手 軽 さ 50/100
コ ス ト 30/100
アレンジ30/100
身体負担30/100
知  識10/100
ペ ー ス 30/100
スーパー派はダメ?

コンビニダイエット突然ですが「コンビニダイエット」という方法をご存知ですか?

言葉だけを聞くと、コンビニで売っている食品でダイエットなんてできる?

と少々疑ってしまいます。もちろんコンビニ食が多い人でも意外とダイエットできるよ、という意味でしょう。買い物はいつもスーパー派の人はできない、という意味ではないんです。

ダイエット中はカロリーを気にしてしまうのでコンビニで買い物ってできませんよね。

ダイエットを成功させようと思ったら低いカロリーで栄養バランスにも気をつけなければいけませんが、やはり便利なのでお昼がコンビニになるという人も多いのではないでしょうか。

コンビニだからといってダイエットができないわけではなく上手にコンビニを使いこなせることができれば、ダイエットは十分に可能です。

一人暮らしでそれなりに自由になるお金が必要でもあるので万人向きではないかもしれませんが、コンビニ食は方法さえ間違えなければとてつもない味方になります。

コンビニは意外にダイエット向きというのもカロリー表示があるものが揃っているからです。
栄養素はいまいちですが選んで食べたらばっちりですよ。

春雨スープやサラダ、もずくや冷や奴セットもあります。惣菜や果物もたくさん売られているので、飽きずに食材を選んで食べることができます。


すぐに実践できるコンビニダイエット
最近のコンビニのメニューの中には、ダイエット向けの低カロリーで栄養バランスを考えた食事もたくさん販売されていますからそれらを上手に購入すればダイエット中のコンビニの利用も怖くありません。小分けになったおかずを買えばきっと少量でも満足できます。

やはり数ある食材の中から良いものを選ぶこのようなポイントを押さえてダイエットに成功した人が多いそうです。

コンビニでお弁当を買う方もおられると思いますが、ハンバーグ弁当や焼き肉弁当などをチョイスしていませんか?炭水化物とタンパク質は摂れますが野菜が全く摂れません。

コンビニで買う商品でおすすめ食材はたくさんありますが、
まずイチオシは、おでん。これは昆布や大根、しらたきやこんにゃくじゃがいもなど低カロリーな食材を多く含んでおり、気をつけて選べば低カロリーで糖質が少なくてしっかり食べても大丈夫なのです。さらに温かくて色々な具材がありますから、意外と飽きませんよね。

次におすすめなのは、最近出てきているサラダチキンです。鶏むね肉を使っているので低カロリーです。どこのコンビニでも置いてあります。

やはりカロリーを気にし過ぎて低カロリーだけのものだとリバウンドが怖いですので、タンパク質もしっかり摂るようにしましょう。

3番目は主食であるおにぎりです。おにぎりは、100数十円で買えるので、経済的だし、主食として、二つくらい食べてみると、食事量を、自然に減らせることが出来るため、お勧めです。

また、おにぎりは、炭水化物から出来ているため、いわゆる、主食としての役割を果たしているので、便通を促進してくれるなどの、メリットもあります。コンビニおにぎりダイエットをお勧めしたいです。


その他はホッカホカで食べられる目新しいお惣菜やサラダ、ヘルシーを心掛けたブランパンなど続々と新商品は出ており、工夫を凝らしているので上手に取り入れると外食やお弁当ばかりよりは糖質OFFでダイエットできそうです。

食材以外でも注目したいのがコンビニの食品には大抵カロリー表示がされています。
自宅で食材から調理すると自分でカロリーを調べないといけないので、ものぐさな人にはとても助かります。

お昼に食べるお弁当などは高カロリーですが、最近のコンビニは低カロリーのものも販売されていますし、お昼にちょっと食べすぎたとしても、夜に調整すれば一日1500カロリー位に抑えられます。

自宅で食べる時にもコンビニの食品を用意する方法もありです。自分で作るとついつい作りすぎてしまうケースも多々あると思います。残すのはもったいないと、食べ過ぎてしまう結果になりかねません。しかしコンビニだと食べ過ぎた時などに調整できます。

カロリーオーバーしそうな時にはおかず類だけで食べる時もありますし、サラダも色々な大きさで売っているのでその都度買えば、冷蔵庫で余らせてしまうこともありません。考え方によっては効果的なダイエット方法ではないでしょうか。

別の考え方として、近所のコンビニまで、歩いて買い物に行くことによって、運動不足解消や、体重減量を、目的とする方法もあります。

意外と思われる方もいるかと思いますが、街の中心部いると、街中のあちこちに、コンビニがあって、徒歩で、買い物に行くのが、当たり前になっているので、効果は半減してしまいますが、住宅地など一歩街を出ると、コンビニ一軒でも車で移動するというのが普通です。そこを歩いていくというだけでも十分効果が発揮できるでしょう。


ポイントコンビニアレンジセットメニュー組み合わせパターン
1位 冷奴+かぼちゃの煮物+鮭おにぎり1個 421kcal
豆腐は食べ応えがあるうえ、高たんぱく質、低カロリーのおすすめ食品。

2位 肉じゃが+ほうれん草ごまあえ+梅おにぎり 567kcal
肉じゃががポイント

3位 ミックスサンド+海草サラダ 383kcal
軽く食べたい時に。たんぱく質が少な目

4位 焼き鳥2本+きんぴらごぼう+納豆巻きずし1個 428kcal
野菜が少なめなのでほかの食事で工夫を

5位 ざるそば+だし巻き卵+野菜の煮物 624kcal
卵と煮物がカギとなる組み合わせ


コンビニダイエットの注意点
コンビニに行くと新しい商品が出て誘惑がありますが、そこはきちんとカロリー表示を見て下さい。注意すべき食べ物は、菓子パン、惣菜パンやスイーツ、カップ麺などです。
これらの商品は、食べても腹持ちもよくなく、満足感があまりないのでついつい食べ過ぎてしまいますし、もともと1個でカロリーが高いものですので避けましょう。

次に注意したいのがインスタント類で、カロリーが低くても添加物が多いので毎日食べるのはよくないと思われます。

コンビニの盲点は値段も安くはないので、いろんなものを買ってしまい出費がかさんでしまうことです。
お金も脂肪も節制しましょう!

コンビニは説明したように食材を選ぶことがとても大切なので、ダイエットの知識が必要となり、ダイエット上級者向けかもしれません!普通に食べていたらダメです。カロリー・タンパク質・脂質のオンパレードです。
化学添加物を大量に使っている可能性もあり、ダイエット以前に健康面にも不安があります。

また一つのコンビニだけだと飽きてきてしまうので、違うコンビニも覗いてみるといいかもしれません。上手にコンビニを使ってダイエットに成功しましょう。