手 軽 さ 70/100
コ ス ト 10/100
アレンジ30/100
身体負担50/100
知  識50/100
ペ ー ス 50/100
宅食ダイエットとは
宅食ダイエット宅食サービスは高齢者や不自由な人が利用するものと思っていませんか?

確かに便利なサービスなのでお年寄りや産後の妊婦さん、足の不自由な方も利用できますが、肥満やメタボが気になる人にもおすすめのサービスなのです。

その理由としましては、自宅や家という環境では食材があふれており、いくらでも望めば手に入ります。そして一人暮らしや自らが調理する場合は特に多めに作りがち。

たくさん作って余れば残せばよいとついつい作り置きが増えてしまい、結果食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。さらに日本の食事は1品1品をたくさん作るので、1食の調理にも時間がかかってしまいますので、なかなか作るのは難しく、栄養もかたよる場合が多いです。

自分のペースで食べれるので自分の判断次第です。しっかりと健康管理をしている人なら問題はありませんが、忙しい毎日を過ごす現代人には難しい問題かもしれません。そこでおすすめなのが宅食ダイエットなのです。

家で健康なのになぜ食事を頼まないといけないのか?

と思うと思いますが、もし健康を損ねて入院してしまった場合を考えると、その時の食事は入院食となり、1品1品がしっかりと管理されたメニューになります。もちろんじっとしていても食事は毎日運ばれてきます。

その自宅バージョンと考えても良いかもしれません。

入院という言葉を聞くとそれだけで逃げ腰になってしまう方もいるかもしれませんが、自宅、すなわち自分の家で生活し、職場に通いながら、病院に入院しているのと同様の低カロリーで栄養バランスのいい食事を摂り、適度な運動もして、できるかぎりの自己管理をしようという提案なのです。

食事を低カロリーに抑えるのはダイエットの基本中の基本ですが、日常生活の中でそれを実現するのはかなり難しいことです。

栄養のバランスがとれていてカロリーは少なく、しかもおいしい食事、すなわち低カロリーバランス食こそが理想の食事なのですが、それを作るのはふつうの主婦にとっては至難の業です。

まして外食でそういう食事を摂るのは、ほとんど不可能といえるでしょう。本人が栄養学をマスターし、さらに調理方法などに習熟していないかぎり理想的な食事を毎日1食続けろというのは、無理な注文です。

糖尿病患者をはじめ食餌療法が必要な人々用に開発された、宅配の治療、健康食を利用することはとても効果的です。最近はどんどんサービスも普及してきており理想的な食事の質・量・味すべてを実感し、目と舌と体で覚え込むことこそが、肥満解消の第一歩なのです。

さらに日常生活全体を見直して肥満につながる生活習慣を改善し、そのうえ適度な運動も実行できれば、ほとんどの場合、確実に体重は減っていきます。理想的な食事と適度な運動を自宅にいながら体験するこのシステムを試してみましょう。




宅食サービスの水準
宅配食はどんなイメージをお持ちですか?
治療食、低カロリーバランス食というと、ワンパターンの味気ない食事を想像する方がほとんどだと思います。皆さんの頭に浮かぶのはきっと、栄養バランスやカロリー計算ばかりを重視して作られた、いかにも病人食のようなものでしょう。

ところが実際には、かなり水準の高い食事が用意されています。たとえば最大手の宅配業者が出している糖尿病食の場合、メニューは日替わりで普通のお弁当屋さんで売られているおかずやメニューと変わりない内容で、なおかつカロリーや塩分が抑えられていいます。

全セットともメインのおかずと副菜がついて、480キロカロリーに抑えることができます。

人気メニューには和風ハンバーグ、けんちん汁、金時豆や酢豚、ふかひれ入り卵スープ、鶏肉とひじきの煮物、根菜カレー、さつまいもの甘露煮などがあります。減塩やおかずのみなど各種のプランに合わせて選ぶことが可能です。

また1日ごとに頼める宅食もあります。必要な時にというのはありがたいです。

また冷凍の惣菜をセットにした生活習慣病予防のための「気くばり御膳」という商品も登場、こちらも全セット320キロカロリー以下で、レトルトよりも彩り鮮やかなメニューが用意されているようです。

その他では、冷凍された低カロリーバランス食を宅配するシステムをとっています。夕食メニュー(和洋中の計60種類)の例も紹介しましょう。

和風チャウダー、小松菜とハムの炒め物、かぶのレモン和え、白飯、牛ヒレ肉のグレービーソースなど主菜に副菜がつき、十分満足できる献立で、総カロリーは400キロカロリーです。

最近の日本はおいしい物が満ちあふれて、舌が肥えている方も少なくないと思います。しかしこれだけの味なら、合格といえるのではないでしょうか。もちろん、好みもありますから、何社か試してみるとよいでしょう。へたに買ったお弁当よりもヘルシーなことは間違いありませんし、手作りなのは優しいです。

冷蔵状態で毎日宅配されるもの、冷凍やレトルトで何食分かまとめて宅配されるものなど、利用者のニーズに応じて、各社からさまざまなサービスが用意されています。


独身なのか夫婦なのか、毎日食事を受け取る余裕があるのかないのか、1日何食をこのスタイルにするのか、ケースバイケースで、自分にもっとも適したサービスを選んでください。

利用方法に関しては、その人なりにライフスタイルに合わせてアレンジするのが一番だと思います。

1日3食の中でどの食事をどんなタイプにするのか、食事をする場所やタイミングに合わせて、無理のないスケジュールでなければ続けることはできません。実行するとしたら最低でも2週間、できることならとりあえずひと月継続してほしいと思います。体脂肪を減らすとなると、最低でも2週間はかかるのです。2週間からひと月がんばれれば、体脂肪をかなり減らすことができます。

中には季節の変わり目にひと月ずつくらい、冷蔵・冷凍タイプの治療食などで、定期的に『宅配』している方がいます。四季折々のメニューを味わうことができるからです。献立表を保存しておけば、後々自分で献立をたてる時に大いに役立ちます。

肥満は病気ではありませんが、肥満症は立派な病気なのです。その病気を治すために、治療食というアイテムを勧めているのです。多忙な方ほど『宅食ダイエット』をして低カロリーバランス食という治療食を体験学習してみることが、肥満から脱出する最短距離であると思います。

私たちは物心ついた頃から、当たり前のように毎日三度の食事を摂ってきました。はじめは親の作ってくれる食事を食べ、学校で級友と一緒に給食を食べ、家族とテーブルを囲み、家庭料理を食べて成長してきました。

長じて友人や同僚たちと食べる外食を覚え、自分で食事を作ることを覚え、仕事先や旅行先で未知の食べ物とも出会ってきました。

食事は生きるための糧であると同時に、享受すべき文化や文明の大切な構成要素であり、創作であり、刺激です。その過程で間違った生活習慣が植えつけられている可能性もありますので、見直す意味でも宅食というシステムを利用する価値はあるでしょう。


宅食ダイエットのまとめ
肉や魚は揚げ物やフライを避け、油を使わない蒸し物やゆでる調理、また油を控えた焼き物にするだけで、カロリーはかなり抑えられます。また同じ肉でも脂の入った霜降り肉やバラ肉と比べると、赤身の部分はカロリーが約半分程度に抑えられます。

どのような食事が望ましいのか、イメージの湧かない人は、糖尿病患者のために考えられた糖尿病治療食を参考にしてください。糖尿病治療食の料理本はたくさんありますので、それらが参考になるでしょう。

しかしカロリー計算ができるようになるには、かなりの努力と慣れを必要とします。素材を買って自分で調理するとなると、さらに料理のノウハウも必要になります。忙しくてそんな暇がない、マスターする自信がない、という人も多いでしょう。

そこでお勧めするのが、これまでもお話ししてきた、糖尿病食の宅配システムです。専門家が作った本格的な治療食が自宅や職場にいながら食べることができるというのは、画期的なことだと思います。

病院に入院したつもりになって1~2ヶ月治療食を続ければ、ほんどの人がある程度の減量に成功するでしょう。治療食の分量や味つけ、献立などを実際に体験して、体で覚えることができるというメリットもあります。

糖尿病食にも、いろいろな種類があります。
病院などで糖尿病患者に医師が紹介するのは、栄養バランスを考え、厳密にカロリー計算をした商品ですが、それ以外にも糖尿病予備軍の人たちのための低カロリーバランス食、体重を落としたい人のためのダイエット食などなど、バラエティに富んだ商品が続々と市場に参入しているようです。

主な食品の形態としては、冷凍、冷蔵(チルド)、レトルトの3種類があります。冷凍やレトルトの場合はまとめて買い置きすることもできますが、冷蔵の場合は前日か当日、その食事を自宅まで配達してもらうことになりますので、受け渡しの可否や配送地域が問題になります。
インターネットで注文するもの、電話でオーダーできるものなどさまざまですので検討してみてください。

また主食であるご飯やパンをセットにしたものと、メインのおかずと副菜だけのもの、また単品でおかずやおかゆだけを売っているものもあります。いずれにしてもはっきりとカロリー表示してありますので、自分で計算して必要量だけを食べるようにしましょう。

主食がついていない場合は自分でご飯やパンを用意することになりますが、その主食のカロリーをしっかり計算して調整しないと、せっかくおかずを低カロリーに抑えた意味がありません。

日本では糖尿病食の商品開発が進められてきましたが、現在でも、利用者が飽きないようなメニューや調理方法の開発に各社とも熱心です。

毎日日替わりメニューで間食付き、かつ行事食の考え方をとり入れて変化をつけており、料理の味を一定の水準に保ちながら低カロリーに抑えるために、それなりの素材を使うようにしているとのことです。

きちんと出し汁をとってその素材の持ち味をいかすようにすることで、油分や調味料を控えめにしてもうまみやコクがある、おいしい食事でダイエットが可能です。どんなペースで痩せていくのかによって1日1食、又は2食を宅配に変えることで効果があります。





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!