手 軽 さ 70/100
コ ス ト 70/100
アレンジ50/100
身体負担70/100
知  識50/100
ペ ー ス 30/100
ゆでたまごダイエットダイエットを行うにあたっていろいろなものがありますが、運動にしろ食事制限にしろ、キツイものが多いです。

しかしそれ以上にダイエットを行うために、いろいろお金を投資しなければ、いけないのがネックです。

運動なら、ジャージやダンベル、食事制限ならダイエット食品類などを大量に買わなければいけません。しかしダイエットで成功するためにはそんなものに無理に投資する必要はありません。

痩せたい体を作るためには炭水化物を減らして代わりにタンパク質をたくさん摂取すればいいのです。

炭水化物を摂取し過ぎると脂肪が増えてしまいます。逆にタンパク質を積極的に摂ると筋肉を作り出す、栄養素になるので、その分筋肉が発達しやすくなり、脂肪が燃焼しやすい体になります。

ダイエットを行うのなら、低炭水化物、高タンパク質を摂取するのがオススメでしょう。しかし高タンパク質は肉類などが主になるため経済的に影響が出てしまいます。

そうならないためにも、まずは低価格で高タンパク質が摂取できる食事を積極的に行うようにしましょう。低価格で気軽に摂取できるのがゆでたまごです。

ゆでたまごには、一日に必要なタンパク質が十分に入っており、他の食事と合わせれば、ゆでたまごを二つ以上食べるだけで、一日に必要なタンパク質を十分に摂取することができます。カロリーもそれほど高くないので、脂肪になることはほとんどありません。

まずは炭水化物を減らした分だけ、ゆでたまごを積極的に摂取するように意識してみてはどうでしょうか。そしてもし余裕があるのなら、腹筋や腕立て伏せなどの筋肉トレーニングもやってみてください。

というのもタンパク質を筋肉を作り出す栄養素です。筋肉を鍛えることによって、筋肉の栄養素に成るタンパク質を摂取すれば筋肉が発達して、それだけ痩せやすい体を作ることができます。

ダイエットで成功したいのなら、ゆでたまごダイエットはとてもお薦めです。食事制限と適度な運動を行えば、低コストでダイエットを行うことができます。

この方法にはバリエーションがあるので、自分に合ったやり方を選んで実践するのが成功のコツです。まずは、ゆでたまごのダイエットをする前にたまごの効能について見てみましょう。


驚愕!ゆでたまごを使った効果的なダイエット法
ゆでたまごダイエットにはどんなメリットがあるのでしょうか?たまごの調理方法には色々ありますが、目玉焼きやスクランブルエッグより栄養価が高いのがゆでたまごです。

たまご1個(60g)分のカロリーを消費するには水泳を13分、ジョギング21分の有酸素運動を必要としますが、摂取したカロリーより消費したカロリーが多ければ効果が半減します。

食事の時の消費カロリーは半熟たまごの時より固ゆでにしたたまごの方が大きいので、半熟たまごが好きだという人もいるかもしれませんが、早めにダイエットを成功させるためには完熟にする方をおすすめします。半熟より完熟の方が食感が固めに仕上がるので、食べごたえがありすぐ満腹になります。

たまごの栄養
たまご一個分(60g)のカロリーは90kcalでそれほど高くはありません。コレステロールが気になる人は敬遠しがちかもしれませんが、ちょっと待ってください!たまごは食べすぎに注意すれば良質の健康食品になるのです。

たまごにはセレン、ビオチンという栄養素が含まれていますが、セレンは貧血や高血圧、ガンなどの病気、ビオチンは抗がん剤の研究材料として注目を浴びています。逆にたまごを食べないと、これらの病気にかかる可能性が多くなります。美容にも健康にも良いたまごはダイエットに大いに利用できます。


ゆでたまごダイエット方法
ゆでたまごダイエットは、今や多くの人が知る有名なダイエットの一つです。ただし名前は聞いたことがどういった方法、効果があるのかはよく解らない、という方も多いのも事実です。

方法なのですが、あるテレビで行われた「数日間ゆでたまごだけを食べる」という極端なものから「毎食必ずゆでたまごを食べる」というもの、「間食をゆでたまごに変える」というかなり気軽なものまであります。

ゆでたまごのみを食べ続ける方法は、行ったタレントさんもとても辛そうでしたし、あまり現実的には取り入れにくい方法かもしれません。

「毎食ゆでたまごを食べる」。此方には更に細かく数パターンあります。

一つ目は、食前にゆでたまごを食べる方法。この方法では、食前に低カロリーなゆでたまごを食べることで満腹感を得、その他の食事量を減らしトータル摂取カロリーを抑える事が出来ます。

二つ目は食事の際に野菜や汁物→ゆでたまご→炭水化物という順番にするという方法。この方法は、そうすることで血糖値の上昇を緩やかにするという効果があります。

三つ目は、順番などは気にせず毎回の食事に必ずゆでたまごを取り入れるという方法。ゆでたまごを摂ることに重きをおいた方法です。

朝食をゆでたまごにする方法
朝食の時にゆでたまご1個から5個を食べる方法です。これには個人差がありますが、ゆでたまごを少なめにしてサラダや野菜スープ、スムージーなどの野菜や果物、大豆や大豆食品を使ったメニューを加えるとより効果が高まります。朝食をゆでたまごにする時は脂質の多い肉や魚を使わないようにしましょう。

間食をゆでたまごにする方法
間食がやめられないという人は多いかもしれませんが、ゆでたまごを間食にすると それまで食べていたスナック菓子やケーキより脂質と糖質を含む炭水化物の摂取が 減ります。

一番太りやすい組み合わせが脂質と糖質ですが、ゆでたまごはどちらも含みません。黄味の部分にコレステロールが多く含まれていますが、食べ過ぎなければそれほど増える事はありません。

これは今まで、小腹か空いた時などに食べていた甘いものやスナック菓子等をゆでたまごに変えるという方法で、それだけでも摂取カロリーを大幅にカットする事が出来ます。

上記の方法何れも、他の低カロリーなものや他の蛋白質でも充分そうではありますが、たまごに含まれる栄養素がポイントです。 たまごは、ビタミンCと食物繊維以外の殆どの栄養が含まれた完全栄養食品とも言われています。人間に欠かせない蛋白質も豊富で、脂肪分解には必須であるビタミンB2も含まれているため、ダイエットにうってつけの食材なのです。

そのたまごを最も手軽で低カロリーな調理法であるゆでたまごとしてダイエットに取り入れる事で、ダイエット中におこりがちな栄養不足等も解消できるということです。 ダイエット時のゆでたまごは固ゆでが理想的です。

しっかり噛んで食べるため満腹感も得られやすく食べごたえがあるだけでなく、その方が消化に時間も要するので満腹感が持続するからです。

個人の好みや目標に合わせて取り入れることが出来、作るのも楽でコストも抑えられる、という点でゆでたまごダイエットは行いやすいダイエットの一つです。

たまごは必須アミノ酸やビタミンB群、ビタミンAやビタミンE、葉酸やマグネシウムなどの栄養素が豊富です。新鮮な物を使うのに越したことはないので、たまごを買う時に産たまご日かパックに詰めた日か確認してから買うようにしましょう。たまごは常温ではなく必ず冷蔵庫のドア部分でない所に保存しておきましょう。


ゆでたまごダイエットのメリット
様々な料理に使われているたまごですが、その調理方法によってカロリーが大きく変わります。調理に全く油を使わないもの:ゆでたまご60g(Lサイズ1個)で91kcal(100gに換算しても151kcal)ゆでたまごはそのものを茹でただけなので余分な油などは含まず、カロリーが低いのです。

しかも調理方法は「茹でる」だけです。とっても簡単で手軽です。さらにまとめて茹でておくこともできるので、手間がかかりません。蒸したたまご豆腐も同等のカロリーですが、毎日のようにたまご豆腐を作るのはちょっと面倒です。
その点でもダイエットとして続けるにはゆでたまごが向いていると言えるようです。

腹持ちが良い
ダイエットの天敵と言ったら食欲です。湧き上がる食欲をどのようにしてコントロールするかがダイエットの成功の秘訣と言っても過言ではないでしょう。そんな食欲を抑えるのにゆでたまごが役立つそうです。

しかも「固ゆで」が効果的だそうです。
その理由はたまごが熱を加えられて硬くなると、の中にとどまっている時間が長くなって、結果的に腹持ちが良くなるそうです。逆に生たまごや半熟たまごは胃の中をすぐに通過してしまうとのことです。具体的には、固ゆでたまごは2時間ほど胃に留まりますが、半熟たまごでは1時間半程度だそうです。つまり固ゆでたまごは、空腹を抑えることができるので、食事制限をしやすくなってダイエットを成功に近づけてくれることのようです。

脂肪を燃焼させる効果も
たまごは栄養豊富な食材として有名です。そんなたまごには、脂肪を燃焼させる効果があると言われている、バリン・ロイシン・イソロイシンという必須アミノ酸を含んでいます。

この3つの必須アミノ酸は、筋トレなどの時も欠かせないもので、筋肉を強化するという共通の効果があるそうです。筋肉が強化されると代謝が上がるので、体の脂肪が燃えやすくなるそうです。つまり、ゆでたまごを食べれば脂肪燃焼に繋がるとのことです。


ゆでたまごダイエットの注意点
たまごにはアミノ酸やビタミン、ミネラル、レシチンのような胆汁に含まれる脂質成分が含まれており、たまごを食べていれば人間の体は大丈夫だと謳われる程、体に良い食品です。

しかし、毎日毎食ゆでたまごばかり食べていると肌にぶつぶつができ、アレルギーを発症してしまう可能性もあります。たまごは1日多目に食す分にはいいようですが、連続して食べるとたまごアレルギーを発症しやすいのです。 同じたまごばかりだと飽きてくるので、水溶性たまご白の多い通常のたまごからヨードたまご光等のオボムチンが多い濃厚たまご白の物を取り入れてみたりして食感に違いを持たせました。

また、たまご黄に水分を取られていくのが嫌になり、たまご白しか食べる気が起こらなくなる可能性もあります。たまご黄には、蛋白質や脂質が多く含まれているので食べにくくなっていたのです。ビタミンB2やカルシウムやリンが多いので摂取しないと体内のバランスが悪くなると思い、水で飲み込みました。

たまごにはコレステロールが多いので、注LDLの数値に注意が必要です。 アビジン等の蛋白質量が多く、脂質を殆ど含まないたまご白だけなら耐えられますが、トリアシルグリセロールやリン脂質であるレシチン、コレステロールを含有するたまご黄を長い間食べ続けるのは不可能かもしれません。たまご黄にはホスビチンというリン蛋白やリポビテリンというHDLの元になる蛋白質も含まれています。