手 軽 さ 70/100
コ ス ト 30/100
アレンジ30/100
身体負担50/100
知  識70/100
ペ ー ス 50/100
ドライフルーツダイエット最近世間では○○○ダイエットと呼ばれる様々な種類のダイエット方法を聞くことが増えてきていると思います。

ダイエットと言われれば単純に運動をして体重を減らすのが一番ポピュラーなものだと思われますが、中には白湯ダイエット、ビールではなくウイスキーなどの蒸留酒を飲むなど、こんなことが本当に効果があるのか?と思われるような方法を聞くようなこともあると思います。

そんな中で今回お話ししようと思うのは「ドライフルーツダイエット」と呼ばれるものです。

なぜドライフルーツがダイエットに向いているかというとまず栄養豊富だということです。

ドライフルーツは果物の水分が抜けて栄養素などの成分が凝縮された状態のため効率よく少ない量でも栄養を摂取することができます。

子どもの頃にお母さんやおばあちゃんから果物の皮の部分には栄養がたくさんあると聞いたことはありませんか?

このようにドライフルーツは皮まで食べるのはちょっと気が進まないという気持ちをきにせずにすんだり、皮をむく手間などをかけずに気軽に食べることができます。

また普通の状態の果物に比べて租借回数を重ねることで、を刺激しお腹いっぱいだという錯覚を起こし食用を抑えることができます。

スーパーやコンビニなど、何処でも気軽に購入することが出来る上、ダイエット専用食品と比べても、それほど高額な食物ではありません。

他にも血行促進作用があったり食物繊維が豊富に含まれているので腸内環境が良くなり便秘解消などにつながります。このように女性にはありがたい効果がたくさんあります。


ドライフルーツダイエットで痩せる理由
最近では、いろいろなフルーツがドライフルーツとして販売されるようになっており、こんなものまでと思うようなものも、ドライフルーツとなっている場合もあります。そしてこのドライフルーツは、ダイエットに最適なものなのです。
その理由について、まとめてみました。

食感が良い
ダイエットをする時、食感が良いものが大事です。それは食べたと言う、満足感を感じることができるからです。

その点、しっかりとした歯ごたえを感じることができるドライフルーツは、とてもいいですね。それを食べることによって、満腹感を感じると言う人も多いです。

食事をする前に食べるという人もいます。そのようにすると、いざ食事をする時には、あまり食べなくてもよいということもあるようです。

食物繊維がたっぷり
ドライフルーツの場合は、小さい物でも食物繊維がたっぷりと含まれています。そのため、便秘を解消することが期待できますね。便秘気味という人の中には、このドライフルーツでそれを解消することができたという人もいます。

甘くて美味しい
ドライフルーツは、お菓子として食べることができます。ダイエットをしている時、どうしても糖分を制限するため、甘いものがほしいと思う事があります。そんな時、食べることによって満足感を感じることが出来るのです。しっかりとした甘さを感じることができるので、その点で少量でも満足をすることができますね。

果物の栄養素を効率的に摂取することができる
ドライフルーツにすることにより果物の栄養素を効率的に摂取することができるという点です。果物の水分を抜くことで成分が凝縮され、生食より効率的に栄養を補給できるのです。特に皮ごと乾燥させたドライフルーツの場合、皮に含まれる豊富な食物繊維を採ることができます。

ここで間違えやすいのが、果物をドライフルーツにすることで栄養価が高くなる、という点です。果物を乾燥させることによって高まる栄養素もありますが、ビタミンCのように乾燥させることで減少してしまう栄養素もあります。

満腹感が持続する
ドライフルーツを食べたときに得られる満腹感と、食べた後の腹持ちの良さが挙げられます。果物を乾燥させることで生のときよりも噛みごたえが増し、噛む回数が増えることで満腹感の増幅につながります。

また、食べた後は胃の中で膨らむ点に加え、果物の当分は砂糖よりも血糖値の上昇が緩やかになることで満腹感が長く持続するのです。

種類が豊富で飽きない
他のダイエット食品と比べてみても、種類が豊富な点もドライフルーツの魅力でしょう。ダイエット中は食事メニューが制限されることが増えますが、様々な種類があるドライフルーツを食べ分けることで気分転換にもつながります。食べ方も、そのまま食べるだけでなくサラダやヨーグルトに加えたりすることで、色々な味覚を楽しむこともできます。

保存できる
ドライフルーツとなっているので、長く保存をすることができます。


ドライフルーツダイエット方法
最近はコンビニでも手軽にドライフルーツを購入できるようになりました。しっかり食べてもダイエットしたい方飲み方になってくれるのがドライフルーツです。

レーズンやプルーンなどのフルーツを乾燥させて作られたドライフルーツは、フレッシュでみずみずしいフルーツと比べると、バッグの中に入れて携帯しやすいですし、小腹が減った時のおやつとして食べることもできます。

ダイエット中は間食をしてはいけないと思っていませんか。たしかに、間食をして摂取カロリーが増え、消費カロリーよりも上回ってしまえば太ります。

しかし、お腹が空いているのに無理に我慢するとストレスになり、その反動で食べ過ぎてダイエットが失敗するケースもあります。お腹が空いているときは無理に我慢しない方がいいのです。

このドライフルーツはおやつとして食べることと食事前に食べることで、ダイエット効果が非常に高いとされているんです。

ダイエット中の間食として最適なのがドライフルーツです。ケーキやチョコレートなどはカロリーが高いのでダイエット中は控えたい食品です。でも、甘いものを食べたいときもありますよね。ドライフルーツは水分を飛ばして濃縮されているので強い甘味を感じることができます。低脂肪、低カロリーです。

ドライフルーツの特徴は甘味があることと腹持ちがよいことです。腹持ちがよい理由は果糖です。
砂糖は急激に血糖値を上げ、その反動で血糖値が下がるのですぐに空腹を感じますが、果糖はゆっくりと吸収されるので、満足感が長く持続します。

食物繊維も腹持ちをよくしてくれます。食物繊維は胃で消化されないので、長くお腹の中にとどまって満足感を持続させます。

水分を吸うと膨らむ性質があり、お腹の中で膨らんで満腹感を与えてくれます。食物繊維が多いと自然と噛む回数が増え、たくさん噛むことでも満腹感を得られます。

甘いものが食べたい方や女性にうれしいドライフルーツですが、ドライフルーツにはどのような働きがあるのでしょうか

ドライフルーツの中でもカロリーが低いのは、いちじく、あんず、プルーンです。中でも食物繊維が豊富なのはいちじくで、100gあたり10.9gの食物繊維を含んでいます。あんずにはβカロテン、プルーンには鉄分が豊富に含まれています。

ドライフルーツのダイエット効果についてですが、果物を乾燥させることによって水分だけが失われ、もともと含まれていたミネラル分や食物繊維、ビタミン成分はそのまま残っているのが、ドライフルーツダイエットの最大のメリットです。

ドライフルーツのダイエット効果は食物繊維によるものが大きいです。ドライフルーツに含まれているのは水溶性食物繊維なのですが、体内に取り入れることで、お腹の中で溶け出し膨らみだします。

これによって食事前に食べることで食事量を減らすことができるんです。さらに腸内環境を整えてくれるため便秘を解消し、消化もスムーズに行ってくれるため、女性には嬉しい食べ物ですね。

ドライフルーツダイエットは基本的に朝食として、そして昼食と夕食の前に食べていきます。昼食や夕食前に間食することで、お腹の中で膨れ上がり食べる量を抑えてくれます。また、栄養価が非常に高いので、朝食に食べてダイエットに取り入れていきます。

おすすめのドライフルーツ
ドライフルーツでダイエットを行う場合には、そのままスーパーで売られているドライフルーツを食べてもいいのですが、フルーツによって効果が若干違います。

高血圧が気になる方→イチジクがおすすめです。
高血圧が気になったり血液をサラサラにしたいという方はイチジクのドライフルーツがおすすめとされます。
イチジクにはカリウムが他のドライフルーツより多めに含まれていて、血液をサラサラに高血圧を抑えてくれます。

アンチエイジングもしたい人→プルーンかパイナップルがおすすめです。
プルーンとパイナップルにはポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用があります。
老化というのは細胞が酸化することで起きる現象ですので、プルーンを食べることで抑えることができるためアイチエイジングも兼ねたい方はプルーンもおすすめです。

肌の乾燥を防ぎたい方→マンゴウがおすすめです。
肌の乾燥はビタミンCによって予防、改善していくことが可能です。そのためビタミンCを多く含んでいるマンゴーを取り入れることをおすすめします。



デメリットも認識しよう
確かにダイエットには効果的かもしれませんが、ドライフルーツになった果物の状態ではビタミンはほとんど残っていなかったり、食べ過ぎてしまうと栄養が凝縮された状態なので逆にカロリー摂取しすぎてしまうという結果につながります。

このようにダイエットには効果的なように思えるドライフルーツですが多少なりともデメリットとなる部分も発生してしまいます。

最近ではネット通販などで手軽に購入することができ手軽に始められるダイエットの一つだと思われますがきちんとしたビタミンを摂取できなかったりもしますのでバランスの良い食事を心がけましょう。





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!