手 軽 さ 50/100
コ ス ト 60/100
アレンジ10/100
身体負担70/100
知  識60/100
ペ ー ス 50/100
水でダイエットができる
水でダイエットをするという方法があります。ただ飲めば痩せれるのか…
答えはYESです、たくさん飲むことを意識することがまず大切です。

それでは、大量に飲み続けてもいい水とはどういう種類の水なのでしょう。

水ダイエットではお水をたくさん飲むことになりますので、塩素を多く含んでいる水道の水は体にいいとは言えないため水ダイエットには向きません。

水ダイエットでカロリーを入れてしまってはダイエットになりませんので、ダイエット中に飲むものは水かお茶にすべきです。→お茶のダイエット効果

もしミネラルウォーターを購入する場合は、金銭的な負担がかかります。また、一口にミネラルウォーターといっても、軟水と硬水があります。

硬水とは、1000ccの水の中に120g以上のミネラルイオンを含む水のことを指しています。それよりミネラルイオンが少ない水を軟水と呼び、水分中のミネラルの量で区別しています。

ダイエットのために食事を少なくしている人や、運動を増やし汗をたくさんかいている人は何らかの形でミネラルを取り入れる必要がありますので、硬水を利用してミネラル成分の補充をすることがおすすめです。硬水のメリットは、軟水よりもダイエット中の空腹感を感じずに飲むことができるという点でしょう。

また、浄水器をつけた水道水を使う方法もあります。長い目でみれば、毎回ミネラルウォーターを購入するよりも安上がりです。

ただし、浄水器は機種によって性能も様々で価格も千差万別なので、多く飲むことを前提にしっかりとした事前リサーチが必要です。


水分の摂りすぎは危険?喫茶店やカフェなどで「水太りになる」というフレーズをどうしてもダイエットをしてる人の会話から耳にすることがありますが、確かに砂糖が入ったジュースやコーヒーは飲みすぎると太る原因となりますが、実際に水道水などの水でも太るのでしょうか?

気になるところですが、正解は「どちらともいえない」です。
それは場面によって違うからです。まず水には当然カロリーがないから普通の状態で飲んでもそのまま排出されるだけなので、太ることはありません。

むしろ代謝がよくなることで痩せていくでしょう!気を付けるべきは水分の摂りすぎではなく、逆に体内の水分が少ない時です!→基礎代謝が増えると痩せる仕組み

その流れとしてはこれ↓です。

①摂取する水分が少ない

②体内に水分が足りなくなる

③水分を蓄えようとする

④体の外に水分が出ていかない

⑤水太りする



カロリーがないという話をしましたが、少量のナトリウムが水には入っている場合があり、それも体に吸収されていわば水太りという状態になります。さらに水分不足の状態になると、代謝が少し下がります。

つまり水分の摂りすぎを警戒するのではなく、足りていない状態に気を付けなければいけません。1日2Lの水分を摂るように言われていますが、こまめな水分補給が痩せるカギとなります。


私たちが住んでいる惑星の表面は70%が水です。そして私たちのからだの約7割は水分でできています。それは体中を巡って酸素や栄養を運ぶ血液の中に溜まった老廃物を体の外に排出するために、たくさんの水分が必要になるからです。
血液中の老廃物など体の中に不要なものを腎臓が尿として出しています。

栄養素を運搬し、老廃物を出して体の中を綺麗にするための水は食べ物から摂取すれば良いのです。私たちは所有物が汚れたら水で洗います。服や車、お風呂で入浴して体を洗うのと同じことです。

つまり体内に水分が足りないと、老廃物が体外に排出されずに残ってしまいます。これはからだにとっても良くないことで、肥満の原因の1つにもなってしまうのです。あまり水を飲めない人もいるかもしれませんが、水をたくさん飲むのはからだにとっても、痩せるためにも良いことなのです。

ダイエットにつなげようと思うと、飲み方にもちょっとした意識が必要になります。食事前にお水をあらかじめ飲んでおくのは良いことで、お腹が膨れやすくなって食べ過ぎを防げる効果もあります。食事前にコップ2杯くらい飲んでおくと効果的で、ダイエットはこうした少しの意識改革が大切なのです。

しかし、水を飲みながら食事をするのは良くありません。一見同じように思われますが、食べ物をお水で流しこんでしまうから、しっかり噛めずに早食いになりがちなうえに、水のせいで唾液が薄まってしまうから消化機能も低下して胃に負担がかかって良くありません。つまり食前と食中で水を飲むタイミングを間違えると効果はぜんぜん違う結果になってしまいます。

ちなみにダイエット中の人以外でも、冷え症の人や冬場にお水をたくさん飲むのはちょっと辛いかなという人は、白湯がおすすめです。白湯というのは、普通のお湯のことで、お湯を飲むことでからだが温まって内臓機能が活発になったり、血の巡りが改善されるなどの効果があります。体が温まると基礎代謝も上がり脂肪の燃焼効率が良くなって太りにくいからだになります!→白湯のダイエット効果

水を飲みすぎるとむくみを心配してダイエットにならないからと、水分摂取を控えちゃう人もいますが、むしろ水分補給を普段からしていないと、体がたまに入ってくる水を貯め込もうとしてむくんでしまうので逆効果になります。


老廃物とは?
人間が生きていくうえで必ず出てきてしまう、身体にとって不要な物質のことで、使われなかった栄養やエネルギーの燃えカスなどを指します。老廃物が身体に溜まると、全身の細胞の活動が低下します。肌のターンオーバーが悪くなってシミやシワ、乾燥といった悪影響が出るほか、便秘になったり、疲れやすくなったりもします。さらには、全身のエネルギー消費も少なくなり、基礎代謝が低下すると、その結果、太ってしまうのです。

どうして老廃物がたまるのでしょうか
通常、老廃物は尿や便として身体の外に排出されます。しかし、尿の回数が減少すると、老廃物を身体の外に出し切れなくなってしまうのです。尿の理想的な回数は
女性1日7回以上、量は1リットルから2.5リットル目安
男性1日8回以上、量は1.5リットルから3リットル
とされています。

つまり、血管、リンパ、腎臓、肝臓、いずれかの機能が低下しても、身体に老廃物が滞ってしまうのです。

老廃物を排出するためには水分を意識して飲むことが効果的です。
そうすると、血液の流れやリンパの流れがよくなって、老廃物をスムーズに運んでくれます。→リンパとダイエットの関係について


お水は1日に2リットル飲むと良いとされていますが、たくさん飲むことによって、体の中にある老廃物を汗や尿として体の外に排出することになります。 これが水ダイエットの魅力であり、基礎代謝を上げることにもつながります。

食事制限などをしているとどうしても便秘になりがちですが、 便秘は便が腸に溜まっている間にどんどん水分が抜けていき、さらに便が固くなってますます便が出にくくなるという悪循環を繰り返してしまいます。

便秘に効果的なのが、たっぷり水を飲むことなので老廃物を外に出して体の中を掃除することは、代謝を高めて、燃焼効率がよくなるという事なのです。

水ダイエットの最大の武器はカロリーがゼロなうえに安価で満腹感が得られるところにあります!ただ満腹感には個人差もあるので効果には疑問も残りますが、本当は体の老廃物が水分を摂ることで流れ落ちるから痩せる方が大きいでしょう!

主な効果は6つあります!

①汗や尿として老廃物を排出してくれる

②多少の空腹感を紛らせて余計なカロリーを取らなくて済む

③腸を刺激して便秘解消

④摂取した栄養素を細胞に運ぶので、効率的な燃焼が可能

⑤エネルギー代謝量がアップし、痩せやすい体に

⑥体温が下がり、体は体温を元に戻そうとするのでカロリー消費につながる


などがあげられます。
ただし、あまりに冷やして飲んでしまうと内臓(消化器系統)を冷やしてしまうので、体温も冷えるし、代謝も落ちるし、体調を崩す可能性もありますので、注意が必要です。



この記事を見た人は、こんな記事も見ています!