手 軽 さ 70/100
コ ス ト 50/100
アレンジ30/100
身体負担70/100
知  識70/100
ペ ー ス 50/100
キウイダイエットキウイダイエットという方法があります。 バナナダイエットと共通点がいくつかありますが、食事にキウイを取り入れるというシンプルな方法なので誰でも簡単にはじめることができます。

キウイにはカリウム、ビタミンC、食物繊維などが多く含まれています。
お腹を調整し、ダイエットをサポートする働きがあります。

ダイエットで食事量が減ると、栄養バランスが乱れたり便秘になったりしやすくなります。そうなると肌も荒れるので困る人も多いでしょう。

そこで役に立つのがキウイです。ビタミンやミネラルが豊富で、便秘予防に効果がある食物繊維が豊富なんです。キウイは低カロリーフルーツなので、生活習慣病予防やダイエットにはうってつけの食品です。

キウイを食べた人の尿の中から8ーエピプロスタンジンという物質が減ったという報告があります。

この物質は、体内の細胞が死ぬときにできる成分なので、キウイによって、細胞の老化が抑えられたということになります。キウイを食べ続けると、細胞が元気になって長生きするということです。

そして値段も手頃。そんなにすごいフルーツだというイメージはないかもしれませんが、効果は侮れません。肌の若返りに必要なビタミンCとビタミンEがキウイにはたっぷり含まれています。キウイには、ダイエットとスキンケアの両方が期待できるということです。

便秘の改善や予防などに効果があり、カリウムの成分が余分な水分を絞り出し、むくみの改善にも効果があると言われています。


キウイダイエットの方法

ダイエットとしてはとても楽な方法です。大流行したバナナダイエットをキウイに変えたのがキウイダイエットです。バナナダイエットと同様で、朝食のメニューをキウイと水分のみにするだけです。

1食あたりキウイ1個のカロリーは約50kcalです。流石に1個だけだとお腹が空くかと思いますので、3個くらいまでなら問題ありません。

そして水分はとくに水でなくても野菜ジュースなど、どんなものでも可能で、いずれにせよキウイと水分のみということが大事なのです。

キウイはバナナよりもカロリーが低く、バナナと同等のカロテンやカリウムを含み、さらにミネラルやビタミンが豊富で美肌効果も期待できます。

バナナを食べるとニキビができやすくなる、なんて話を聞いたことがありますが、そういった方にはぜひキウイダイエットをおすすめ致します。

一種の置き換えダイエットです。キウイは、消化・吸収を良くして、脂肪吸収を抑制してくれます!なので、キウイを食べればお昼や夜は何を食べても大丈夫です。肉や油もの、スイーツもOKです!

朝食に食べることで、消化や吸収を良くする効果をよりよく発揮します。
キウイが効果があるのは、一年中手に入るということで、継続が可能だということが良い点です。

昼食や夕食のお誘いを断ることがなくなり、思い切ってダイエット出来るのが良い点ですね。

効果を高めるためには、を一緒に飲むことです。水を一緒に飲むことで酵素の働きが活発になり脂肪燃焼を促進します。初めはキウイ数個で物足りないと感じますが、慣れてくれば気にならなくなります。キウイは皮に栄養が豊富に含まれているらしいので、飽きてきたら皮ごとジュースにするのもお勧めです。


キウイダイエットの効果

キウイにはビタミンC、ビタミンE、アクチニジン、食物繊維、カリウムが含まれています。食物繊維はダイエットの敵である便秘の改善に効果があり、カリウムは余計な水分を排出してむくみの防止に効果があります。

しかもバナナに比べてカロリーが低く、食物繊維とビタミンが豊富です。つまりキウイはダイエットに適した果物だと言えます。

ミネラルやビタミンが豊富に含まれているので、さらに美肌効果や、生活習慣病の予防、老化予防など美容効果も高いです。

低カロリー
キウイは、1個(100g)あたり約53キロカロリーで、ショートケーキに例えるとおよそ1/8カット分に相当し、とても低カロリーです。

ちょっと小腹が空いたときなどお菓子ではなくキウイを食べることによってカロリーが抑えられ、お菓子にはない他の栄養素も摂るこができるのでおすすめです。キウイは手軽なのも魅了です。皮をむかなくても半分にカットしてスプーンですくうだけです。

また、食物織維が水分を吸って膨らむため、ほどよい満腹感を得られ、食べすぎを抑えることができます。

整腸作用
ダイエットをすると食べる量が減るためどうしても便秘になる傾向があります。便秘になると代謝が落ちるので避けたいものです。キウイを毎日2個ずつ食べた人の約8割に便通が改善される結果が得られました。これは、キウイに多く含まれる食物繊維が消化器管内で水分を吸収し、膨張することによって便の量が増え、排世を促すためです。

アクチニジン
キウイにはたんぱく質分解酵素アクチニジンが含まれ、たんぱく質の消化を助ける働きがあります。
酵素は加熱すると死んでしまうので、効果がなくなります。キウイを食べる時は、できるだけ生のまま食べることをおすすめします。

ポリフェノール
身近な果物に含まれるポリフェノールの量を調べたところ、キウイには最も多く含まれていることがわかりました。ポリフェノールは赤ワインや緑茶に多く含まれる成分として知られていますが、強い抗酸化作用があり動脈硬化やガンの予防効果が期待できます。


ポイント キウイダイエットのポイント
このダイエットの注意点は3つあります。
①キウイは生で食べること
加熱するとビタミンCが壊れてしまいます。
キウイの栄養素をそのまま取るために、加熱したり冷凍したりしないで生で食べるようにしましょう。

②常温の水を飲むこと
冷えた水は絶対にダメです。キウイの消化促進の効果がなくなってしまいます。
朝食をキウイと水で過ごすことで、ダイエットの効果がより高くなります。

③寝る直前は食事しないこと
寝る前の一時間は我慢してください。




キウイ栄養成分情報
キウイダイエットの進め方ですが、当然キウイのみを食べているというのは栄養不足になり、危険ですので注意しないといけません。

ですので朝食ではキウイにヨーグルトを混ぜて無糖で食べたり、ミキサーなどで他のフルーツと一緒にジュースにするのも有効だと思います。

下記はバナナとキウイの栄養を比較してみました。
どちらもダイエット食材としては優秀なのですが、若干キウイに軍配が上がるようです。

100gあたり キウイの栄養 バナナの栄養
熱量(カロリー) 53kcal 86kcal
タンパク質 1g 1.1g
食物繊維 2.5g 1.1g
炭水化物 13.5g 22.5g
カリウム 290mg 360mg
ビタミンC 69mg 16mg
脂質 0.1g 0.2g


キウイはマタタビ科の果実なので、黒い種は果肉と混ざり合う事で酸っぱさが増し加えられるという事のようです。

ビタミンCが沢山入っているので、これは白血球の働きを助けるのに一役かっています。

カリウムは心臓の筋肉が硬くなったりするのを治してくれます。
カルシウムは骨を丈夫にしてくれたり、イライラ感を緩和してくれる働きがあります。

ポリフェノールがダントツに多く入っているので体がさびないという効果もあり、いつまでも若々しさを保てますね。

キウイ豆知識
キウイの原産国が中国だということは案外知られていないのではないでしょうか。キウイフルーツの原産地は中国の揚子江沿岸です。マタタビ科のつる性植物でチャイニーズグーズベリーと呼ばれていました。

1900年ごろに中国からニュージーランドにその種が渡り、栽培改良がはじまったそうです。果実の外観が、飛べない鳥「キーウィ」に似ていることからこの名前がつきました。今では、 日本を含む世界各国で栽培されているおなじみの果物です。

日本に輸入されている約9割がニュージーランド産で日本と季節が逆になるので5月~12月にかけて出回っています。



キウイを使ったレシピ集
キウイスクランブルエッグ(223kca l/塩分1.3g)
●材料 (1人分)
キウイ 1個
卵 1個
タマネギ 1/4個
バター 小さじ1
トマトケチャップ大さじ1
A(牛乳大さじ2、塩・コショウ 各少々)
●つくり方
①タマネギを薄切りにする。キウイの皮をむいて一口大に切る。
②卵をわりほぐし、Aを加えて混ぜる。
③フライパンにバターを溶かし、 タマネギを焦がさないように中火でしんなりするまで炒める。
④②を入れ、強火にして大きくまぜながら炒める。半熟になったらキウイを加え、 火を止めて手早く器に移す。
⑤ケチャップをかける。

キウイ酢豚(428kcal/塩分2.4g)
●材料 (1人分)
キウイ 1.5個
豚肉ロースかたまり 100g
ニンジン 1/14本
タケノコ 小1/2個
タマネギ 1/4個
干しシイタケ 1被
小麦粉 小さじ1
サラダ油 大さじ1/2
A 塩・ コショウ各少々、 キウイ1/2個(つぶしておく)
B 鶏ガラスープの素小1/4個、 水1/2カップ、 しょうゆ大1/2 水溶き片栗粉(片栗粉小1、水小1)
●つくり方
①豚肉を一口大に切り、Aで下味をつけて10分置く。
②干しシイタケを1/2カップのぬるま湯で戻す。戻し汁はこしてBに加え、石づきを切ってそぎ切りにする。
③ニンジンとタケノコは一口大に切り、下ゆでする。
④キウイとタマネギを一口大に切る。
⑤フライパンにサラダ油を入れ、小麦粉をまぶした①を中火で、 ときどき返しながら2~3分炒める。
⑥Bと②③④のタマネギを加え、煮立ったら中火にし、 2~3分煮詰める。
⑦水溶き片栗粉でとろみをつけ、キウイを加えてひと混ぜしてすぐ火を止める。




この記事を見た人は、こんな記事も見ています!