手 軽 さ 30/100
コ ス ト 70/100
アレンジ30/100
身体負担50/100
知  識50/100
ペ ー ス 30/100
バレーボールダイエットダイエットも楽しく行わなければ継続することができません。どんなに一生懸命本人が頑張っていたとしても、自分自信が好きなダイエットでなければ、続けるものも続くことができません。

ダイエットで成功するためには、まず本人自信が楽しめるかかがどうかが重要です。それがダイエットを楽しく続ける上でのポイントです。

では具体的に私達が楽しめるダイエットというのは何が思い浮かぶでしょうか。

食事制限だと苦痛をどうしても伴いますし、ストレスも溜まってしまいます。そこで思い浮かぶのがスポーツです。スポーツは楽しむためのものであり、時間を熱中して楽しめるものばかりです。

スポーツを通してダイエットを行い、消費カロリーを上げる事を心がけてください。

スポーツといっても非常にたくさんありますが、特におすすめなのはバレーのような球技がおすすめです。

バレーボールはスポーツの中では知名度の高いスポーツの一つですが、このスポーツをダイエットのために、活用している人はそれほど多くはありません。ダイエットを楽しく始めたいのなら、他者を通じて楽しめるスポーツを行うことをお勧めします。

そのほうがダイエットが長く続き結果、痩せることができます。これからバレーボールダイエットの効果や方法について紹介します。


バレーのダイエット効果まとめ
バレーボールをする人が増えている中、そのバレーボールをすることによって、ダイエット効果が注目をされるようになっています。その内容について、まとめてみました。

レシーブを受けることで、足の筋肉を鍛えることができる
レシーブを受ける時、足を思いっきり踏ん張ってボールを受けることになります。
その時、足の太ももやふくらはぎなど、その大きな筋肉に刺激を与えることができるのです。

大きな筋肉が刺激を受けると、体の代謝が良くなるので、その結果、ダイエット効果を期待することができます。

アタックをすると腕を鍛えることができる
ボールをアタックする時には、腕を大きく伸ばす必要があります。
その時に、腕の筋肉を動かすことができるのです。
腕の筋肉を意識して動かすことが、日常生活の中でないので、これも嬉しいダイエット効果を期待することができると言えます。

全身を使っている
バレーボールをする時には、全身を使うことになります。
これはとてもよいことなのです。

ランニング等は、全身の筋肉を効果的に動かすことができないことを思うと、バレーボールの場合は、その点でとてもダイナミックに全身を動かしていることになります。

そのため、楽しみながら、全身を知らず知らずのうちに動かしてダイエットをしていると同じ状態を作り出していることになります。

気分爽快になることができる
バレーボールをすると、アタックをしたり、ボールを受け止めることによって、気分爽快になることができるのです。

そしてそれは大勢の人数で行うことで、達成感や連帯感も感じることができ、気分的に良くなります。

それはダイエットをする時に、よくあるストレスを溜め込む、気分が落ち込む等を予防することができると言えます。

楽しく運動をすることができる
ダイエットをする時に、辛いと思ってしてしまうと、長く続けることができません。
その反対に楽しいと思っている場合は、長く続けることができるのです。
そのため、バレーボールが好きという人にとっては、最高のダイエット方法となります。



バレーボールダイエットが痩せる理由
実はバレーボールの練習こそがダイエットにうってつけの方法なのです。具体的にいえば走りこみです。バレーを行うためには人数が必要ですが、人数さえ揃えば楽しみながらダイエットを実践することができます。

バレーの運動は足の筋肉を多角的に刺激することができるので、基礎代謝の向上、心拍数の上昇が狙え、ダイエットを効果的に行うことができるのです。バレーの具体的なやり方はトスの練習だけは試合方式でもどちらでも構いません。

重要なのは飛ばしたボールをうまく捉えるために使える筋肉をしっかりと使うことが重要なのです。もしバレーを使ってダイエット効果を考えるのであるのなら、できるだけ一生懸命走らないと、ボールを捉えることができない球を捉えるように頑張ってください。

そうすれば、ふくらはぎの筋肉と太ももの筋肉をしっかりと鍛えることができます。人間の体内の消費カロリーの大半は下半身の筋肉が大きなウエイトを占めています。


身体的に不自由ではなければ、私たちは日常的に足の筋肉を使って日々多かれ少なかれ、歩いていますよね。つまりよく使う脚の筋肉をしっかりと使うことがダイエットでは大切なのです。

脚の筋肉を使うスポーツでマラソンがありますが、よほどのマラソン好きではないとなかなかダイエットとして始めることができません。ですがバレーなら週1ぐらいなら誰しもが始めることができるのではないでしょうか。

バレーを楽しむお友達が身の回りにいなければ始めることができないダイエット方法ですが、(一人でもサークルを活用すればバレーを楽しむことは可能です。)まずは週1だけでもいいので、バレーダイエットで脚の筋肉を鍛えて、いい汗を流して、みんなで楽しくダイエットを実践してはどうでしょうか。ダイエットはスポーツを通して、実践したほうが効果的です。


バレーボールダイエットの方法

バレーのような球技は多人数で行なうもので、連携やチームワークがものをいいます。つまり頭をつかうので、その分、に必要なブドウ糖を大きく消費して、消費カロリーアップに繋がるのです。

ダイエットが必要な人は大抵は炭水化物の過剰摂取によるブドウ糖過多が原因です。これを頭をつかうスポーツを頻繁に行うことで、運動によって消費するカロリー以上の脂肪を消費することができるようにあるのです。

またバレーは球を見て、脚を動かすので、足の筋肉のバランスを総合的に使い下半身の筋力鍛錬になります。下半身の筋肉を意識して使い込むことは基礎代謝(何もしなくても消費するカロリー)を上げる事にも、繋がりますので、自然と痩せる体を作ることができます。 

このバレーダイエットの唯一の欠点は、人数がある程度いないと続けることができないという点です。しかしスポーツ好きの知人や友人を誘えば誰でも無料で始めることができます。わざわざフィットネスジム似通わなくても人数とスペース、そしてボールがあれば誰にでも気軽に始めることができるのです。


バレーボールで相手が打ったボールを跳躍して打ち返すためには、ふくらはぎの筋肉を鍛える必要があります。トスを行うにもレシーブを行うにも、脚のふくらはぎの筋肉を鍛える必要があります。

そのためバレーボール選手や、バレーに携わっている人間には、ほぼ共通して、ふくらはぎの筋肉がしっかりと引き締まっています。特に女性の方では脚を細く引き締めたいと考えていますが、バレーをやっている人間は、必ずと言っていいほど、ふくらはぎが発達しているのです。

発達という言葉を書くと語弊がありますが、これは女性らしく細くていい意味で引き締まったふくらはぎの筋肉がついているといった意味を表しています。これから脚を引き締めようと考えている方は、ふくらはぎの筋肉を鍛えることに躊躇する必要は全くありません。


ではバレーをやっている跳躍力を活かしたふくらはぎの筋肉の鍛え方を紹介していきたいと思います。それはジャンピングスクワットです。ただしタダのジャンピングスクワットとは違います。

まず思いっきりジャンプをするとき、太ももの筋肉ではなくて、ふくらはぎの筋肉のみを意識して、その筋肉のみで思いっきりジャンプをします。バレー選手が普段スマッシュを打つとき高く飛び上がる時のイメージです。

そして高く飛び上がったら、つま先から着地して、その衝撃を太ももで受け止めます。この運動のおかげで、太ももとふくらはぎの両方の筋肉をバランスよく鍛えることができるのです。

さて目安の回数ですが、これに関しましては個々の脚の筋肉のつき具合が違いますので、自分にとっての、限界回数×3セットがお薦めです。どうしても目安が知りたいのなら、30回が大まかな目安の基準値となります。

自宅やマンションでお住まいの方は、なかなかこの運動は行えないかと思いますので、公園などでこの運動の練習を行うことをお勧めします。最初の内はなかなかハードに感じるかと思いますが、約3ヶ月間を頑張れば、効果が現れてくるので、頑張ってください。


バレーを行う上で重要なのはいかにスマッシュを打てるかどうかです。
しかしこのスマッシュを打つ行為ですが、この練習を続けていくことで脚痩せダイエットを期待することが出来ます。

具体的にはジャンプするという動作を行なうことによって、ふくらはぎの筋肉が伸長収縮されるのです。伸長収縮が何かという人のために具体的に説明しますと。筋肉をしっかりと伸ばしてしっかりと縮ませることによって、筋繊維が発達して筋肉が鍛えられることを意味します。

この動作を頻繁に行なうことによって、筋肉が引き締まり、部分痩せを実現させることができるのです。ですのでまずは伸長収縮を意識した、筋肉の伸び縮みをしっかりと意識して行うようにしましょう。そうすることで筋肉が鍛えられて、脚痩せ効果を狙うことが出来ます。

まずは公園や体育館などの広い場所で、スマッシュを打つ動作の練習を始めるところから行ってください。まずはふくらはぎの筋肉のバネを使って思いっきりジャンプをします。そしてそれからジャンプし終わって着地した瞬間にふくらはぎの筋肉で衝撃を受け止めます。そういった動作を30回以上続けてください。そうすることで筋肉の引き締まりを感じるようになり、数ヶ月で効果が現れてくるでしょう。


ただ一つ注意点があります。この運動をやり終わった後は入念なマッサージを行うことを忘れないようにしてください。このスマッシュ動作の練習をやり終えた後は、ふくらはぎの筋肉がかなり疲労しているはずです。

ですので、ふくらはぎを揉むようにマッサージを行い、ふくらはぎの血流をしっかりと促してください。そうしないと肉離れが起きてしまいます。このふくらはぎを鍛えるスマッシュの練習を継続して行えることが出来ません。広い場所があれば、このバレーのスマッシュ動作でふくらはぎの筋肉を鍛えることが出来ますので、頑張ってください。





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!