手 軽 さ 30/100
コ ス ト 10/100
アレンジ10/100
身体負担70/100
知  識70/100
ペ ー ス 30/100
酸素カプセルとは?
酸素ダイエット 最近にわかに話題になりつつあるのが酸素を活用したダイエット方法です。
特に酸素カプセルダイエットはスポーツ選手も利用しており効果的かつ手軽。
カプセルの種類も多種多様で、ある程度の知識が必要ですが、これから紹介したいと思います。

弱気圧酸素カプセルは米国では医療器機として、自閉症、うつ病、認知症治療など様々な脳疾患などの治療で使われエビデンスも豊富に揃っています。

Hyperbaricと検索するとたくさん出てきます。日本では装置自体が高額なので家庭で普及してはいませんが、一部の整骨院や整体など専門のお店などには置いていたりしますので是非探してみましょう!値段も1回に1時間5千円という相場なので、そこまで高額にはならないでしょう!

一方で総合病院などで本格的な医療で用いられているのは高圧酸素タンクで、一酸化炭素中毒で呼吸不全になった患者や、脳卒中で脳に酸素がまわらなくなった人の治療に用いられて、だいぶ効果をあげています。

骨折などが早く完治するのはもちろんですが、半身不随の患者が、タンクから出したら動かせるようになっていたという症例もあります。ただ、うっかり火気などを持ち込んで爆発、死亡する事故が時々あります。

生活習慣病で動脈硬化を起こしている人なら、細胞のすみずみまで酸素や栄養が行き渡らず、欠乏しているかもしれない人を酸素の多いカプセルに入ることで、新陳代謝や血行の改善は見込めます。
ただ医療で使う本当のO2や高圧酸素治療は専門の資格が必要になってきます。



ダイエット効果は果たして…
このような酸素カプセルは、短期的には体に対して有効に作用します。怪我や骨折などの治癒期間は短縮しますので、体が資本なスポーツ選手は多用していますね。酸素カプセルは気圧の変化が少ないので疲労回復程度に用いられます。

病院にあるような高気圧酸素治療器というものは気圧も酸素濃度も相当高くなるので莫大な量の酸素が体に流れ骨折や捻挫などの回復速度を速めます。
怪我をした野球選手やサッカー選手、オリンピック代表、ゴルファーなどが入って確かな効果がでてました。

効果のまとめ
疲労回復
アンチエイジング
ダイエット
ケガの回復
集中力アップ
生活習慣病予防

ではダイエットに効果があるのか?というとカプセル自体では痩せる効果が立証されているわけではありません。

ただ酸素を送られると効率的に燃焼してくれるハズですし、モノを燃やすには酸素が必要です。ランニング有酸素運動と言います。たくさん酸素を体内に取り込んで脂肪を燃焼させるってことで同じです。

燃焼量自体が普通に呼吸しているよりも増えることはあります。疲労が軽減されることで運動量も増えるので、相乗効果が大きく期待できるでしょう。運動の補助的な役割で酸素カプセルに入る方法が一番ベストかもしれません。


マイナス面も存在
ずっとプラス面を紹介しましたが、マイナス面もあります。
組織回復や血液には酸素が必要なのは事実ですが、酸素カプセルの有効性についてはまだ医学的に有効化は証明されていないと思います。プロの選手がいいといっているのであって普通人が入って、どのように感 じるかです。

また酸素摂取は老化の原因にもなります。活性酸素も増えますので、命の時計を早回しにするような感じと思ってください。当然早まわしにしますから、怪我や骨折も早く治りますし、その一環で早く老化します。

酸素カプセルのみに頼るダイエット方法ではなくて、一部として取り入れるのが一番良いと思います。本格的に取り入れたい場合はやはり自分の症状や疾患に合った入りかたを、理解している医師などに聞いて入れば、良い効果をもたらすと思います。

よく考えれば、会社勤めの社会人は、残業や連日の接待で夜忙しくても、日中、横になって休むことはなかなかできない。そんなときに、眠りやすい環境で1時間でも横になって休むことができる高圧酸素カプセルは、絶好の仮眠空間といえ、酸素が体にいいというプラシボ効果も重なって、現代人の心と身体を癒しているのかもしれません。