ダイエットグッズは痩せることを目的として開発されたものばかりなので、上手に活用することはとても大切です。

とにかく通常より楽にしてくれることが前提であり、家の中でリラックスしている時や、テレビや雑誌を眺めている時にでも、効果的にダイエットができるのがダイエットグッズの最大の魅力です。ご存じだとは思いますが、ダイエットは食事内容の改善と運動が重要な要素です。

しかしダイエットは辛いことが多いので始めてもしばらくすると飽きたり、忙しさからやめてしまうことも多々あります。そんな時こそこれから紹介するダイエットグッズを使うとで飽きることなく、楽しみながら長期間にわたっての運動ができます。

ダイエットグッズ自体はブームに伴って種類はたくさんあります。その中でも長年売れているロングセラー商品もあれば、ダイエットにいいのか怪しい商品も存在しています。例えば着用すると効果があるというダイエット用下着や、エクササイズに用いるダイエットクッションなども販売されていますが、それのみの方法ではダイエットは困難です。

その中で自分に合っているものを探すだけでも無駄な時間と手間がかかってしまいます。そこで自分の試した中で、良いものをリストアップしてみました!
マンネリ化や停滞期にも気分を変えることができるので非常に効果的!
是非参考にしてみて下さい!

万歩計
・ますは万歩計の紹介です!万歩計 写真
歩くことは手軽で簡単にできるので、万歩計はダイエットグッズとして一番オススメです。



えっ!!万歩計って思われるかもしれませんが昔のカチカチ鳴るものとは違い、最新のものは小型化し、1週間以上もの歩数を記憶してくれたり、USBからパソコンにデータを送ることによって毎日の測定結果をグラフ表示することも可能です。

がんばって歩いた日やちょっとサボってしまった日、1時間ごとの歩数など、グラフにすると「歩く習慣」がひと目でわかります。歩くことが楽しくなりますね!
万歩計最高記録



←買ってからの最高記録です。



あまりに嬉しくて写真を撮ってしまいました。

普段は車で行く近所のコンビニとかでも歩くようになってアイテム効果抜群です!

今でも常に持ち歩いているかわいいやつです。

→万歩計の歩数を記録するツールはこちらから




エクササイズウィル
・次はエクササイズウィルです!
ダイエットというよりは筋トレの方が強いですが、効果はズバ抜けてすごいです。ダイエットグッズの中でも価格は手ごろで使いやすいのでおすすめ!


エクササイズウィル 写真

あまりなじみのない方もいらっしゃるかもしれませんが、腹筋をメインに鍛えてくれる優れもの。

ただ鍛える時にバランスをとるのが難しく、ある程度経験が必要かも!?

普通の腹筋と比べて倍以上の付加を短時間でかけることができ、腹筋以外にも、腕、背筋を同時に鍛えられますし、低価格な割に効果は大きいと思います。






アンクルウェイト

・アンクルウェイトを紹介します。
日常生活のいたるところで使えるダイエットグッズです。
色々な種類があり、主に腕と足に装着するタイプが多いです。

アンクルウェイト 写真


0.5kg~3kgの重りを腕や足につけることによって付加をかけます。
それ以外に特に余計な作業が不要なのでとても簡単に痩せることができるグッズのひとつです。

普段の日常生活でダイエットができるのでまさに一石二鳥とはこのこと!
はじめのうちは0.5kgから徐々に上げていくのがいいと思います。
今は2kgを使ってますが、どの重さでも外すと凄く軽く感じるので効果があると実感できます。

注意点はずっと付けると足や腕へ負担がかかり過ぎて痛める原因になるので、

時間や日にちを空けて使用する事をおすすめします。





ダイエット日記帳

・ダイエット日記帳
体重を計って記録し、経過を観察します。
アプリや実際の手帳など種類も豊富!ダイエットグッズの王道といっても良いでしょう。

 →詳しいダイエット日記の説明へ
ダイエット日記 画像



体重の変化を観察することにより、食べ過ぎを自覚したり、やる気を引き出します。
運動時間やウォーキングの歩数から、消費カロリーを計算できます。
今ではスマートフォンアプリやインターネットでも記録をつけられることができるので便利です。  →ダイエット関係フリーソフト集へ

日記帳の機能があるものもあり毎日の出来事を写真付きで日記に残すことができます。今流行りの計るだけダイエットですが、忘れなければ効果は高いです。
振り返って今日は食べ過ぎたとか、運動をしなかったなど自分を見つめなおせるので、大切なグッズとなるでしょう!

逆に体重が順調に減っていると、自分にはこれが良い方法だとわかることもあります。
まずはつけてみましょう!






靴、シューズの選定
最も大切なグッズを紹介します。
日常歩いている靴で長時間の運動をしたら、突然足が痛くなった…そんなことがありませんか?
靴はどれも同じという考え方は危険なうえ正しくありません。靴の選択ひとつで運動効果は大きく変わるのです。ここでは靴選びのポイントを確認します。特にランニング、ジョギング、ウォーキングをされている方は必見です。多少高くても、後々の怪我を考えれば安いものです。自分にフィットしたシューズを探すことをおすすめします。
靴のイラスト
❶購入時間帯
朝よりも夕方がベストで、運動による足の疲労感を考慮して疲れた足にフィットするような靴を選びます。運動実施時には足へ集中的に負荷がかかっていることが多く、下腿部や足先全体がむくみやすくなります。そういう状態を考慮して足が疲れている夕方に購入するのがおすすめです。

❷つま先
つま先は5~10mmくらいの余裕をもつ。完全に詰まってしまうと足指が曲がって変形することもあるので注意します。

❸フィット感
基準を靴幅に合わせます。圧迫感がないか、かかとが浮いていないか、土踏まずのフィット感をチェックします。前後が合わない場合は中敷きなどで対処します。

❹クッション性
弾力性に欠けると、長時間の歩きやランニングは困難になります。地面から約30度の隙間があると理想的です。

❺店の中で歩く
ここが一番大切なポイントです。面倒でも両足とも靴ひもを結び、実際の履き心地を試します。履き心地を試さなければ買う必要はありません。


→詳しいダイエットシューズの説明へ



→その他のダイエット・エクササイズグッズの検索はこちら