手 軽 さ 70/100
コ ス ト 50/100
アレンジ30/100
身体負担50/100
知  識70/100
ペ ー ス 70/100

豆乳ダイエット豆乳ダイエットはとても簡単な方法で楽に痩せることができるのでおすすめです。ズバリ豆乳を飲むだけという手軽さが魅力的。

なぜ飲むだけなのかというと、代謝を高めて肥満を防止する大豆タンパクと、その効果をさらに高めるイソフラボンの存在が大きいのです。大豆は低カロリーで良質の栄養素を豊富に含む、ダイエットの強い味方です。


大豆タンパクは体内脂肪の代謝に働きかける健康的な食品としてすっかり認知されていますが、ダイエットにおいても、その効果は絶大です。大豆の植物性タンパク質に含まれるペプチドには、血清コレステロールを低下させたり、脂肪を燃焼しやすくさせる働きがあります。

さらに、大豆の脂質に含まれるレシチンには、善玉コレステロールを増加させる効果があります。

そして、女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ており、体内で同じ作用をする大豆イソフラボンはダイエット時のホルモンバランスと調和し、大豆タンパクとともにコレステロール低下や肥満防止効果を高めると考えられています。

大豆はダイエットにとても適していますが、そのままでは消化が悪く、せっかくの栄養も効率よくとることができません。大豆のタンパク質を消化しやすいように加工した大豆製品のなかでも、特にタンパク質の吸収が高いのが豆乳です。

豆乳は大豆の持つタンパク質の特徴を保ち、イソフラボンも多く含んでいます。豆乳中に含まれる大豆オリゴ糖は、腸内の有用菌の増殖を助ける成分として注目されており、便秘を防ぐ働きもあります。

ダイエットに有効な要素をたくさん持つ、大豆と大豆製品。なかでも豆乳は、よりダイエットにすぐれたドリンクなのです。




豆乳をよりおいしく飲む豆知識
豆乳の種類
豆乳の種類は大きく分けて4つあります。
①豆と水のみでできた無調整豆乳
②糖分や塩分を加えて飲みやすくした調整豆乳
③ゴマや抹茶などを加え、ジュース感覚で飲める豆乳飲料
④特定保健用食品表示商品など

大豆成分の濃度がより高いものが望ましいので、無調整豆乳か調整豆乳を使うようにしましょう。余裕があれば、大豆から豆乳を手作りしてみるのもおすすめです。

●誰でも飲める豆乳
豆乳はあくまでも食品です。子供からお年寄りまで、どなたでも飲むことができます。ただし、大豆アレルギーの人、腎臓病や糖尿病などで食事指導を受けている人は、まず医師に相談してから始めるようにしましょう。


豆乳ダイエット飲み方とコツ
基本は1日1~2杯
コップ1杯を1日1~2杯、食事の前に飲んで、満腹感を与えて食事の量を減らすようにしてください。食事をする30分から1間前に飲んでおくといいでしょう。

ダイエット中でも3食を規則正しく食べることが上手にやせるコツです。ふだん朝食を食べていない人は、朝食がわりに豆乳を飲むといいでしょう。


一番のおすすめタイミングは、夕食の前に1杯飲んで、ごはんの量を減らすパターンです。夜は消費エネルギーが少なくなってしまうので、食事量を抑えると効果的です。

「間食がどうしてもやめられない」という人は、おやつがわりに豆乳を飲むのもいい方法です。

とにかくダイエットの大敵はストレスです。食べたい欲求をがまんし続けて暴飲暴食を起こしてしまっては、せっかくやせてもすぐにリバウンドをしては意味がありません。

豆乳は満腹感のある飲み物なので、おなかがすいてがまんできないというときに最適です。ストレスがたまると、食事の量を減らしていてもなかなかやせないということがよくあります。



豆乳の美味しいレシピ
豆乳汁の作り方
材料
豆乳…300ml
みそ…小さじ2


①豆乳をあたためる
なべに豆乳を入れて、火にかける。

②みそをとく
まず、みそを同量の豆乳でとき、それを沸いてきた①に加えてまぜ、火からおろす。

③でき上がり
器に移し、好みでネギなどをちらして完成。1日1回、お椀に1杯(200ml前後)飲むようにする。好みで野菜を加えれば、さらに栄養がアップ。
※火にかけたら、豆乳が沸騰しないよう注意! みそ味なので、塩は加えないほうがおいしい。




毎日のことなので味に変化をつけよう
豆乳に抹茶やココア、シナモンなどを振るといろいろな風味が楽しめます。また、変色防止にもなるレモンや酢を加えると、ヨーグルトドリンクのようになって食感にも変化が出ます。1番のおすすめは豆乳にバナナを加えて甘味を楽しむ飲み方です。

バナナはビタミン、ミネラルのバランスにすぐれ、消化・吸収がよく、腹もちがいいうえ、たっぷりの食物繊維で便秘も改善してくれるヘルシーフルーツです。さらに脂肪の燃焼を促して水太り、むくみも改善されバランスのとれたダイエットができます。

せっかくのダイエットや健康管理が台無しにならないよう、くれぐれも栄養成分やカロリーのチェックを忘れずに。





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!