手 軽 さ 50/100
コ ス ト 30/100
アレンジ50/100
身体負担50/100
知  識70/100
ペ ー ス 50/100
きのこダイエットとは
きのこダイエットきのこは痩せるのに効果的な食材の1つでもあります。きのこダイエットの効果に迫ってみたいと思います!

食事制限ダイエットは空腹がつきもので、食べたいのを我慢するのがつらいです。空腹に耐えきれずついつまみ食いをしたり、ドカ食いをしてしまうこともあると思います。そして、ダイエットが失敗してしまうのです。

空腹を抑えてダイエットの味方になってくれるのがきのこです。きのこは低カロリーなのでダイエットに最適です。きのこには食物繊維が多く含まれています。

きのこ類には食物繊維が豊富なので、ダイエットの強い味方となります。利点として腹持ちがよくの働きが良くなります。つまり便秘に良いということです。

ダイエット中は便秘になりやすいです。さらに食物繊維だけでなく栄養満点なのにカロリーが低い食品の一つです。

食物繊維はで消化できないので、胃に長くとどまり満腹感を持続させます。

食物繊維が多い食品はたくさん噛まないと食べられません。よく噛むと満腹中枢が刺激されます。たくさん噛んで満腹感がられるから、自然と食事の量を減らせます。きのこを食事に取り入れると、少量でも食事に満足できるようになります。

きのこは食品として多く使われていますし、料理のメニューでも幅広く使用することができる貴重なものです。
きのこは炒めても、煮ても、どう調理してもおいしく食べられるので、飽きることが少なく、継続したダイエットが可能といえます!!

毎日同じ食材ばかり食べていると飽きてしまい続きませんが、きのこは種類が豊富、レシピのレパートリーもたくさんあるので、毎日いろんなものを食べて飽きにくいです。

きのこを上手に使えば、食事制限のつらさもなくなります。
もし調理に使用する際はきのこと一緒にわかめや昆布などの海藻類を食べ合わせるのもオススメです。

海藻類はきのこと同じく、栄養豊富でカロリーが低いですので、二つを食べ合わせることで、より高いダイエット効果が望めます。




きのこダイエットの効果
運動が苦手、体重、体脂肪を落としたい方にオススメのダイエットです。
きのこ類で一番重要なキーワードは「キノコキトサン」です。

最近キノコキトサンの持つ肥満解消効果には注目が集まっています。

キノコキトサンには脂肪が体に吸収されるのを抑え、便として排出する働きがあります。それにより血中コレステロール値や血糖濃度も低下。便秘改善にいい食物繊維も豊富で、肥満解消などのダイエットに適している成分とされています。

肥満解消効果のベースとなる成分が、βグルカンという物質で脂質の凝集や、余分な体内脂肪を燃焼する働きがあり、キノコ類や酵母、海藻類などに多く含まれている成分です。

痩せる仕組みとしましては胃酸にも水にも溶けない性質を持ち、膨張して腸内をコーティングし、腸壁から油分が吸収されるのを阻み、食事で摂った油分を包み込んで、排出する性質を持っているといわれます。

そのコーティング能力はキノコキトサン100mgで腸壁を畳80枚分カバーすると言われています。

キノコキトサンにコーティングされてしまった腸壁は、油分を吸収できなくなってしまい油分がそのまま排出されるのです。

つまり、油っこいものを食べても油が吸収されず、結果として痩せるという仕組みです。

楽して痩せるならこれかもしれないですね。

どのきのこでも良いのかといいますと…
きのこの中でも、エノキダケ・シイタケ・マイタケ・アガリクスダケなどの、食用きのこに多く含まれている成分ですが、含有量は非常に少なく、キノコの細胞内にきわめて少量含まれているという、とても貴重な成分です。

1日に20~30グラムを目安にとるといいです。


ポイントキノコキトサンとキトサンの違い
キトサンとは
キトサンはカニやエビの殻、昆虫の表皮、イカなどの骨格、きのこなどの細胞壁に含まれる動物性の食物繊維であるキチンという物質から炭酸カルシウム、タンパク質、色素などを除いて精製したキチンからアセチル基を外して、抽出精製したものがキトサンです。

キトサンには、海老などの甲殻類から抽出したキチンキトサンと、キノコ類から抽出した、キノコキトサンの二種類がありますが、両者の大きな違いとして、βグルカンと言う成分が、キノコキトサンには含まれるが、キチンキトサンには含まれていないと言う事が上げられます。

そのため、キノコキトサンを抽出して精製するには、とても高い技術が必要とされていて、従来は、キノコキトサンの精製は、非常に困難だとされていました。国でも特別な予算を計上して、研究開発を行った結果、現在では、精度・効率の高い抽出精製技術の開発に成功したと言う成分です。

そのため余り、認知度は高くありませんが、現在最も注目されている素材の一つだと、キノコキトサンは言われます。

また、注目をされているという点では、キチンキトサンも同じですが、キチンキトサンに多いとされる、アレルギーに対する問題も少なく、また、キノコキトサンの安全性は、公的機関で証明済みと言う様に、安全性の高さも、キノコキトサンの特徴の一つです。



きのこを使った料理例
❶きのこバターソテー

豆腐のキノコあんかけ

❸ごま油にニンニクで炒めて、醤油をしゅっと回しかけて完成。

❹炊き込みご飯に大量投入。炊き込みご飯の素に追加できのこをどばっと入れます。水の量はそのままで大丈夫です。

❺酒蒸しにして、昆布茶で味付け。

❻(エリンギやしいたけのような多少大きいもの)豚肉で巻いて焼いて、焼き肉のたれやめんつゆなどの好きな調味料で味付け。

みそ汁

❽ドレッシングで炒めて冷やしてマリネに

❾ニンニクのみじん切りとじっくり炒めて塩コショウ。フードプロセッサーにかけてパスタソースに


特集 キノコの種類 一覧
一般的に栽培されてるきのこ
シイタケ
エノキタケ
ナメコ
ツクリタケ(マッシュルーム)
ヒラタケ(黒アワビタケ等含む)
エリンギ
ブナシメジ
ハタケシメジ
マイタケ
タモギタケ
アラゲキクラゲ
キクラゲ

あまり一般的ではないきのこ
ホンシメジ
クリタケ
ヤナギマツタケ
ハナビラタケ
ヤマブシタケ
ブナハリタケ
トキイロヒラタケ
フクロタケ
ササクレヒトヨタケ
キヌガサタケ
ナラタケ
ムキタケ
ヌメリスギタケ
ムラサキシメジ
マンネンタケ
トンビマイタケ
アガリクス
冬虫夏草(Cordyceps sinensi)
カワラタケ