手 軽 さ 30/100
コ ス ト 50/100
アレンジ50/100
身体負担50/100
知  識50/100
ペ ー ス 50/100
テニスダイエットダイエットにスポーツを選ぶ方も多いと思います。

痩せる効果があるといえば有酸素運動のイメージがあり、定番のスポーツといえば走るタイプのランニングウォーキングだと思います。1人でも出来るうえ、費用もあまりかかりませんので確かにダイエット向きです。

ただ楽しさの面を考えると、辛い方が強いので楽しくなる前に断念してしまう人も多いと聞きます。いくらダイエット効果が高くても継続できなければ意味がありません。そのほかのスポーツを考えた時に、球技があります。

球技の中でもラケット系スポーツは少ない人数で、費用もあまりかからずダイエット効果もあるのではないかと思います。特に激しく左右に動くテニスはダイエット効果があると思います。

テニス初心者であっても運動を行うことができやすくて、誰にでもテニスでダイエット効果を望むことができます。

有酸素運動で、脂肪燃焼を促進させて、息を切らすほど走ることによって心肺機能を高めることで、ふくらはぎ及び心肺機能を鍛えることは、ダイエットにおいて、この上ない効率的なことなのです。

ダイエットを成功するためには、脂肪燃焼効果と筋肉を鍛えることが必要不可欠です。脂肪燃焼は軽い運動をテニスで例えるなら、運動をし始める初期の時間帯のことを指します。

そして筋肉を鍛える程追い込むような運動は無酸素運動と言い、自分から離れてボールを打ち返すために、不脚の筋肉や心臓の筋肉を鍛えるような運動のことを指します。ダイエットは有酸素運動を行い、体を温めてから、無酸素運動のような強度の高いトレーニングを行うことで効率的に痩せることができるのです。

テニスはこの有酸素運動と無酸素運動を交互に組み合わせて、行なうことができるので、わざわざランニングをしなくても、いきなりテニスを始めるだけでもダイエット効果を期待することができます。

もちろんストレッチや軽いアップなどは必要かもしれませんが、ダイエット目的で行なうのなら、軽い準備運動を終えた後、いきなり始めたとしても問題ありません。ぜひ楽しんでダイエット効果を実感してください。



テニスダイエットを楽しく行う方法
テニスはダイエット効果にとても、重宝するスポーツです。なぜなら心肺機能を高めて有酸素運動と無酸素運動を交互に効率よく行なうことができるからです。

相手が打ったボールの中には、呼吸を整える余裕がある程度の労力で取れるものや、息を切らして走らないと取れないボールの2パターンの運動量が混ざっているからです。

また第二の心臓と言われているふくらはぎを最も、効率よく使うスポーツだからという点も上げられます。
ふくらはぎのような脚の筋肉を使うスポーツは、運動において何よりも大切であり、

血液の循環を促進させて、アドレナリンを放出させ、代謝機能と脂肪燃焼効果を促進させることに大いに貢献しているからです。テニスは「足ニス」といわれるぐらい足をよく使います。ラケットは当然手で振るので手が重要だと思っている人も多いと思います。

もちろんラケットに当てないとゲームにならないので手は大事です。でもそのラケットに当てるためには適切なポジションに移らないといけないので足が非常に重要になります。テニスのフットワークはジョギングなどと違いダッシュ系なので「少し走って休む」の繰り返しになります。

シングルスでもダブルスでもどちらの競技にしてもボールがラリー状態のときは足は止めずに常に動かしています。特にダブルスだと観戦だけだとあまり動いていないように見えますが4人ともかなりの運動量になります。

ダイエットを目的に行うなら試合よりも練習を増やした方が効果的です。試合だと初心者のうちは動き方がわからず運動量がなかなか増えません。動きのある練習だとかなりの運動量になります。またいろんなパターンの練習があるので飽きずに練習が出来ダイエットにつながると思います。

ランダムに球を出しそのボールを追いかけて打つ練習などは回数が多いとかなりの運動量になります。ゲーム形式の練習だったらダブルスよりシングルスのほうが運動量はあります。

あとラケットを振ることによる腕のダイエット効果もあります。ただしテニスは片手で打つ機会の方が多いのでなるべく両手で打てるバッグハンドストロークなどを多めに練習するようにしましょう。

ラケットを上に振るスマッシュやサーブなどは日常生活ではなかなか使わない筋肉を使うのでダイエットだけでなくストレッチ効果もあります。

ダイエットを目的にするならとにかく動くことを心がけましょう。
テニスダイエットは仲間と楽しくできて運動量が意外と多いところが一番のメリットだと思います。日やけが気になる人や天候が悪い時などは屋内施設もあるのでぜひテニスを始めましょう。

硬式テニスのボールが黄色で統一されている理由
テニスボールの色といえば黄色が定番であり、世界の四大大会を始め、さまざまな大会で黄色いボールが使われていますが、その理由はちゃんと色彩学に基づいています。

赤色は屈折率が小さいため、網膜よりも後ろで像を結ぶので、水晶体が自動的に凸レンズになって、網膜上に像を結ぶように調整してしまい、赤色は前に飛び出して見える「進出色」になるため不向きです。青色は、反対に屈折率が大きいので、引っ込んで見える「後退色」となります。

その点、黄色は、屈折率が丁度よく、ピント合わせの必要がありません。見たまま網膜に結像するので、もっとも距離感を誤りにくいうえに黄色は網膜ににじんだように映り、他の色に比べて大きく見える働きがあるのが理由で、時速200kmを超えるショットを正確に打ち返すために、黄色が選ばれたのです。



1人でもテニスダイエットを楽しむことができる

テニスダイエットは打ち返してくれるパートナーがいないと始められないと思っている人がほとんどです。

そこで紹介したいのが壁当てテニスですが、壁当てテニスと言えばスカッシュですが、テニスラケットですることで消費カロリーが大きくなります。壁当てテニスは、壁までの距離によっては激しい運動にもなるので、適当な距離で壁当てテニスをするようにしてください。

用意するものはテニスラケットとテニスボールです。また、壁がある公園でやってください。砂場でもいいですが、できる限り地面がコンクリートであるところの方が効率がいいです。まずは壁に向かってボールを打ってください。この時は、サーブで打ってしまうとセカンドモーションに移りにくいので横スイングで打ってください。

打ったボールが跳ね返ってきたら、打ち返してください。これを繰り返してください。多分、10分もたたないうちに疲れてしまうと思います。このダイエットをするうえで気を付けてほしいことは、強く打ちすぎないことです。強くボールを打ってしまうと、ボールの跳ね返りはもちろん早いです。

なぜ、ジョギングなどではなくテニスラケットを使ったダイエットをお勧めするのかというと、テニスダイエットのほうが消費カロリーが大きく、効率が良いからです。効率が良いというのは、短い時間で自分を追い込むことができるということです。

ジョギングもいいですが、長い時間をかけて消費カロリーが少ないのであまりお勧めしません。テニスダイエットをすることによって、運動神経やスポーツ能力の向上にもつながります。ダイエット法で悩んでいてテニスラケットが家にある方には是非お勧めしたい運動です。今日からでも取り組んでみてください。