手 軽 さ 50/100
コ ス ト 70/100
アレンジ30/100
身体負担70/100
知  識10/100
ペ ー ス 50/100
レコーディングダイエットとは?
レコーディングダイエット世の中にあるダイエットの中で、もっとも簡単なダイエットといわれているのがレコーディングダイエットです。理由は書くだけで痩せられるからです。

朝ごはん、昼ごはん、夜ごはん、そして間食などの食生活を毎日書くだけで自然にダイエットが出来るというとても素晴らしいダイエット方法なのです。

簡単にいえば食べた物を日記などに記録していくのがレコーディングダイエットです。全く違う、新しい発想のダイエット方法です。

しばらくレコーディングダイエットを続けることによって客観的な目で自分の食事内容を認識することができます。レコーディングダイエットのポイントは食べた物を記録することで、常に体重を意識することができることです。

ダイエットに対する意識を高めていくために非常に有効な方法としても知られています。運動する時間が無くても、工夫次第でダイエット効果を得るための方法を毎日の生活の中に取り入れることは可能です。

極端な食事制限や、激しい運動は必要ありません。 具体的な制限といえば、一日のカロリー摂取量の合計を設定し、女性は1500kcal以内に、男性は2000kcal以内に抑えることです。

食事内容を書き出すだけでなぜ痩せれるのか、その仕組みは書くことで、1日に食べた物を振り返って反省をすることが出来るからです。計るだけダイエットと合わせてするのが効果的です!

向いてる人
①食事量が標準以上の人
例えば常に何かを食べている人、テレビをみながらお菓子をつまむ人、食べたいものを食べたいだけ食べている人、コンビニに用もなく立ち寄りお菓子を買ってしまう人などでやせの大食いではない人向けのダイエットです。

②マメな人
最大の特徴であるのがレコーディングすること。 「面倒臭がりだから」「細かいことが苦手」などでこの「記録する」が続かないと意味がありません。


ダイエット方法
①自分が飲食したものをメモ帳やアプリ等に記録する。

②自分が飲食したものを自覚する。

③太った原因を確認する。

④その日に飲食するものを決める。

⑤自然にダイエットに成功する。


理論としては、大食いの人は自分が大食いだと自覚はしている人も、ちょこちょこ食べのせいで自覚していない人も実際に自分が1日どれ位の量(カロリー)を食べているのかはっきりと知らない場合が多いハズです。まずは、記録する事によって、自分の食べ方を知るということです。

最初は分析するのと、記録するクセをつけるため、カロリー計算をせずにとりあえず食べたものを書き残しておく。

それが無理なく続けれるようになる頃には大体自分がどんな時にどんなものを食べているのかを把握できるようになるので今度はそれらの食べ物のカロリーを知ってみるように意識する 。→食品別カロリー 一覧

またある場合は、無意識でつまんでいたものにも書かなければと「意識」するようになり、時にはその書く事がメンドクサイという気持ちが働き、食欲を抑えれる場合もあります。


実際夢や目標を日記に書いていると夢が叶いやすくなるというので、ものを「書く」ことは分析するクセがつくので役立ち力になると思います。



記録方法
レコーディングダイエットの基本的な方法は、前にも書いたとおり、「食べたものを記録する」 ということですが、具体的にはどうすればいいのか難しいですよね!
まずメモ帳やアプリ等をひとつ、用意します。 →日記帳・アプリ特集

おすすめはパソコンで簡単に記録できるフリーソフトを活用することです。最近では高機能なものもありますが、おすすめはこちら。
→ダイエットフリーソフト ダウンロードページ(サイト内)

そして、朝食・昼食・夕食、それぞれの食事でのメニューをひとつずつメモしていきます。
例えば、

朝食:ごはん、味噌汁、焼き鮭、玉子焼

昼食:スパゲティ、サラダ、コーヒー

間食:チョコレート一切れ

夕食:豚の生姜焼き、きんぴら、ポテトサラダ、ごはん

夜食:アイスクリーム

まずは、こんな感じでメモすればよいでしょう。 食べたものを全て、記録してみましょう。とにかく、これを毎日、毎食に関してメモを続けることが大切です。特に食後すぐにメモした方が、食べ過ぎたから次の食事で調整しよう、という気持ちになります。

しばらく食事メモを続けていると、自分の食生活の傾向が解ってきます。カロリーの高いものや、肉が多めで野菜不足など。そうすると、「食生活を改善しよう!」という気持ちになってくるものです。

自分のパターンが見えてきたら、1日の摂取カロリーの目標を設定してみます。個人差はありますが女性は1500kcal以内に、男性は2000kcal以内とされています。 なるべくそれを目標にして、食生活に気を遣うようにしてみましょう。 もし、決めたカロリー分以上摂ってしまった! という場合は、翌日・翌々日で計算が合うようにすればいいんです。

また、食生活を把握してからでよいですから、なるべく毎日体重計に乗るようにもしてみましょう。

とにかく、自分の身体の声に耳を傾けるのがレコーディングダイエットの基本だと言えます。



注意点
書かないことがあると、一食でもその時点でカロリー計算が不可能になりますから、折角のその他の記録が実質的な意味を成さない物と化してしまいます。

もし間食や夜食を記録しないとなれば、これも問題となります。従って細かい様ですが、仕事の合間に飴を舐めたとかコーヒーを飲んだ、こういう類の些細な飲食も含めて、口から入れた物は全部漏らさない姿勢で、几帳面に記録しておく必要があるのです。

特にこの類の間食に関しては、記録を怠る人が多い様子ですから、注意が必要となります。

実はレコーディングダイエット期間中であるのも拘らず、体重が増加してこのダイエット方法に憤りを感じている人の中には、この種の間食の記録を忘れてカロリー計算している人が、相当数存在するという報告があります。

然しながら当然、間食からもカロリーは体内に蓄えられる以上は、間食もカロリー摂取量に含めておく必要があるのです。

次にレコーディングの時間帯の問題ですが、1日の終わり即ち夜の就寝前に、今日の食事を全部記録するという方法は、実際には決して望ましくないのです。何故なら多忙な日になると、 朝食や昼食に何を食べたか或いは間食をしたかどうか、こういう記憶が薄れてしまう可能性が大きいからです。できる限り食後すぐに書くようにしましょう!そう考えたらアプリは手軽でおすすめです!



フリーソフト紹介コーナー「食事管理記録表」
毎日の食事のメニューを記録し管理することができます。体重も合わせてチェックすることで日々の推移をグラフで表示していますので一目瞭然!毎日のダイエットに役立てましょう!



詳細説明
入力する項目は、体重及び食事内容とカロリーになります。体重は入力しなくても大丈夫。
食事内容とカロリー、体重を合わせて記録することで、どのようなものを食べたら痩せていくのかという分析にも非常に役立ちます!

機能一覧
・毎日の摂取カロリーを自動判定しますので食べ過ぎをコントロール

・前日比で色分けされるので危機感ももてます。

・カロリー計算も一覧で早わかり

・適正カロリーを常に意識できるので、自分で目標設定することが容易で、しっかり体重管理を頑張れます!

・デフォルトで1年間のデータ入力が可能(2014年対応)なので、長期的に使用できる為、体重管理がとても簡単です。

※ 詳細は本編の「はじめに」を参照してください。


食事管理 フリーソフト




動作環境
ソフト名:ダイエット食事管理記録表
動作OS:Windows 8,7,Vista,XP,Win2000(EXCEL2007以降で動作します)
種類:フリーソフト
機種:凡用
作者:比較!ダイエット方法ランキング~運動・食事・生活~

ダウンロードExcel 135KB(ZIP)





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!

l>