手 軽 さ 70/100
コ ス ト 50/100
アレンジ30/100
身体負担50/100
知  識30/100
ペ ー ス 30/100
何かをしながらダイエット忙しいけどダイエットに運動をとり入れたい人のための方法があります。簡単に言ってしまえば、何か別のことをするついでにダイエットをするわけです。

例えば通勤のための電車を一駅手前で降りて会社に歩いていけば、通勤のついでにウォーキングをするという「ながらダイエット」になります。

通勤に自転車を利用することも、もってこいの方法です。また、通勤に限らず、買い物に車で行かずに歩いて行くとか、ながらダイエットのテクニックを使えばダイエットのためだけに使う時間を減らし、時間を有効に使うことできるので「スボーツクラブへ入会したけど結局忙しくてほとんど行ってない…」なんていう方におすすめしたいテクニックです。

ダイエットをしたいけれど、食事制限は嫌!でも運動も嫌い!そんなわがままな人にも満足してもらえるのが何かをしながらダイエットです。

ダイエットに時間をかけれない方や運動などに集中したくない方は特に必見のダイエット方法だと思います。効率よく何かをしながらダイエットで着実に痩せましょう。

具体的にどのようなものがあるかと言いますと、
料理の後片付けの際に、食器類などを洗いながらかかとの上げ下げをしたり、足を後ろに上げたりする方法です。お皿洗いの時だけではなく、電子レンジの待ち時間や掃除機をかけながらも行えます。

外でも信号待ちや電車、バスを待っている合間にもできます。本当に立っているときは常にかかとの上げ下げができるので、意識さえすれば気軽に行える運動になります。

かかとの上げ下げを空いた時間にくり返すことによって足首が細くなる効果があり、ふくらはぎもスッキリと見えるようになります。

また、足を後ろに上げるのはヒップアップ効果があります。
足を後ろに上げる運動はお尻の筋肉を意識して行うとより効果的です。
他にも足を横に上げると気になる腰回りのサイズダウンが出来ます。

どうしてもバランスが取りにくい場合は片手をどこかにつくと安定するのでいいです。

少ない回数でも毎日継続して行うことで効果が発揮されます。このように何か作業や仕事をしながらできる運動がながらダイエットの基本と考えて良いでしょう。



ながらダイエットの利点
テレビを見ながら、鼻歌口ずさみながら、寒い日でも、雨でも、夜でも、わざわざ、外出しなくても自分のライフスタイルにあわせて、運動できるのがながらダイエットの最大の利点です。

まず他のことをしながらだと、時間がたつのも早いですし、忙しい人にもぴったり。さらにウォーキングマシンやサイクリングマシンを使えば、普通30分外をウォーキングしようと思うと、外出する服装に着替えたり、身だしなみもある程度必要ですし、天候や時間の制限、色々な制限があり結構いやになってきます。

ところがウォーキングマシンの場合だと、テレビとか、音楽聴いて歩くとあっと言う間に時間がたちますし、着替えたり準備をする時間も必要がないので、より効率的に時間を使えます。

車社会の現代人は、どうしても、歩く機会がなくなってきているので、こう言った機械があるのはうれしいですね。お風呂に入る前など手軽にできるので痩せることをあまり意識せずにダイエットに励むことができるので、ストレスを感じることも少ないでしょう。



おすすめながらダイエットの実践方法

★立っている時
料理や歯磨、ドライヤーなど日常生活で立っている状態の場合で腰回しやスクワットを行う。
腰回しは、右から20回‥左から20回‥
足は肩幅程開き、を少し曲げて腰だけ動かすようにして 腹筋を意識します。
スクワットは、踵をつけて爪先を出来るだけ開いてします。膝を伸ばす時に内股とお尻にグッと力を入れて絞るカンジを意識します。

まずヒップアップは両足の踵・内ももを合わせてお尻に力を入れるだけです。大体10秒間ほど状態をキープすることを心がけましょう。さらに踵を上げてキープすることで、足痩せ効果もあります。
その他には立っているときはへそをおもいっきりへこませる。30秒程度持続することで腹筋に負荷がかかります。

★座っている時
テレビや読書など座っている時は、ストレッチができます。
ちょっと痛くて気持ちいいくらいの所で止めて、ゆっくり息を吐いてリラックスします。
二の腕が気になった時は、腕立て伏せや軽いダンベル運動も効果的でしょう。
また腹筋運動もテレビをみながらすることもできます。少しお腹に力を加えるだけで効果を実感できるはず。

★アイテム
室内で使えるアイテムとしてはダイエットスリッパであったり、アンクルウェイトはおすすめです。
皿洗い中にお尻を意識して踵から後ろに蹴るような動作をしたり、色々試してみて、自分に合うエクササイズを見つけることが大切になります。

★寝ている時
横になる、寝ながらできることは寝ヨガ・ストレッチ、足上げなどができます。

★椅子に座っている時
椅子に座って勉強したり、デスクワークでパソコンや机に向かっているときは太ももにペットボトルをはさむだけで太もも痩せ効果があります。
椅子にすわりながら膝を交互にゆっくりと胸へ近付ける(浅く座って引き寄せると同時に前かがみになる。腹筋する感じ)

椅子に座っている時、腰を楽にしておへそを上に向かせる感じから前に押し出す、繰り返し繰り返し
(椅子に付いてるお尻の面積を増やす→減らす感じ)

★入浴中
入浴中はお風呂で気になるところをマッサージできるほか、水中は負荷がかかるので、手を水中で伸ばしてグーパーするだけでも腕に相当な負荷がかかります。

★洗濯物をたたむ時
正座で背筋を伸ばして座り、取り込んだ洗濯物は正面に。それをたたんで、種類別に交互に置いていくように工夫します。
ウエストまわりの引き締めに効果が期待できます。