トレーニングの秘訣ダイエットに成功するには適度な運動と食事の制限によるダイエットの両方を取り入れるのが成功の鍵です。

食べる量を減らすことで体重を減らそうとする人がいますが、それではリバウンドが起きるだけです。

食事によって摂取カロリーを減らして、運動によって消費カロリーを増やすことができれば、誰でもダイエットの成功に近づきます。

運動をやる気になって始めたのはいいものの、実は継続することが難しいですよね!「今日は雨が降ってるから」「仕事が忙しいから」などさまざまな理由で今日は休もうかなと考えることは誰でもよくあることです。

そこでトレーニングの秘訣や継続させる為のコツを紹介します!

今日はやる気がでないなぁと思った時は、トレーニング内容のハードルを思いっきり下げてみましょう!とにかくウェアに着替えてみるとか、ちょっと散歩に出てみようなど、ちいさなアクションを目標にします。

それでもやる気が出なければ休憩でも構いませんが、ちょっとした行動を起こせば不思議と続けてみようという気になるものです!雨の日や忙しい日を想定したプランを計画しておいても良いと思います。

運動については運動量を多くしすぎず、簡単なものにします。そうしないと、長続きしませんし、体のほうが先に音を上げてしまいます。

毎日の暮らしの中で、簡単な運動を組み込むようにすれば、ダイエットは続けやすいでしょう。例えば、朝の通勤の際には、エスカレーターやエレベーターを使わない階段を利用することができます。

家での作業が多い人は、家の中の用事が終わった時などに、ストレッチ運動をするというのも効果があります。

1回2回ではダイエットにならないかもしれないけれども、継続していけばいつか実を結びます。この様な簡単な運動でも、もともと運動習慣がない人には、体を動かす習慣をつけることができます。

もっと運動量を増やしたいと思ったら、ジョギングや、サイクリングなど、簡単にできる運動をやってみるのもいいでしょう。

また自分の理想や目標を思い出させる環境づくりも大切なことです。憧れの有名人のポスターやパソコンのデスクトップ、スマートフォンの待ち受けなどに目標を書き込んだり、友達と約束しておいたりしておくと、外からの刺激で運動への動機を再確認しましょう!

「飽きてきたなぁ」「マンネリだな」と思ったときは、身体の変化に合わせて、目標を新しく設定しなおすことがおススメ!

マラソン大会に出場してみたり、フィットネスクラブなどで違うプログラムに参加するなど、変化を起こすことが新たな刺激となります。そのあとは自分にご褒美をあげるのも良いと思います。

このようにその時々の自分の状態に合わせて上手にモチベーションを上げるきっかけを作れば、きっと長くトレーニングを続けることができるでしょう!



7つのトレーニング成功の秘訣を公開

やる気が出てきたところで今度はすべてのトレーニングに共通するポイントの紹介です。必ず押さえておきましょう!
今から紹介する7つの法則を頭に入れてトレーニングに挑戦してみてください。


1トレーニングは「ちょっとツライ」が効果的

トレーニングを行う場合、普段感じている以上の負荷(抵抗、重さ、強さ)で行うと体力や筋力は向上します。かといって過剰な運動は怪我や故障の原因になります。「ちょっとツライなぁ」と思う程度の負荷を加えるのが一番効果的です!

2時間・回数・負荷・頻度は少しずつUP

トレーニングをしていると、「もっと強くなりたい」と意欲がわくもの。ですが、無理は禁物。時間や回数、負荷や運動頻度は、体力や筋力に合わせて少しずつ増やしていくのが、身体づくりに理想的なやりかたです。効果に応じて、徐々にレベルアップしていきましょう!

3運動は継続こそが力なり

昔は運動していたのに、やめたとたんに身体が鈍ってしまったという声はよく聞きます。理想の身体に近づき、それを維持していくためにも、運動は生涯を通じて続けていくことが必要です。細くとも長く続けられる方法を自分で見つけて下さい!

4目的に合ったトレーニングがポイント

ただやみくもにトレーニングをするのではなく、目的や目標に合ったトレーニングを行うことが必要です。これをご覧ということはダイエットに興味がある皆様だと思いますので、その為にも理想と現状を把握することが大切になります。目的に合った運動を意識して行うことで、理想の身体を効率よく手に入れることができます!

5「全身をバランスよく」が健康の近道

トレーニングは、身体の一部分だけではなく、全身をバランスよく鍛えていくことが大切です。また筋肉の強化だけでなく、持久力や柔軟性の向上など、目指すところには広い視野をもって、より早く健康な身体を目指します!

6意識も身体のパーツに集中させよう

トレーニングをする際、何を目的として、どの身体のどの部位を現在動かして鍛えているのか頭の中で意識してください!これらの事を自覚するのとしないのでは差が大きく、意識することで目的に合わせて身体を正しく動かす事ができるのです。その結果として、トレーニングの成果が出やすくなります!

7無理せず安全第一に

トレーニングを長く続けていくためには健康な身体でないと無理です。それには怪我のないように安全に実施していくことが一番重要なことになります。強すぎる負荷をかけたり、体調不良のときに無理をするのはNGです。ときにはしっかり休憩しないと効率的とはいえませんし、安全に運動していくことが健康面でも大切になります!


トレーニング解説付き説明はこちら↓

上半身トレーニング実践


下半身トレーニング実践



←運動編 第1章:トレーニングプラン|第3章:上半身トレーニング実践→




この記事を見た人は、こんな記事も見ています!