくい体質になっていきます。これがボルダリングダイエットです。

しかし腕に力が入らなくてガクガクしてしまって、車のハンドルも握れないなんて事もあります。こんな事、続けられるのだろうかと心配になるかもしれませんが、やり方がわかってくると楽しく続ける事ができます。なんと言ってもボルダリングは面白いから続けていくことができるのです。

なぜ面白いか、それはコースがレベル別に分かれていて上達や達成感を毎回味わえるからなんだと思います。

そんなものはすぐに飽きてしまうだろうと思われる方もいるかもしれませんが、コースは定期的に変えてくれるジムがほとんどです。もちろんコースが変わらないジムもありますが、そういうジムはやめておくほうがいいと思います。

きちんとした知識を持っているスタッフが豊富にいて定期的にコースを変化させてくれるジムであれば、いつまでも楽しめるスポーツです。楽しんでいるうちに自然と痩せていき、筋肉がしまってきます。更に負荷が自重だけなので、筋肉デブになることもなく、美しく痩せていくことができます。

ボルダリングの特徴はなかなか運動しにくい背筋も鍛えられますし、まさに全身運動なのですが、最初はどうしても腕を使いすぎてしまいがちですが、慣れると違ってきます。上級者の動きを見ているとわかると思いますが、まるで床を這うようにスイスイと登っています。

つまり、力の使い方が違うのです。様々なホールドをつたって登る時、まさに全身の筋肉をバランスよく使わないと登れません。上級者用の、傾斜の凄い壁は、強い腕の力が必要になりますが、フラットな壁ならば女性や子供でもチャレンジしやすくなっています。

そして、やみくもに登りまくるのではなく、ゆっくり壁を観察してコースを考えます。ボルダリングには難易度毎に登るコースがちがったり、ホールドが難しい形をしています。

ひとつひとつの課題を少しずつクリアしていくうちに、自然と体も引き締まってきます。なによりも、やり終えた後に体のいたるところに筋肉痛を感じるはずです。これは、それだけ様々な筋肉を使っている証拠です。

ボルダリングは、専用のジムでしか行えないので、時間も予算もかかりますが、確実に全身を引き締める効果があります。登る事に集中していると、ダイエットの事も忘れてしまうほど頭も使います。

安全に利用する為にも、各所で設けられているルールを守り、スリムなボディを手に入れましょう。そして引き締まった体を手に入れることでますますやる気がでてきます。

この好循環がすぐに得られます。週に1回以上、これを半年も続けると体つきが変わってくるのが実感できます。実感できてからは続けるのは簡単だと思います。

ダイエットにおいて最も大切なものは何でしょうか。それは続ける事です。どんなに効果があるダイエットでも1か月で飽きてやめてしまうのであれば、意味がありません。



ボルダリングはダイエットに効果がある2つの理由

腕力や握力を使うイメージの強いボルダリングですが、実は全身の筋肉を使います。腕や手の力を使うのはほんのとっかかりで、実際には、手を伸ばしてホールドを掴むときに、大きく肩甲骨を動かし、背中の筋肉である僧帽筋・広背筋を使います。

そして、足を今より高い位置のホールドにかけると、体を上に持ち上げるために、お尻の筋肉である大殿筋、太ももの前の筋肉である大腿四頭筋、太ももの後ろの筋肉であるハムストリングスを使います。

そして不安定な足場でバランスをとるために、いわゆる体幹と呼ばれる腹斜筋・腹直筋・腸腰筋といった腹筋も大いに使います。

これらは体の中でも大きい筋肉なのですが、普段の生活ではあまり使うことがないため、ボルダリングによって筋肉を動かし、カロリー消費や代謝アップ、さらには鍛えるといったことが期待できるのです。

 ボルダーと呼ばれる競技者の方は、いわゆる細マッチョと呼ばれる体型なのですが、ボルダリングのインストラクターの方に話を聞くと「筋トレもダイエットもしていない。ボルダリングだけ」とおっしゃっていました。全身の運動になるし、筋力よりも感覚やコツのようなものの方が重要なので、筋トレなどは必要ない、ということのようです。

実際、ボルダリングに行くと、いかにも体力に自信のありそうな男性よりも、普段運動などしないような女性の方が、難しい壁をひょいひょいと登っていたりします。

自分の体を上へ上へと持ち上げていく、という競技上、体重が重いと持ち上げる重量もそれだけ重くなるので、筋肉隆々の重量のある男性より筋力のないスリムな女性の方が、むしろ競技に有利だったりするのです。このあたりも女性に人気のある理由です。

ダイエットに効果のあるボルダリング、挑戦してみてはいかがでしょうか?

ボルダリングはダイエットに効果的とよく言われていますが、それはなぜでしょうか。2つめの理由として体幹が鍛えられるからです。

ボルダリングは両手両足の4点でツボをつかみ、ゴールまで進んでいくスポーツです。慣れてくると傾斜がかかっているステージでボルダリングを楽しむことができます。

ボルダリングは体の4点の支点でバランスをとりながらゴールに向かっていくスポーツなので、体幹がとても重要になってきます。

体幹がしっかりと鍛えられていて、バランス感覚が良い人はボルダリングが上手です。体幹はダイエットをする上でとても重要になってくる深層筋と呼ばれるものです。

その体幹を使ったボルダリングというスポーツはダイエットに最適だと言えます。実際に、ボルダリングのプロはいい体をしています。ボルダリングは楽しいスポーツなので、楽しく取り組みながら痩せることができる魅力があります。

ボルダリングダイエットをしている人が増えてきているという話を聞いたことがあります。やはり、楽しみながら効果を実感することができるダイエットとして人気であることがわかります。

また、痩せることができるだけではなく、握力向上にも期待ができるスポーツです。握力はすべてのスポーツにおいて重要な筋肉です。テニスやバスケットボールは握力の強さが大きく関わっています。

バランス感覚と握力をボルダリングで鍛え上げることによって、すべてのスポーツの運動能力が見込めます。女性でも始めやすいという点が人気である理由だと思います。ボルダリングスタジオは探すと色々なところにあると思うので挑戦してみてください。

また、お金をかけてダイエットをしたくないがボルダリングダイエットをしたいという人は、公園でもできるところがあります。ボルダリングダイエットでいい体を手に入れましょう。





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!