手 軽 さ 10/100
コ ス ト 10/100
アレンジ30/100
身体負担50/100
知  識50/100
ペ ー ス 30/100

ゴルフボール&クラブ 写真ゴルフは運動として魅力が多いスポーツです。週末には趣味として行っている人も多いのではないでしょうか。

大自然の中を気持ちよく歩きまわれたり、仲間や友達と楽しく交流ができるうえに、ボールを打つこと自体が難しいので向上心が試されるスポーツなのです。

広い芝生を楽しみながらラウンドするのもよし、打ちっぱなしに気軽に出かけるのもよし… 予算とレベルにあわせて行えるダイエット運動です

ゴルフは、広い芝生で楽しむアウトドアスポーツの代表的な存在です。ゴルフは通常1ラウンドで18ホール回りますが、18ホールを直線で結ぶと5~6キロメートルほどの距離になります。

従って、1ラウンドすると8km以上は歩くことになりますので、1ラウンドすると300kcal以上はエネルギーを消費しますのでダイエット向きの運動となります。

ゴルフダイエットの特徴を3つにまとめました。
①歩行が主体の全身運動でダイエット効果の高い有酸素運動。
②年齢・体力・体調などにより、運動量・ペースを加減できる。
③安全性が高い。



クラブやゴルフシューズ、手袋、帽子、ボールはコースによりますが20個程度。グリーンホークやキャリーバックなど必要に応じて。 ゴルフに適する上下の洋服など結構準備するものはあります。
おすすめショップはこちら



ゴルフでダイエット効果
ゴルフといえばスウィングしてボールを飛ばすことがメインの運動ですが、実はそれだけでは消費カロリーは微々たるものです。それではゴルフでダイエットは出来ないと思われるでしょうが…

ゴルフ場はとにかく広いのが他のスポーツにはない特徴で、その広い芝生の上をボールを捜し、再び打つために歩き回らねばなりません。

打っては歩き、打っては歩きを繰り返すうちに、いつのまにか数キロ歩いてしまうことが多いようです。

ゴルフ本来の動きよりも長時間に渡り歩くことで、消費エネルギーが増えて、更には足の筋肉がひきしまり心肺機能も高められるといったダイエット効果のあるスポーツです。そして自然を楽しむこともでき、気分転換やストレス解消にも役立ちます。

もちろんゴルフのスウィングではお腹をひねるのでダイエットにはすごく効果的で、ウエストの引き締め効果が期待できます。メタボにも効果的といえます。

同時に腕の引き締め効果も狙えるうえに、下半身も鍛えられます。下半身は人間の土台であり、筋肉が集中している部分なので、その場の消費カロリーよりも長期的な燃焼効果が期待できるでしょう!

ポイントなぜ事故が起こる?
安全で楽しみの要素の多いスポーツのゴルフなのに、実際は、意外と突然死・心臓発作など、さまざまな事故が起こっています。
ゴルフ中の事故はティーショットやグリーン上のパッティングの最中に最も多く、1番ホール〈1番ホール狭心症)でよく起こります。
その理由として、医学的に極度の精神緊張で急激に心臓に負担がかかるためと推定されています。

安全のポイント
・ コース途中でアルコールを飲まない。
・ プレー中に何か異常を自覚したら、すぐに中止。
・ 前日唾眠を十分にとり、体調の悪いときにはやらない。
・ 朝食を抜かない。
・ 準備運動を適当に。
・ 悪天候(高温多湿の炎天下、寒冷時)に注意。
・ レジャーと割り切る。


注意点としてはスイングのとき、腰に負担がかかりやすいので、プレー前に念入りにストレッチをしたほうがよいということです。あとは肩のストレッチもお忘れなく。

そしてビールがおいしいんだと飲んでしまっては、せっかく消費したエネルギーが水の泡。ここはぐっと我慢してお茶やスポーツドリンクを飲みましょう。
準備やゴルフコースを回るのに費用がかかることも注意点で、趣味としてのダイエットという位置付けがベストではないでしょうか!


ゴルファーがなりがちな病気の痛風に注意
働き盛りの男性に多く激痛が急に現れるつらい病気の代表に、痛風があります。健康診断などで血液中の尿酸値が高いと指摘された人は特に危険です。人により個人差はありますが、いつ発病するかわかりません。

尿酸が高い状態で、体内が脱水になると、血液中の尿酸が結晶を作ります。まるで金平糖のように多数のトゲのような突起がある塊で、そのトゲトゲのものが関節の骨と骨の間にあれば、まさに病名の由来になった「風が吹いても痛い」という状況になるのです。最初は足の親指の関節に起こるケースが多く、とにかく激痛です。

なぜ、ゴルフの後が多いのでしょうか?
ゴルフのプレイにより汗をかくと、体内では脱水になり血液は濃縮されます。そして、血液中の尿酸も塊を作りやすくなります。それが、関節にできると痛風発作を起こします。

また、ゴルフの途中で食事のときにアルコールを飲む人もいます。これは、スポーツの中でも珍しいことでしょう。マラソンの途中でビールは飲まないし、水泳の途中に日本酒を飲む人もほとんどいません。

血液中の尿酸は、体内で「プリン体」と呼ばれる物質から作られます。プリン体は、ほかに魚卵、肉類、臓物などお酒にも合いそうなものに多く含まれます。汗をかくスポーツはいろいろあります。なかでもゴルフは4時間以上屋外にいるので、長時間に汗も多量にかくので要注意です。




この記事を見た人は、こんな記事も見ています!