手 軽 さ 50/100
コ ス ト 50/100
アレンジ10/100
身体負担50/100
知  識50/100
ペ ー ス 50/100

コーヒーダイエットコーヒーは嫌いな人も少ないと思いますし、とても身近なものなのでダイエットに入り込みやすい方法でしょう!

最近は普通のコーヒーではなくダイエットコーヒーというダイエットに特化したものもありますが、普通のインスタントコーヒーでも全然構いません!ただし、コーヒーは当然ながらブラック(無糖)がより効果的です!


闇雲にコーヒーを飲みさえすれば思うままに体重が減っていくようなうまい話はないのですが…普段からジュースなどの糖分を多く含んだ飲み物を好んで飲んでいた人が、その飲み物をコーヒー(無糖)に変えたのであれば、それなりのダイエット効果や脂肪の燃焼効果が出ると考えられます。

コーヒーで痩せる理由
コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪を分解して血液中に放出する働きがあります。

カフェインを摂取すると、交感神経が活発になって基礎代謝が向上した状態になります。永久的に効果が続けば良いのですが、カフェインの効果は約3時間で消滅します。

カフェインで痩せやすい体になり、さらに効果を高めるためには適度に身体を動かす事が必要というわけです。

コーヒーを飲むと集中力が高まり、疲労回復やリラックス効果もありますから、適度に飲んで、ちょっと意識的に身体を動かせば、脂肪を燃焼しやすくしてくれるダイエットのサポート飲料として取り入れてみるといいと思います。

カフェインには、他にも消化促進作用や利尿作用、血行促進作用などの生理作用があります。いずれも体内の代謝にかかわる作用ですね。

つまり、カフェインの力によって脂肪を燃焼しやすくしているわけですので、日常のちょっとした運動でも、今までとは違う差が出てくると考えられます。

なにも新しくスポーツを始めることはないのですが、やはり自分でカラダを動かして脂肪を燃焼するきっかけを与えてあげなくてはなりません。



チェックアイコンKEYWORD カフェイン
小腸から吸収されたカフェインは、血管を通り、視床下部に到達。交感神経を強く刺激し、脳内ホルモン・ノルアドレナリンを大量に分泌させます。すると、褐色脂肪細胞が活性化し、脂肪燃焼が活発になります。

チェックアイコンKEYWORD クロロゲン酸
コーヒーに含まれているクロロゲン酸は、小腸から吸収され、直接、渇色脂肪細胞に入ります。クロロゲン酸は細胞内にある、脂肪を燃やす物質の量を増やし、褐色脂肪細胞の燃焼力をアップさせる働きがあるのです。


実践!コーヒーダイエット方法
コーヒーダイエットの方法は「飲むだけ」ですから、効果の割りには驚くくらい手軽で簡単なのです!

コーヒーの効果的な飲み方には次の6項目を意識しましょう!

・コーヒーは1日に4杯から5杯飲む
・基本的に、食前、入浴前、運動前に飲む
・コーヒー豆の場合は浅煎りのものを使用する
・砂糖やミルクなどは使用せずブラックを飲む
・コーヒーはアイスではなくホットで飲む
・コーヒーは1日のうち数回に分けて飲む


コーヒーには食欲を抑える影響もあるようなので 、コーヒーを飲むことで、食事制限もできる可能性もあります。
ダイエットに影響が出るようなコーヒーの飲み方を意識しましょう!

クローバーアイコンコーヒを飲む意外なタイミングとは
コーヒーを飲んでから入浴すると、 活性化した褐色脂肪細胞の働きがさらにアップ。 脂肪燃焼効果が高まります。
これは運動前でも同じこと。 運動前に水とコーヒーを飲んでそれぞれの脂肪の燃焼量を比較すると、コーヒーを飲んだ時の方が2倍近い脂肪を燃焼していました!どうせ飲むなら効果の高いタイミングで!




コーヒーダイエットの注意点
砂糖やミルクを混ぜたコーヒーは、飲みやすくなるかもれませんが、油脂成分が多くなってダイエット向きではなくなります。
特に砂糖は高カロリーである上に、脂肪を燃焼させるカフェインを分解してしまいますからダイエットには逆効果になりますので注意してください。

カフェインの働きは、飲んだ後3時間で消えてしまうと説明しましたが、飲んだ分だけ効果がある訳ではないので、摂り過ぎに注意が必要です。

たくさん飲むと、身体がカフェインの刺激に慣れてしまい、逆に効果が薄れます。そのうえ、胃にも大きな負担がかかるので、くれぐれも注意してください。

そして間隔をあけること。2週間コーヒーを飲み続けると、カフェインの効果がほとんど消失してしまいます。これはカフェインの刺激に身体が慣れてしまい、耐性ができてしまうため。効果を復活させるには、まず1~2週間カフェインの摂取を断つこと。その後、再びコーヒーを飲めば、効果があらわれやすくなります。