手 軽 さ 70/100
コ ス ト 50/100
アレンジ30/100
身体負担50/100
知  識50/100
ペ ー ス 50/100
バナナで痩せる数ある食材の中でも今回取り上げたのがバナナです。特に手軽と安価だということがバナナダイエットの大きな利点です。1日の一食を変えたり、空腹時に食べるだけでも効果が発揮されます。

調理したりする必要もなく時間が省けますし、1年中手に入るでしょう。冷蔵庫を開ける必要もなく、ついプラスで何かを取り出してしまうきっかけを防げます。とてもシンプルなのですが、簡単だからこそ続けることができるという利点もあります。

そしてバナナは果物の中でも栄養価が高く、実に色々な成分が入っています。長距離ランニングやマラソンランナーが走る前に食べることでも知られているようにスタミナを持続させる働きもあり、それ以外にもビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれています。

特に注目なのがファイトケミカルという成分が体質改善を促進させ、疲労回復を促します。バナナ+運動を取り入れることで、より高いダイエット効果が期待できるハズです。



バナナダイエットのメリット!
①ビタミンやミネラルが豊富で食物繊維が摂取できる。
これらの成分は人間が行動していくうえでかかすことのできない栄養素です。特に食物繊維は便秘に効果的です。健康がダイエットへの一歩といえるでしょう。

②ファイトケミカルが摂取できる。
抗酸化力で健康を維持できます。

③消化酵素を摂取できる。
バナナの酵素で代謝機能を活性化できます。ガンや生活習慣病の原因とされる体内の活性酸素の酸化を防ぐ働きがバナナにはあります。

④調理が必要でないので、片付けなどの時間が短縮できる。
合わせて場所を選ばないのも大きな利点となります。

⑤糖質の力でより持続力がアップ
ブドウ糖、果糖など糖質が多様。良くないと思いがちですが、これらの糖質は自然由来のもので、体内に吸収される速度がそれぞれ異なり、徐々にエネルギーに変わるのでスタミナが長時間持続します。つまり脂肪燃焼時間も持続します。

デメリットとしては…
買いに行く手間ぐらいしかありません。

ダイエットに効果的と言われる理由は、バナナは血糖値の上昇がほかの食品に比べて穏やかで自然に近い点にあります。血糖値が急に上がらないので長く血糖が存在するので、がまだお腹がすいていないと認識する為、満腹感を長く維持できるので太りにくいということです。

バナナの食べ方

特に決まりはなく、よく噛んで味わいながら食べることです。しいて言うならバナナ以外のものとセットで食べる場合はバナナを一番最初に食べることです。これは食べる順番が関係しています。

その他に禁止事項もないですし、バナナに飽きたら他の果物でも良いと思います。
気楽にダイエットできることもこのバナナダイエットの大きな利点なので、有効に利用してみましょう。

果物といえば冷たいもの、冷やした方が美味しいというイメージがありますが、バナナはホットでも食べれます。特に寒い季節の朝食にはありがたいホットバナナです。作り方は簡単で、レンジで30秒から40秒くらい温めるか、フライパンで熱してもOKです。温めても栄養価は変わらず甘さもアップするのでありがたいです。


バナナを活用したその他のダイエット方法

その他にもダイエットにバナナを使う方法があるので紹介します。

・バナナ酢ダイエット
バナナの成分は、2/3の食物繊維と1/3のブドウ糖で構成されており、プラスお酢にはクエン酸が含まれています。 このクエン酸は、体のエネルギーを作り出す重要な働きをするのですが、バナナとお酢を合わせる ことによって、エネルギーの代謝がさらに促進されることになり、とても相性の良い組み合わせになります。バナナ酢ダイエットの効果は、疲労回復・むくみ解消・便秘解消などの 女性には嬉しい効果もあります。

・豆乳バナナダイエット
ビタミンや植物繊維が豊富で低カロリーなうえ高い栄養価を持つバナナと、新陳代謝を高めて 脂肪を燃焼させやすくする大豆の組み合わせです。 大豆自体も納豆豆腐のようにとても身体によいことで有名ですが、より体内に吸収しやすくさせた豆乳と、バナナをミックスした、豆乳バナナジュースを飲むことで ダイエットの効果がさらにアップするということです。 脂肪を燃やしてくれるだけでなく、むくみや水太りも解消してくれるすぐれものです。

・青バナナダイエット
青バナナに含まれる解毒デンプンが、溜まった毒を出しやすくしてくれます。 しかし、日本に輸入されてくるバナナには100gあたり2g~7.6gしか含まれておらず、 さらに解毒デンプンはその中の数割という希少価値が高い方法です。なかなか簡単ではないですが、見かけたら実践してみましょう。