手 軽 さ 10/100
コ ス ト 30/100
アレンジ50/100
身体負担50/100
知  識50/100
ペ ー ス 30/100

スキー&スノボで痩せる冬限定のスポーツはいくつかありますが、中でもスキーとスノボは楽しく趣味としてダイエットができると話題です。

でもあんまり激しく動くスポーツという印象もなく、負荷がかからないのに痩せれるの?と疑問に思う人もいるでしょう。

決して激しいスポーツだけがカロリーを消費するのではなく、スキーやスノーボードはバランス感覚が重要になってきますので、全体的な筋肉に負荷がかかっています。筋肉が刺激されると代謝が上がるのでカロリーを消費するというわけです。

友達や家族、もちろん一人でも行えるので、道具と気持ちさえあれば誰でもチャレンジできるのも魅力的で、いざ滑りはじめるとスピード感もあり楽しくてストレス解消にも効果があります。

期間が限られておりスキー場や屋内の施設などゲレンデまで行かないとできないスポーツなので毎日のように頻繁に行くことは難しいと思いますが、冬限定なので季節感も満喫できるうえに、痩せる効果はありますのでこれから紹介します。


スキー&スノーボードで痩せる理由
雪の上を滑るので、見た目にはあまり動くような動作はないと思うかもしれませんが、スキーは、ずっと滑り続ければ40分で300kcal以上のエネルギーを消費します。

実際に滑っているときは降りることに必死だと思いますが、雪の上でバランスをとる動作なので、普段使わないような筋肉や関節を必然的に使って倒れないように自然に身体を支えています。

特に初心者は翌日に激しい筋肉痛におそわれたことがある人もいると思います。

それぐらい負荷がかかっており、筋力アップは脂肪燃焼効果を促します。

そして雪山という環境も大切です。気温が低い程に人は体温を維持しようと身体を燃焼させます

つまりとても寒い雪山で体を動かすということは、とても大きなエネルギーが必要になるので、普段よりも脂肪燃焼効果を高めてくれるのです。


スキー板はとても複雑な構造で作られている
「スキー」の語源は、スカンジナビア語で「薄い板」という意味です。確かに板で滑るのがスキーでありスノーボードです。

とはいっても材木を削って、そのままスキー板としても抵抗が大きく、それほど速くは滑れないので、市販のスキー板は、滑走スピードをあげるため、スキー板の芯となるブナやサワグルミといった原料の上に、さまざまな薄材を何層にも貼り合わせてあるのです。

たとえば、芯材の上下には、グラスファイバーやジュラルミンを貼り付けて、強度を補強していたり、滑走面にはポリエテレンシート、スキーの上面にはABSシートが貼ってあります。

その他には振動を吸収する材料やエッジには炭素鋼が貼り付けられています。 これらの薄材は、接着剤で貼り付けられ、その後プレス機にかけることで、前方に反りをいれます。そして、はみ出した接着剤を拭き取り、外観のデザインを印刷するとスキー板の出来上がりです。



スキーとスノーボード
スキーとスノーボードを比較した場合、基本的にスノーボードの方が運動量が高くなります。

といっても滑り方は人それぞれで、ベテランと初心者によっても消費エネルギーは違ってきます。

バランススポーツであることはどちらも共通していますが、スノーボードはスキーと比べストックが無い分、腹筋・背筋・外腹斜筋を酷使してバランスを取ります。

加えて筋力的負荷が少ない割に有酸素運動に近いです。

消費カロリーには両者とも余り差は無いでしょうが、使う部位が限定されるボードの方が下半身の疲労感を感じるのは早いです。

例えば、リフト待ち。スキーは両足の板とポールで前ボードは両足だけです。
リフト上では、ボードは不安定な重心で片足を支えます。

ゲレンデ内で停まったとき、ボードは腹筋と大腿筋で支えるか 座り込み。

スキーでは毎回ビンにブーツをはめる動作も不要ですので、圧倒的にボードが疲れます。

しかしスキーの方が一回当たりのスピードが早く、上り下りも頻繁なので、移動による消費カロリーは高くなります。

スノボは滑り方にもよると思います。

工夫さえすればショートターンの練習をして2級レベルのショートターンができるようになるほど練習すると相当カロリーを消費できるはずです。

ドリフトでロングターンをたらたらしていても大したカロリーの消費は期待できないでしょう。

ターンに使う筋肉を考えると、ふくらはぎや向こう脛、太もも、背筋や腹筋でしょうか。

消費カロリーは年齢と体重によって違いますが、1時間に426kcalぐらいになります。

とにかくスキー・スノーボードダイエットは楽しいことを目的としているダイエット方法です。

つまり調子に乗りすぎてスピードを上げすぎによる事故や怪我は注意するべき要素ですが、
時間を忘れて楽しく痩せれるので素敵なダイエットの1つです。