手 軽 さ 70/100
コ ス ト 30/100
アレンジ70/100
身体負担50/100
知  識30/100
ペ ー ス 50/100
置き換えダイエットとは?
置き換えダイエット置き換えダイエットとは、普段の食事をダイエット効果が期待できる決まった食事に置き換えるというダイエット方法のひとつです。

1食に摂取するカロリーは人により違うと思いますが、うどんのみで600Kcalありますから、それ以上の人が多いのではないでしょうか?

当然ダイエットをしていない人ならこのカロリーは正常値で全く問題ありません。しかしダイエッターにとっては同じ満足度でカロリーを抑えたいと思うでしょう!そこで出番なのが食事置き換えダイエットです。

1日3食のうちの1~2食をダイエット食品やプロテインなどに置き換えるダイエット法のことで、1日あたりの摂取カロリーを減らして痩せることを目的としており、置き換える食事は夕食が一番効果的とされています。

食事代替型ダイエットの基本は、「エネルギー収支」。使われる熱量と食べて取り入れる熱量の2つをみて、前者が多ければ徐々に痩せるし、後者が多ければ徐々に太るというシンプルなもの。

そして断食ダイエットと異なるのは必要なビタミン、ミネラルやタンパクは通常量を摂取するという点です。

1食抜いてカロリーを減らす方法よりも健康的ですし、空腹によって仕事や勉強などに支障が出ることも抑えることが出来るので画期的な方法と言えるでしょう!

置き換えダイエットが成功するかどうかのポイントは、やはり「通常摂取している食品を、どんな食品に置き換えるのか」ということでしょう。

現在では本当にたくさんの置き換え食品が販売されており、きっと探すと飽きることなくダイエットできるはずです。

自分に向いているダイエット食品を選ぶことが、置き換えダイエットを成功させるためのコツと言えるのです。

置き換えダイエットをすることによって確実にカロリー数が減らせますから、置き換えダイエットを続けてダイエット効果が無いということはありえないと思います。

しかし、実際には途中で置き換えダイエットをやめてしまったり、空腹感を満たすためにダイエット食以外の食事でカロリーを摂り過ぎてしまうという失敗をしてしまう人も少なくないようです。


置き換えダイエットのすすめ
置き換えダイエットは食事制限によるダイエットですから、置き換え用食品には必要な栄養分がきちんと含まれているものなど、体に負担をかけることのないものを選ぶ必要があります。

置き換える食品のカロリーは、1食分当たり50~200kcalと低カロリーで満腹感が得られるものが多く、現在では置き換え用食品としてダイエット食品が数多く販売されています。

それらの中から選ぶ時には、各商品の成分を必ずチェックすることが大切で、ダイエットで不足しがちなビタミンやミネラル、鉄分などの栄養素だけでなく、食欲や吸収を抑制する成分が含まれているものもあります。

それさえ気をつけておけば置き換えダイエットは健康的なダイエットですので、リバウンドしやすい無理なダイエットを望まない人や、急激な減量を望まない人にもピッタリです。

おかゆをはじめ、パスタやラーメンなど麺類もあり、バラエティー豊かなメニューがあるのですが、しかし料金が高めな分、毎日食べようとするとけっこうな出費になります。ある程度の経済力も必要となります。



置き換えダイエットの種類
食事タイプ
食事タイプとは、レトルト食品や雑炊、麺類など固形物を食べる置き換えダイエットです。冷凍食品でも色々なものが出ていますし、一番自然に近い形で痩せれるかもしれません。

例:ふすま
クッキーやパンなどがあります。特にふすまパンは、ビタミン・食物繊維が豊富で、選ぶならぜひふすまパンを選びましょう。
菓子パンと比較してカロリーを比べると、驚きます。どうしてもパンを食べたい時にはおすすめ。

例:マイクロダイエット
カロリーを抑えつつ消費カロリーを増やして痩せるマイクロダイエットの原理。カロリー少なくても普通の食事よりも栄養価が高い。
ので痩せることが出来る。
長所・・・続けられれば確実な効果アリ。肌も綺麗になります。
短所・・・値段が高い。止めると即行リバウンド。



ドリンクタイプ
最も一般的な置き換え食品です。ドリンクと一言にいっても、プロテインやシェイク、スープ、味噌汁など、幅広いドリンクを扱っています。最近では酵素を使ったものも多くあります。

例:酵素ドリンク
体内で酵素が増えていくと、代謝が上がる、宿便が排出される、基礎体温が上がる、デトックス、アンチエイジングなどの作用があります。
酵素を摂取するのは、本来体内をリセットする為ではあるのですが、ダイエット効果というのもその1つです。
代謝を上げたり、基礎体温を上げながらですので、痩せた後もリバウンドしづらいのでオススメです。


クッキータイプ
小麦ふすまやおから、豆乳などで作られたクッキータイプの置き換え食品です。

例:ダイエット豆乳クッキー:
クッキーでおからや豆乳の他にも低糖のものとかたくさんあります。家に置いておくと普通のお菓子感覚で深夜とかに普通に食べたくなっちゃいます。
コレを定量で我慢できる忍耐強さがある人は、きっとどんなダイエットも成功するかもしれません。
長所:美味しい
短所:満腹にならない。


ゼリータイプ
寒天やゼラチンなど、カロリーのない素材を使って作られた置き換え食品です。

例:プチシェイク
夜の使用は危険。甘くて美味しいうえに量が少なく、満腹にはならないのでかなりの我慢が必要です。
朝食や職場のお昼とか、たとえ空腹になっても他の物を食べない(食べられない)
環境に居る時の使用がいいと思います。
長所:数あるダイエット食品の中でも群を抜く美味さ。値段も手頃。簡単に作れて手間が無い。
短所:満腹感ゼロ。


メリット&デメリット
まずメリットは…
置き換えダイエットのメリットは、自分の体調や生活のレベルを気にすることなく人を選ばずに簡単に痩せるができることにあります。

さらに現在では市販の置き換えダイエット用の食品も様々なタイプが発売されており、食事タイプでは野菜、海草など、ドリンクタイプ、クッキータイプ、それ以外にフルーツなど、置き換えダイエット用にはいろいろなカロリーの少ない食品が活用できるので幅広く選択が可能です。

それらの食品を飽きない程度に違うものにすれば、ダイエットを継続して無理なくできるでしょう。置き換えるだけという簡単な方法で、確実にカロリー摂取量を減らすことができるので、とても効果的に体重を減らすことができます。

1食抜くような無理なダイエットではなく誰でも1日3回の食事は当たり前なので、身体に負担もかかることないうえに、ダイエットしていることを忘れてしまうようなことも無いのが利点です。

先を見据えて長期間続けやすいダイエット方法だといえるのは、食品を準備する手間もかからず簡単だからです。

メリットのまとめ
①食事制限がないのでストレスがたまらないこと。

②薬ではないので副作用がゼロ。

③色々な食事メニューの種類があるので飽きずに続けられること。

④栄養バランスがとりやすいことと、食べる量を今までより超えなければ確実に痩せる事にあります。
デメリットは…
①経済的な負担があること。

②置き換えダイエットをやめた時にリバウンドする可能性があること。

これが最大の欠点でもあります。

ダイエットが成功したとして、普段の食事に戻すことにより、摂取カロリーが増えることでリバウンドしてしまう可能性が高くなる。
置き換えダイエットは、現在1日の摂取カロリーが多い人や、ダイエットの初期段階のキッカケづくりとして利用するようにするのが最適。

1食を置き換えつつ、他の食事でもカロリーを少しずつ減らしたり、運動を組み合わせるなどの工夫をしなければ、継続したダイエット効果を得られるのは難しいです。





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!