手 軽 さ 70/100
コ ス ト 50/100
アレンジ30/100
身体負担50/100
知  識70/100
ペ ー ス 30/100
おでんダイエットおでんダイエットなら無理なくお腹いっぱい食べて痩せる?!

ダイエット中は好きな食べ物を我慢したり、腹8分目を心がけてすぐにお腹がすいたり…結果的にストレスからドカ食いして、泣く泣くダイエット失敗なんて経験は誰しもありますよね?

そんな中おすすめなのはおでんダイエット!実はおでんはダイエット中の強い味方なんです。

やり方は、毎日おでんを食べるのですが、なによりいいところは、簡単に作れて、手間が省けるというところです。

前日の夜に作ってもいいでしょうし、朝のうちに作ってもいいと思います。
一度作ると、その日1日3食分は作れます。3食ともおでんにする必要はありませんが、1日のうち1食はおでんにしてください。ダシはそのままに具だけ足していけば経済的にも助かります。

おでんの具材と言えば、こんにゃく大根・はんぺん・煮玉子・昆布…等など。いろいろ浮かぶと思いますが、大半はヘルシーな物が多いのです!更に、おでんの定番のこんにゃくや大根には食物繊維が多く含まれており、お腹で膨れて満腹感が得られると同時にダイエット中にありがちな便秘も解消できちゃいます!

コンビニエンスストアで売っているおでんの一番大きい器に、たっぷり具材を入れても約450kcal程度でした!ただし、もちろん中には厚揚げやウィンナーや餅きんちゃく等の高カロリーな物もあるので、150kcalを越える具材のものは1つに絞りましょう。
おでんカロリー
おでんを使ったダイエット方法

詳しいおでんダイエットのやり方ですが、朝と昼は今まで通りの食事をし、夕食をおでんにするスタイル。晩酌をする人にとっておでんはおつまみにも最適なので一石二鳥です。
また、おでんを保温機能の付いたスープジャーに入れてしまえば、お昼のランチにも持っていけますので、いつでも大丈夫です。

毎晩コンビニだと高くつくので出来る限り手作りのおでんが理想的。おでんの素もスーパーに売っておるので簡単です。具材は定番の物から、たまねぎや練り物やちくわなどから大根・こんにゃく・豆腐・里芋・・ぎんなん・しらたきなど色々なものをアレンジできます。(大体400kcal~550kcalを心がけて)

これを昆布だしに薄口醤油、みりん、酒を加えた上品な味のスープで味をしみこませます。和風の味に飽きてしまった時は、ゆず胡椒や味噌を付けたり、出汁をコンソメやトマト風味の洋風に変えてみたり工夫すると良いですよ!

白いご飯はおでんにあまり合わないので、ご飯の量も減らすことができるでしょうし、腹もちが良いので無理に食べなくても満足出来ます。


注意点は、おでんと言っても、なにを食べてもいいというわけではありません。
おでん=低カロリー。
だと思いがちですが中にはやはり高カロリーなものもあるようで練りものやウィンナー、牛すじなどが高カロリー組になります。

できるだけ低カロリーなものを選びましょう。具体的には、こんにゃくや大根などです。
食物繊維も豊富なので、積極的に食べてください。

牛すじやたまごも、食べすぎなければタンパク質ですので、OKです。代謝が落ちないようにタンパク質を摂取しておきましょう。

逆にあまりよくないのは、練りもの、天ぷら系です。
カロリーが高いですし、ダイエットに大切な栄養素はそんなに含まれていません。

コンビニのおでん鍋を見れば分かりますが、今やおでんはあらゆる具材が使われています。それら全てを「好きな物ばかり」選んで食べていれば、ダイエットどころか太る原因になってしまいます。具材を選んでこそのおでんダイエットです。

そして普通のダイエットなどと同じくおでんダイエットにも“食べる順番”が成功の鍵になっているそうです。
寿司通が食べる順番に拘わる様に、ダイエットに拘るならおでんにも食べる順番があります。

どんな食事でも同じですが、太り難いとされるのが野菜です。おでんで野菜の具材と言えば、大根がメインになるでしょう。

練り物やお肉を使った具材はカロリーも高いのでほどほどにして、こんにゃくや大根などの具材が良いことは間違いありません。
それでは味気がない?

いやいや、おでん鍋には多種多様な具材から沢山の出汁が出ています。
おでんダイエットを成功させるか否かは、選ぶ具材がポイントであることに間違いありません。練り物や炭水化物のちくわぶなどはほどほどに、極端に言えば、「こんにゃくと大根メインでいきます!」くらいで望むことが、おでんダイエット秘訣でしょう。

こんにゃくは噛み応えがあるので何回も噛むことによって満腹度がますのでたくさん食べたいと思う方はこんにゃくを二個や、三個買ってみてはいかがでしょうか。

大根はよく味がしみてるし一見、高カロリーそうにみえますがじつは食物繊維などが豊富なそうで便秘改善効果にも期待できるそうです

。煮込んで柔らかくなっていますが、早く食べてしまっては効果が半減しますので、ゆっくりと噛みながら食べてください。よく噛むことで満腹になりやすいです。野菜系を食べてから、タンパク質の豊富な食材を食べます。

そして、難しいところは、おいしくて思わずたくさん食べてしまうというところと、おでんばかりだと飽きてしまうというところです。食べる具が限定されているので、毎日同じようなものなら飽きてしまうかもしれません。

そうならないように、たまに味付けを変えてみたり、トマトを丸ごと入れるなど、あまりおでんで見かけないような具を入れてみるのも、飽きない工夫になります。

コラーゲンや食物繊維もたっぷりですので、美肌効果や便秘解消にも役立ちます。
ダイエットだけでなく、美容効果も期待できますので、ぜひおすすめします。



おでんダイエットの効果

おでんダイエットについてポイントや効果を調べてみました。

なぜおでんなのか、その理由のひとつは、満腹感が得られやすいことにあります。水分をたっぷり含んだおでんは意外と少量でもお腹に溜まりますよ。食べすぎを防げます。

また、おでんは具材の種類がとっても豊富です。毎日1食を置き換えると飽きてしまうことが懸念されますが、具材を選べば飽きにくいです。ベースとなる汁に好みの調味料をちょい足しすれば、味も簡単に変えられますよ。おすすめは、ショウガや味噌、豆板醤です。カレー粉やトマト缶も意外と美味しいですよ。

さらに、食事制限のダイエットでは栄養素が不足しがちですが、おでんなら比較的栄養バランスが優れています。代謝を上げるために必要なたんぱく質は練り物や卵から取れます。つみれにはカルシウムが入っています。ジャガイモと大根にはビタミンC、さつま揚げには女性に嬉しい鉄分も含まれています。

そして、熱々のおでんは食べるだけで体を温め、代謝アップにつながりますよ。
もしプラス効果を狙うなら、不足している野菜を加えて煮込むことがおすすめです。ホウレンソウや水菜を足すと見た目も良く、栄養バランスもさらに良くなります。トマトを丸ごと煮込んでも良いですね。

自分で調理すると塩分やカロリーが調節できますし、節約にもなります。しかし、コンビニのおでんに頼れるのもこのおでんダイエットの魅力です。自分に取り入れやすい方法で続けてみてくださいね。




おでんダイエットのメリット

おでんといったら、冬に必ずといって食べる料理ですね。
夏でもおでん好きな人は、食べていると言う人もいるほど、人気のある料理です。
そのおでんは、ダイエットにも最適なんです。
その内容について、まとめてみました。

①野菜が多い
ダイエットをする時には、野菜を多く採ることが大切です。
それは、まずカロリーが低いと言うことですね。
そのため、できるだけ多くの野菜を採ることが大事と言われています。

また野菜を多く取れるということは、食物繊維を多く採ることができます。
食物繊維が多いと、便秘を予防することができますね。
ダイエットをする時には、その便秘を解消することが大事なのです。
そのため、おでんに野菜と多く含んでいることは、ダイエットに繋げることができます。

②料理が簡単
ダイエットをしたいと思った時、その料理が面倒だと、いくらダイエットによいと言われても、つくることができません。
ダイエットをする時には、特に簡単につくることが出来るものが大事です。
その点、材料をいれて煮込むだけでいいので、とても簡単につくることができます。

③タンパク質が豊富
ダイエットをする時には、しっかりとタンパク質を採ることが大切です。
そんな時、おでんにははんぺんなど良質なタンパク質を含む材料があります。
魚などの練り物が多いところも、タンパク質を豊富に採ることができますね。

④温かいまま食べることが出来る
冷たい食べ物よりも、温かい食べ物のほうが、ダイエットをするには適しています。
それは、体の燃焼を助けることができるからです。
代謝を高めることができるので、その点でダイエットを成功させることができます。
おでんを作った時に、時には辛しや唐辛子と一緒に食べることもあります。
そのことも、体の代謝を高めることができるので、とてもよいことですね。

⑤こんにゃくを材料として選ぶ
こんにゃくといえば、おでんの定番となっています。
そのこんにゃくには、カロリーがほとんどありません。
そのため、とてもよい食材となります。


一つ注意することがあるとすればおでんを買いに行く時にコンビニに行くのでつい他のものに目移りしそうになることがあります。

おでんだけじゃ物足りないから焼き鳥も買っていこうなど甘い考えが出てしまうとせっかくのおでんダイエットがうまくいかなくなってしまうのでそこには気をつけてみてください。


1年を通して食べれるおでん
おでんは寒い時期に美味しく感じます。
低カロリーの食材が多くても、ダシの旨味でとても美味しく感じます。おでんだけではなく、鍋ものなども活用すれば、味にバラエティーが出ますし、美味しくダイエットができると思います。

また、夏は暑いのでおでんを冷やして食べると美味しいです。
スーパーなどでも手軽に味わえるおでんが販売されています。

冬は加熱して温めますが、夏ならばそのままか、あるいは冷蔵庫などで冷やしたおでんを食べるとより美味しく感じると思います。

すぐに食べたい場合は、コンビニのおでんが手軽で便利です。
季節限定になりますが、忙しい時でもすぐに食べられるのが嬉しいところです。

自分で作ると味が上手くいかないこともありますが、コンビニのおでんは美味しいですし、味に間違いはほとんどないでしょう。

秋は食欲が増す季節で太りやすくなります。
おでんでヘルシーに美味しくダイエットをすれば、辛くて苦しいダイエットに悩まされることが少なくなるかもしれません。

おでんだけならヘルシーなのでダイエットに向いていますが、それと一緒にご飯などを食べ過ぎないように気をつけたいものです。
最初にお腹いっぱいのおでんを食べてしまえば、主食の炭水化物をそれほど食べたいとは思わなくなります。





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!