ダイエット検定問題集ダイエットは食事、身体活動、その他の様々な生活習慣が関わるものです。そしてその手法は、まさに無数ともいえるほど世の中に紹介されていますが、その基本原理はシンプルであり、太る・やせるシステムはだれにとっても同じなのです。

意外なことに、世間にはこの万人が必要としているダイエットについてのスタンダードが効果的に明示されるシステムがまだ存在しないといえる状況です。健康を維持することを基本にした、食事・身体活動・その他あらゆる分野を網羅した、ダイエット知識のスタンダードを伝えていく皆様が気軽に参加できる検定スタイルなのです。


資格ブームということもあり、色々な資格が新たにできていますが、実際に役に立つ実用的な資格はそんなにたくさんはありません。

その中でもダイエット検定は誰でも知識として役に立つものがたくさんあるのでおすすめです。日本ダイエット健康協会が主催している検定試験ですが、ダイエット検定には2級と1級とインストラクターの種類あります。




ダイエット検定 資格概要
背景
ダイエットは、健康と美に関するすべての分野において、老若男女・職業を問わず、非常に高い関心が寄せられ、もはや普遍のニーズであるとさえいえるほどです。

それなのにこのジャンルに特化した組織・検定・資格がほとんどない情報が氾濫する中で、ダイエットについての基礎知識を持っているようで持っていない人たち自分の知識に確証を求めている人たちが多いです。このような現状にクザビを打ち込み、世の中に大きな正しい流れをつくりたいという発案に、医療・健康・美容・メディア等に携わる専門家が賛同し、検定ができました。

コンセプト・目的
どんな方でも参加しやすく、徐々にステップアップしていくスタイルにより、多くの日本の国民に正しい健康知識を広め、同時に脳から意識を高めていただくことで、ダイエット・モチベーションを喚起し、ひいては日本国民の健康の獲得・維持・向上に貢献します。

受検資格
正しく安全なダイエット知識、健康と美の知識を学びたい方なら、どなたでも受検できます。年齢・学歴・国籍・性別による制限は一切ありません (ただし資格段階によっては、 協会資格保持者の条件あり)。

合格率
1級の合格率は65%程、2級は80%程

2級生活アドバイザー
基礎知識を持ち自己の健康知識・友人・家族へのアドバイスができる。

効果
自らの健康とダイエット、また 家族の健康管理や知識の確認などを学びます。

1級プロアドバイザー
応用知識を持ち職業レベルでの活用・職業カウンセリングができる。

効果
フィットネスインストラクターやエステティシャン及び健康関連ビジネスでの応用や、指導など学びます。

インストラクター
専門家並の知識を持ち協会認定スクール開講・協会セミナー講師ができる。 インストラクターの資格取得には2日間に及ぶセミナーの受講とダイエット指導の実践、形態測定などの実技が必要。

効果
スポーツ 解剖学、生理学、栄養学、指導法、心理学等のすべての分野について、バランス良く知識を学び、実技も身につけていきます。


【資格区分】民間資格

【受験資格】1級プロフェッショナルアドバイザー二級ライセンス保持者2級生活アドバイザーなし



【試験内容】 ダイエット検定試験 一般教養、歴史、栄養学、生理学、解剖学、スポー ツ医学、アロマテラピー、東洋医学等の知識
2級
ダイエットに関するあらゆる分野の基礎知識
1級
ダイエットのプロとして顧客へのアドバイスやサービスを行う上でのバックボーンになりうる基礎・応用知識

【試験時間】60分

【合格基準】正解率80%以上

【受験費用】 2級6,300円 1級7,350円 テキスト料各 2,100円

【試験日程】 3月 6月 11月

【講習会場】 札幌、仙台、福島、茨城、東京、長野、愛知、岐阜、富山、大阪、福岡、熊本

【問い合先】 日本ダイエット健康協会

ダイエット検定ってどんな勉強をすればいいの?
PFCバランスについて
P(Protein)15% F(Fat)25% C(Carbohydrate)60%

食の欧米化…アメリカの肥満度が最も高く、日本は最も低い糖尿はアメリカに比べて日本は高い

内臓脂肪(悪の根源)
皮下脂肪と比べ分解されやすく、大量の遊離脂肪酸は肝臓へ流れ、インスリン感受性が低下し、高インスリン血症を発症。大量の脂肪酸が中性脂肪を盛んに合成して脂質異常を発生させる=メタボリックシンドローム

ホルモンと酵素
酵素とは体内で起こる化学反応に際し、触媒として機能する分子で物質を消化する段階から吸収、輸送、代謝、排泄まで関与し、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせないもの

代謝性食欲
食事をとらない時間が長く続くと血中に遊離脂肪酸が増えてエネルギーを補うと同時脳は糖質不足を感知し、摂食中枢である視床下部外側野の働きで強い空腹感を与えて食欲を導く

認知性食欲
人が食事を食べ始める動機として血糖値が低下してエネルギーを補うケースは少ない。無意識に認知、経験、思考、学習、記憶などに関与し、大脳皮質連合野の働きで食欲を導く。

→詳細:ダイエット検定 1級問題のポイントまとめ


ダイエット検定 問題集
ダイエット検定の過去問題をまとめてみました。練習や検定にチャレンジしてみたい方は必見です。

→ダイエット検定 問題集

→ダイエット検定 2級問題集