手 軽 さ 50/100
コ ス ト 30/100
アレンジ30/100
身体負担70/100
知  識50/100
ペ ー ス 50/100
アルファリポ酸ダイエットαリポ酸は「チオクト酸」とも呼ばれ、細胞のミトコンドリア内で働く酵素の働きを助ける補酵素の一種です。

人間の体内でつくられ、身体の約60兆個の細胞の全てに存在しておりエネルギーを生み出すプロセスで重要な役割を担っています。

αリポ酸を摂取することでプラス効果はたくさんあります。糖尿病や美容効果、疲労回復など。もちろんダイエット効果も期待できます。


αリポ酸の色々なプラス効果
αリポ酸ダイエットについて、αリポ酸を摂取すれば、減少したαリポ酸を補う事で体脂肪の増加を抑え糖の代謝が促進され、体のエネルギー代謝も高まります。その結果、やせやすくリバウンドしにくい体質に変われるのです。

αリポ酸にはもうひとつ、非常に注目されている効果があります。老化や病気の原因となる「活性酸素」を除去する作用である抗酸化作用がきわめて強いということです。

αリポ酸の抗酸化力はずば抜けて高いことがわかっています。αリポ酸はほかの抗酸化物質にはない優れた能力を、ふたつも持っているからです。

体内には細胞膜など脂質が主成分となる部分と、細胞の内外や血液など水分が多い部分があります。実は、ほとんどの抗酸化物質がそのどちらかでしか働きません。

ところがαリポ酸はどちらの性質にも溶けて働くことができるので、体中いたるところで発生する活性酸素を退治することができるのです。

抗酸化物質は体内の活性酸素と結びついて自らが酸化することで、細胞のダメージを減らします。通常なら、一度酸化してしまったこの抗酸化物質はもとに戻ることができません。ところがαリポ酸は他の抗酸化物質を再生させる作用があるのです


αリポ酸の摂取方法と痩せる理由
摂取方法
αリポ酸は、体内でわずかにつくられていますが常に不足しがちで、特に30代から年齢とともに減少してしまいます。

減少したままにしていると結果的に新陳代謝が少なくなり、肥満の原因となってしまいます。ダイエットや病気の予防にαリポ酸を役立てたいのなら、1日100mgを目安にαリポ酸を補給する必要があります。

αリポ酸を食材で摂取する場合は、牛の内臓やジャガイモ、トマト、ニンジン、ほうれん草、ブロッコリーなどの食品にも含まれています。しかし、含有率はごくわずかなので、食物からαリポ酸を摂取するのはむずかしいのが現状です。

たとえばホウレンソウから100mgのαリポ酸をとろうとすると、1日に300kgも食べなければなりません。それはほぼ不可能なのでサプリメントを利用することも良いかもしれません。
必要以上の量を摂取した場合は尿として排出されるので特に問題はありません。


痩せる理由
αリポ酸をとると、なぜ痩せるのか気になるところだと思います。結論から言うとαリポ酸を摂取することで食べたものや余分な脂肪がどんどんエネルギーとして消費されるので、無理な運動や食事制限をしなくても太りにくく、脂肪が燃えやすい体質に変わります。

ただ食べるだけなので、全くデメリットもないので、始める価値はあります。 痩せていくからくりは、αリポ酸がもつ「体の中で使われるエネルギーの生産を助ける」という働きにあります。

私たちが活動をするためには、当然エネルギーが必要です。そのエネルギーのもととなるのが、細胞から生み出されるATP(アデノシン3リン酸)という物質です。

ATPは、主にごはんやパンなどの炭水化物や体脂肪が分解されることによってつくられます。つまりこの物質が増えれば増えるほど、食べたもののカロリーや脂肪が消費されやすいのです。

αリポ酸の基本的な働きは、体が細胞の中で糖分をエネルギーに変える働きを助けることです。不足したαリポ酸を補えば、エネルギーの変換効率が高まるので、ダイエット効果が期待できます。

ただ、効果に個人差がありますから、すぐにやせるというわけではありません。すばやくやせたいという人には、軽く汗をかく程度の運動をおすすめします。 ジョギンクや、ウォーキングでかまいません。αリポ酸をとるだけより、運動を加えたほうがより高いダイエット効果を得られるでしょう。





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!