パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーとは、ジムを利用する個人、または複数人に合わせて運動法を指導する人のことである。
トレーニングのプログラムを作成したり、カウンセリングやダイエット指導などをこなし、個人に合ったアドバイスを行う。
このようにパーソナルトレーナーが行うトレーニングを、パーソナルトレーニングと呼んでいる。

技術的なアドバイスだけではなく、一人でトレーニングを行うよりも、器具の扱いや人体の構造について熟知しているパーソナルトレーナーの指導があった方が安全にトレーニングを行うことができる。

line

麦芽糖

マルトース(maltose)、もしくは麦芽糖(ばくがとう)とは、α-グルコース2分子がα1-4 グリコシド結合した還元性二糖。デンプンの直鎖部分に相当する。


line

バススーツ

バススーツとは、浴槽内で使用するサウナスーツの一種である。汗とともに体内に蓄積された、必用のない老廃物を体外へ掃き出すために着用する。
誰もが不快と思うベタついた汗には、ミネラルの他、窒素含有物(アンモニア、尿酸など)や農薬などの毒素といえる成分が含まれるとされている。これらの体に不要な有害物質を排出するデトックス効果が発汗に期待されている。
また、スーツを着用して入浴することにより水圧が体を締め付ける。この締め付けにダイエット効果があるとも言われている。さらに汗が流れ出すと新陳代謝が高まり、美肌効果も得られると言われている。スーツの締め付けは身体の負担にもなるので、長時間使用する場合の体調管理や具合の悪いときには控えたほうが良い。

line

発芽玄米

発芽玄米とは、玄米を0.5~1mmだけ発芽させたものであり、わずかに発芽させるだけで玄米よりも栄養価が高くなり、白米のように一般的な炊飯器で美味しく炊き上げることが可能になる。
発芽によって特に高まる栄養素にGABAがあり、発芽玄米には白米の10倍ものGABAが含まれている。GABAには、利尿作用を促進することによって血圧の上昇を防ぐ効果や、エネルギー消費を高めて中性脂肪の蓄積を抑制する効果、自律神経を整える効果、腎臓や肝臓の働きを活発にする効果などが期待できる。
また、米ぬかの部分に含まれているイノシトールという成分には、脂肪の流れを促進して脂肪の蓄積を防いで肥満や脂肪肝を防ぐ効果がある。玄米の3倍も含まれている食物繊維は、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維のいずれも含有されているため、糖質や脂肪吸収を抑制する効果、満腹感を得やすくして食べ過ぎを防ぐ効果、便秘を解消して腸内環境を整える効果などが期待できる。

line

発芽玄米ダイエット

白米との違いは栄養価が高く、白米に含有されないビタミンB1やミネラルを豊富に含んでいるのが特徴です。詳細:発芽玄米ダイエット


line
白筋

筋肉には白筋(速筋タイプIIa、IIb)と赤筋(遅筋タイプI) があり、IIaは赤筋と同質の作用をもつ。その分布には個人差がある。一般に白筋の多い 人は瞬発性運動に、赤筋の多い人は持久性運動に適している。


line

バナナダイエット
バナナに含まれる酵素を使ってダイエットするという考え方です。酵素は食べたものを分解したりする役 割があります。体の中には5キロぐらいの宿便があると言われています。バナナに含まれる酵素を使って宿便を分解しようとするのが、バナナダイエットのメカニズムとなっています。

line

ハブ茶

眼精疲労・胃弱・便秘に効果があるとされる健康茶。


line
浜茶

カワラケツメイの別名。茎・葉などを乾燥して茶の 代用とする。


line
ハムストリング

ハムストリング(hamstring)とは、人間の下肢後面を作る筋肉の総称。ハムストリングスとも呼ばれています。ハムストリングとは「もも肉のひも」という原意である。これはハムを作るときに豚などのもも肉をぶらさげるために、これらの筋の腱が使われたことに由来しています。


line
はらすまダイエット

はらすまダイエットは“お腹をスマートに”を意味し、内臓脂肪の除去を目的としたダイエットである。ダイエット日数を90日間と定め、期間中に5%の減量を目指すと言うものだ。自分たちの体重の5%といえば数kgくらいだが、はらすまダイエットの狙いはここにある。厳しすぎず、無理のないダイエットであり、不可能ではないと思われる数値設定がやる気を誘うのだ。また、メタボリックシンドロームが解消されたという報告もある。
はらすまダイエットはこれまでのダイエットとは違い、頑張らなくても良いという斬新なダイエット方法である。1日の目標を設定し、達成できなかったらその理由を記載したり、達成できたら自分にご褒美を与えるなどの自分へのメリットなどもある。

line

バランスボール
バランスボール(ばらんすぼーる)とは、ダイエットなどのエクササイズで用いられる大きめのゴム状のボール。乗ったりすることで、ストレッチやエクササイズを行うことができる。

line

バレトン・メソッド

バレトン・メソッドとは、ヨガ・バレエ・フィットネスの要素をバランス良く取り入れたエクササイズであり、ニューヨークのバレエダンサーが開発したとされている。バレトンという名称は、バレエの「バレ」と筋肉を整える(鍛える)という意味のトンを組み合わせた造語である。筋肉のバランスを高めて、心肺機能や体の柔軟性を向上させる効果が期待できる。数年前に誕生したエクササイズであるが、日本でも採用するスポーツクラブ・フィットネスクラブが増えており、DVDのついた本なども販売されている。
バレトン・メソッドの特徴に、裸足で行うという点があげられる。裸足で足裏や足の指を意識して立つことにより、正しい立ち方が身につくとされている。足の指を1本ずつ動かす練習なども行う。

line

パワーヨガ

パワーヨガとは、“ヨガの根本経典とされるアシュタンガヨガ”と“心と体の均衡を整えるアイアンガーヨガ”を組み合わせてつくられた体操である。精神を整える効果があり、集中力を高める効果があるのだ。
パワーヨガは有酸素運動に含まれ、筋力強化によるダイエットやシェイプアップに期待されている。筋肉の増強は基礎代謝を高め、脂肪の燃焼を助ける。また脂肪の付きにくい体質への改善にも繋がると言われているのだ。
パワーヨガは、ポーズをしっかりと決めていくことで代謝がアップし、血液の流れが良くなる。ヨガによる筋肉の引締め効果で、メリハリのあるプロポーションを作ることができると言われている。

line

蕃果

蕃果(ばんか)は蕃石榴とも呼ばれているのはザクロに似ているから。 フトモモ科のバンジロウ(グアバ)の未熟果実を乾燥し、その果皮を丸切りまたは刻んだもの。 民間的には血糖降下作用があるという。


line

パントテン酸

パントテン酸とは、ビタミン5と呼ばれる栄養素の一つである。脂質やたんぱく質をエネルギーに変換することから“ダイエットのビタミン”や“抗ストレスビタミン”とも呼ばれている。
基礎運動などを行うと同じに食事からパントテン酸を摂取すると、糖質や脂質を燃焼して、エネルギーに変えてくれる効率が高まると考えられる。
皮膚粘膜や髪の毛の修復、ビタミンCのサポート、ホルモンを正常にする働きがある。
多くの栄養素は過剰に摂りすぎると、何らかの影響が身体に現われる傾向にある。だがパントテン酸は摂り過ぎたとしても、余分な栄養は排出される。副作用の報告などはあまりないと言われている。また、パントテン酸の不足は、免疫力の低下や成長障害などの身体的障害が起こるリスクが高まる。

line

pH

水素イオン指数または水素イオン濃度指数とは物質の酸性、アルカリ性の度合いを示す物理量です。日本では1957年にpH のJISを制定する際に読みがピーエイチと定められ、現在の法令およびJISではピーエッチと定められている。ふつうは水溶液中での値を指す。なお、1atm・25 ℃においてpH =7の場合は中性と呼ばれる。pHが小さくなればなるほど酸性が強く、逆にpHが大きくなればなるほどアルカリ性が強い。


line

PFC比

PFC比とは、PFCバランスとも呼び、摂取カロリーに対するたんぱく質(Protein)・脂質(Fat)・炭水化物:(Carbohydrate)の構成比率をいう。

タンパク質・脂質・炭水化物は、人間にとって特に不可欠な成分であるとされ、「三大栄養素」と呼ばれているが、それぞれの成分から摂取するエネルギーの比率が

たんぱく質 : 脂質 : 炭水化物 = 15 : 25 : 60

となることが理想的だとされている。

摂取カロリーだけでなく、摂取カロリーを占める栄養のバランスが大切であるため、健康的な食生活を送るためにPFCバランスを役立てると良い。


line

BCAA

BCAAとは、体内で作ることができないアミノ酸は9種類あり、そのうちの筋肉のエネルギーとなるバリン・ロイシン・イソロイシンの総称である。
BCAAが不足すると、筋肉は筋肉内のたんぱく質をエネルギー源としてしまうため、筋肉の損傷や筋肉量の減少を引き起こす。筋肉維持には欠かせないアミノ酸である。
ダイエット中は、筋肉低下による基礎代謝量の低下を防ぐことができる。
BCAAは肉・魚・卵などの食品に含まれているが、近年はサプリメントやドリンクなどで効率的に摂取できるようになっている。

line

BMAL1(ビーマルワン)

BMAL1(ビーマルワン)とは、体内のリズムを調節する機能を持っているたんぱく質の一種。
脂肪を蓄積する酵素を増加させたり、脂肪代謝に関係する酵素を減少させたりする働きがあるため、肥満遺伝子とも呼ばれている。
BMAL1の量は時間によって異なり、昼に少なく、夜に多くなる性質があり、午後10時から特に増え始めて午前3時頃最も多くなる。BMAL1が多い時間は脂肪を蓄積しやすいとされているため、ダイエット中はBMAL1が急増し始める午後10時までには食事を済ませておくと良いとされている。
また、BMAL1の量は日光と関係があり、朝日を浴びることがBMAL1の減少につながると考えられている。

line

BMI

BMIとはBody Mass Indexの略称であり、ボディマス指数・体格指数とも呼ばれる。身長・体重に基づいて算出した肥満度を表す数値であり、下記の計算式で求められる。

BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

詳細:BMIチェック


line

BOOCS(ブックス)

BOOCS(ブックス)とは、ストレスによる脳の疲れを解消することで、心と体の機能を改善する健康法である。なるべくガマンすることを減らし、心地よく生活することで、脳の疲れが解消されて健康効果が得られるとされている。
また、ストレスによる脳の疲労は、生活習慣を乱し、肥満につながると考えられ、BOOCSはダイエットにも活用されている。BOOCSダイエットは、1日1回甘いものでも、高カロリーのものでも、好きなものを好きなだけ食べて、脳の疲労を回復させることでダイエットにつなげていくというダイエット法であり、肥満外来のある病院やクリニックでも取り入れられている。

近年、7番目の栄養素として関心を集めているのがファイトケミカルだ。

line

ビール酵母

その名の通り、ビールを発酵させるのに用いられる酵母である。
だが、アルコール飲料として多くの人に親しまれているビールに、このビール酵母が含まれていなかったと知る人は少ないのではないだろうか。市販で流通されているビールは、発酵後に濾過するものが多く、ビール酵母が含まれていないと言われている。
近年、ビール酵母にミネラルや食物繊維などの栄養素を多く含んでいることが注目、ダイエット効果が期待されている。ビール酵母には成人病予防や美容効果、整腸作用などの効果があると言われているため、ダイエットにも利用されることが多い。詳細:ビール酵母ダイエット

line

ビオチン

ビオチン(biotin)とは、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB7(Vitamin B7)とも呼ばれるが、欠乏症を起こすことが稀なため、単にビオチンと呼ばれることも多いです。ビオチンは糖質、脂質、たんぱく質がエネルギーに変わるのをサポートします。皮膚や髪を健康に保つ作用もあり、白髪の改善や、アトピー性の皮膚炎、脂漏性皮膚炎の改善に有効とされています。


line
皮下脂肪

哺乳類の体表のすぐ下に発達した脂肪層。体毛の発達した動物では量が少いが,体毛の比較的少い動物や水生哺乳類にはよく発達している。ヒトで最も発達しているのは成人女性で,全身的に大量の沈着がみられ,女性の体形を特徴づけている。


line

必須アミノ酸

多くの種類があるアミノ酸は、体内で結びついてタンパク質を構成し、筋肉や皮膚など身体各部をつくる働きをしている。身体を構成する大部分は水分が占めているが、次いで多い物質がアミノ酸である。しかし、どうしても体内で合成することのできないアミノ酸がある。それが必須アミノ酸だ。
必須アミノ酸には、メチオニン・バリン・ロイシン・イソロイシン・フェニルアラニン・スレオニン・トリプトファン・リジンにヒスチジンを加えての9種類がある。ヒスチジンは体の中で作り出すことができるが、ヒスチジン以外の必須アミノ酸は食べ物から適度に摂取するほか方法がないと言われている。ヒスチジンのように体内で合成できるアミノ酸は非必須アミノ酸と呼ばれているが、ヒスチジンは子供の成長に必用なことから必須アミノ酸に加えられている。

line

肥満遺伝子

人間の体重は遺伝子要因によって一定にセットされているという「セットポイント仮説」が昔から提唱されていました。詳細:肥満遺伝子とは


line
肥満外来

肥満外来は一般の町医者の内科でも対応してくれますが、不安な方は専門の病院などで相談しましょう!詳細:肥満外来について


line

肥満タイプ

肥満タイプには、内蔵脂肪型肥満(リンゴ型肥満)と皮下脂肪型肥満(洋なし肥満)があり、脂肪のつき方の違いによって区別され、脂肪の種類や対処方法が異なる。
肥満タイプは、お腹周りのサイズ(ウエスト周囲径)によって区別される。ウエスト周囲径(cm)÷身長(cm)=0.5以上になる場合に、内臓脂肪型肥満であると判断され、0.5未満である場合は皮下脂肪型肥満であると判断される。
内臓脂肪型肥満は、主に内臓脂肪が蓄積されているためお腹周りが太くなりやすい。これに対して皮下脂肪型肥満は、お尻や太もも、腰まわり、下腹部などに脂肪がつきやすい。
内蔵脂肪型肥満は見た目には、脂肪が多く蓄積されていることがわかりにくい場合が多く、皮下脂肪型肥満は、見た目にも脂肪が蓄積していることがわかりやすいという特徴もある。見た目には気付きにくい内臓脂肪型肥満の方が、生活習慣病につながりやすいため注意が必要である。

line

肥満予防健康管理士

肥満予防健康管理士とは、公益法人認定資格であり、メタボリックシンドロームを予防することを目的に、肥満の予防・解消、肥満と健康に関する正しい知識を備えるための資格である。そして、肥満予防健康管理士は、肥満予防や肥満解消などの助言を行うことができる専門家である。日本肥満予防健康協会が主催し、資格取得のための講座・試験が行われている。
資格取得には、全30時間の講習会に参加し、講座終了後に行われる試験に合格することが必要となる。講習会は、肥満について、肥満の原因、肥満が引き起こす病気、ダイエット、コーチングなどの内容となっている。

ピラティス(ぴらてぃす)とは、ジョセフ・ピラティスにより考案されたエクササイズの一種。非常にゆっくりと した動きを主体とした運動法。スポーツ選手も取り入れてあり、故障しにくくなる。


line

100均ダイエット

「100円ショップアイテムを活用したダイエットなら、節約もできて、しかも飽きず楽しめる」まさに100均ダイエットは理想の方法です。詳細:100均ダイエット


line
ヒルズダイエット

ヒルズダイエットとは、愛用者も多い今話題のダイエット食品のことである。作り方は簡単で牛乳と混ぜるだけで完成といもの。カロリーを抑制する目的として摂取され、一日のうち1~2食と置き換えるという方法だ。
ヒルズダイエットによる効果は個人差もあるが、その人により痩身効果が得られると言われている。基礎的な運動は行ったほうがダイエット的には効果を高めると言われている。個人にもよるが腹持ちが良く、過剰な食事摂取は必要なく、カロリーが低いというのが利点である。栄養価を損なうことなく健康的にダイエットを続けることが出来る。

line

びわの葉

体によく効く自然治癒力、びわの葉パワー。びわの葉療法は歴史の長い自然療法ですが、近年は科学的な研究も進められ、びわの葉に含まれるさまざまな薬効成分が再び見直され、この療法を現代医学に併用して、難しい病気の治療をすすめる病院や診療所もみられるようになっています。現代医学がてこずる難しい病気に偉効を示します。特に玄米自然食など他の自然療法と併用すると、その効果がさらに高まります。


line

麩ダイエット

見た目ではあまり栄養もなさそうですが、実はたんぱく質やビタミン、カルシウム、鉄、リンなどミネラルが豊富な食材です。詳細:麩ダイエット


line
ファイトケミカル
ファイトケミカルとは、植物が産生している物質である。植物たちは様々な害虫やウイルスたちから身を守らなければならない。そうして植物たちは身を守る術として抗酸化力の強いファイトケミカルを生み出したのだ。このファイトケミカルは植物の中にしか存在しない天然化合物とされている。
また、ファイトケミカルはその強い抗酸化力で活性酸素から体を守っていると言われている。活性酸素とはシミやシワ、生活習慣病などを引き起こす可能性のある美容や健康を妨げる物質である。

line

FI値(ファイバーインデックス値)

FI値とはファイバーインデックス値のことであり、食物繊維1gで摂取するカロリーの値を表します。FI値は FI値=食品のカロリー(kcal)÷食品に含まれる食物繊維の量(g) の計算式で算出できる。
FI値が少ないほど、食物繊維を低カロリーで摂取できる食品であると言える。
食物繊維には、余分な脂質の吸収を抑制する効果や満腹感を与える効果、老廃物を排出する効果などがあることから、ダイエット中には多く摂取したい栄養素であるが、より低カロリーで豊富な食物繊維を摂取するために、FI値が役立てられている。
こんにゃくのFI値は2、きのこ類は4~6程度、野菜類は5~9程度とFI値が低くなっている。

line

ファスティング

ファスティングとは、英語の“fasting=断食”を表す言葉である。この断食を利用した痩身法がファスティングダイエットである。断食療法などの医療行為として応用されることがある。
断食期間中の食事については、ファスティングダイエット用のダイエットジュースなど摂取しても良い。断食に慣れていくことで、空腹感や過食の抑制をするという方法である。
毎日の食事で常に動いている消化器官を休ませる目的もあり、ファスティングジュースを摂取することで体内の毒素の排出、デトックス効果を高めてくれる。また、脂肪燃焼や消化器官の活性化、お通じを良好にするなど体重の減量に効果あると言われている。詳細:プチ断食ダイエット

line

VLCD

超低カロリー療法と言われ、食事の代わりに専用の粉末を水に溶いて飲むダイエット方法です。1日の摂取カロリーが500キロカロリー以下になるようにする食事療法で、半飢餓療法ともいわれてます。


line
フードファディズム

フードファディズムとは、食べ物または栄養が健康や美容に与える影響を過剰に評価することである。
食事や栄養が体に与える影響は、科学的な根拠に基づいている必要があるが、十分ではない研究データを、企業などに有益なように流しているケースが多く、偏ったデータを信じてある一定の食品に固執してしまう人が増えていると言われている。
また、宣伝などの情報を信じて、特定の食品を「健康に良い食品」「健康に悪い食品」と思い込み、推奨したり排除したりしてしまう人も少なくないと言われている。「この食品は太りやすいから食べない」「この食品は脂肪を燃焼させる効果があるから積極的に摂取する」といった、何らかの情報を信じて、特定の食品の摂取を心がけたり、食品の摂取を控えるようにするのも、フードファディズムによるものである。
フードファディズムは、テレビやインターネットなどのメディアの影響を受けやすいとされている。テレビ番組で紹介されたことがきっかけで、その食品が売り切れて手に入らなくなるほどのブームとなる場合もある。過去にバナナダイエットや納豆ダイエットがブームとなったが、これはメディアの影響で生まれたフードファディズムの一例である。

line

フェイスニング

フェイスニングとは、顔の筋肉を引き締める方法である。表情は相手とコミュニケーションをとる場合に表情がつくり出す印象が大事になる。
日常生活を送る中、人は顔の筋肉を約2~3割しか使っていないと言われている。そのため無表情などで顔の筋肉を使っていないと筋肉が退化し、頬の弛みやシワ、くすみ、口角が下がり、左右が非対称になりフェイスラインが崩れるなどの影響が現われるのだ。
だが、顔の筋肉を使えば良いというものでもない。鍛えたい筋肉を正しく動かすことや毎日の継続が必要なのだ。筋肉が硬いままだと血液の流れが滞ってしまうが、しっかりと筋肉を使うことで顔面を巡っている血管に血液がいきわたり、代謝が活発になる。また、フェイスニングにはハリを生み、小顔効果があると顔痩せなどに用いられている。

line

フェイスライン

フェースライン顔の輪郭。特に頬から顎にかけての線を指す表現。主に美容に関する分野で用いられる。ほっそりして締まった フェイスラインが美とされる場合が多い。


line
不随意筋

自分の意志によって動かすことができない 筋肉。主に自律神経の支配を受ける。内臓や血管の壁の筋肉、心筋など。多くは平滑筋 (へいかつきん)であるが、心筋は横紋筋からなる


line
ふすまダイエット

ふすまとは小麦の外皮のことです。日本では、一般に米から出る糠(ぬか)がよく知られていますが、糠(ぬか)の小麦バージョンがふすまになります。詳細:ふすまダイエット


line
ブドウ糖

ブドウ糖は、ぶどう、柿、いちじくなどの果実のほか、ハチミツなどに多く含まれている単糖類(ブドウ糖、果糖、ガラクトース)の一種です。ブドウ糖は通常の食事の中からも作られており、ご飯やパンなどの炭水化物は、体内の消化酵素によって細かく分解され最も小さな分子になったもののひとつが「ブドウ糖」です。最近では、飲料水の甘味料、栄養補助食品などにも使われており、白い砂糖の固まりの様なものや、粉末のステックになった物があります。ブドウ糖は、腸で吸収され生活のエネルギーとして体内で利用されております。


line
ブドウ糖果糖液糖

ブドウ糖果糖液糖(異性化糖)とは、デンプンを酵素又は酸により加水分解して得られた主としてぶどう糖からなる糖液を酵素又はアルカリにより異性化した果糖又はぶどう糖を主成分とする糖をいいます。デンプンはぶどう糖から構成されていますが、ぶどう糖をより甘味の強い果糖に異性化させることによって甘味をより強めることができます。トウモロコシやジャガイモ、あるいはサツマイモなどのデンプンを酵素で糖化させた後、含まれるブドウ糖の一部を別の酵素で果糖に異性化させたものです。


line
不飽和脂肪酸(Unsaturated Fatty Acid)

分子構造の中に炭素の2重結合を持つタイプの脂肪酸。固体化しにくく代謝されやすいため、飽和脂肪酸と比較すると肥満の原因となりにくい脂肪酸とされている。 オリーブ油やゴマ油など、植物性脂肪の多くはこの不飽和脂肪酸なのです。


line
不飽和脂肪酸ダイエット

不飽和脂肪酸ダイエットだと、ダイエットしながらも脳の活性化や血液サラサラ効果、美肌効果も得れるうえに健康にも良いいので期待度が高いです。詳細:不飽和脂肪酸ダイエット


line
フラクトース

炭素を6個もつ単糖類。ケトン基をもつ六炭糖。天然のものはDフルクトースで、果実などに多く含まれるので果糖ともいい、強い甘味がある。


line
フラボノイド

フラボノイドとは、活性酸素を抑制する抗酸化作用を持った、植物などに含まれるポリフェノールの一つである。
私たちは栄養素の多くを食事から摂取しており、フラボノイドも野菜やフルーツを摂取する際に一緒に取り込んでいる。血圧を正常に保つ働きがあるため生活習慣病の予防となり、免疫機能や自然治癒力を高めることができると期待されている。
たまねぎや蕎麦、緑茶やレモンなどに含まれ、最近ではダイエットなどにも利用されている。

line

フリーズドライ製法

フリーズドライ(freeze drying)とは、現代において多用される真空凍結乾燥技術 のこと。フリーズドライに似た製法は古くからあり、有名なのが古代マヤ文明の頃から 存在するチューニョというじゃがいもの保存食です。


line
フルモニダイエット

フルモニダイエットとは、朝食を果物に置き換えるフルーツモーニングダイエットの略称である。
方法はとてもシンプルであり、午前中のうちはフルーツと水で過す。午前中であればフルーツを好きなだけ摂取しても良いため、朝食に果物を食べた後、昼前にお腹が空いたと感じたら、午前中に限り再度フルーツを摂取しても良いのである。
フルーツには、ビタミンやファイトケミカル、食物繊維などが豊富に含まれている。ファイトケミカルにはアンチエイジング効果が期待でき、食物繊維には便通を改善する効果が期待できる。また、フルモニダイエットは、ナチュラルハイジーンという自然健康法の考えに基づいており、午後12時までの排泄に適した時間帯に、消化しやすいフルーツを摂取することで、消化のためにエネルギーを消費しなくても良くなるため、体内の老廃物などを排泄することができると考えられている。このデトックス効果により、体の機能を高めて美容や健康、ダイエットに効果が期待できるとされている。

line

プロテイン

プロテインとはタンパク質のことです。 でもこのカテゴリやジムなどで「プロテイン」と呼ばれる時は「プロテインサプリメント」のことを言うことが多いです。詳細:プロテインダイエット


line

平滑筋

平滑筋(へいかつきん)とは、横紋筋とは違いサルコメア(筋節)のない筋肉のことであす。血管、膀胱、子宮など、管状あるいは袋状器官 では「壁」にみられます。


line
ベーグルダイエット

ベーグルは小麦粉を輪の形にして発酵させ、茹でた後にオーブンで焼いて作られます。この製造法により、外側はカリッと焼き上げられ、内側は柔らかくてもっちりと詰まった歯触りになるのが特徴です。詳細:ベーグルダイエット


line
ペクチン質

植物体に広く分布するコロイド状多糖類です。ペクチン質の主要部をなしています。黄白色の無定形粉末で水に溶け粘度の高いコロイド溶液となりそれに糖と酸を加えるとゼリー状となるのです。ミカンの皮やリンゴの皮の芯などに塩酸または種々の有機酸を含む熱水で抽出を行い、抽出液を濃縮しアルコールなどを加えて沈殿または真空噴霧乾燥して工業的に生産されています。


line
ベジタリアンダイエット

ベジタリアンダイエットとは、サラダなど野菜を中心に動物性脂肪を除いた食事を進めていくものである。だが、植物性食品ばかりでは栄養に偏りが出て、体調不良など健康を損ねる可能性が出現する。動物性脂肪に関しては、脂肪分の少ない鶏肉が良いと考える人もいるが、ベジタリアンダイエットでは魚介類までが許される範囲ではないかと考えられている。また、乳製品や卵は栄養を考えて摂っても良いと言われている。
動物性脂肪の食材を毎日の食事から抜いただけで、汗臭さの原因でもある脂肪酸の分泌が軽減し、体臭予防にもなるのだ。食物繊維により腸の働きが良くなって便秘が解消さ、代謝の改善や老廃物の排出などが期待できる。また、新鮮な野菜に含まれる酵素にはアンチエイジング効果を促す働きがある。

line

ペットボトル症候群

ペットボトル症候群(PET bottle syndrome)とは、スポーツドリンク、清涼飲料水などを大量に飲み続けることによっておこる急性の糖尿病です。正式名称はソフトドリンク(清涼飲料水)・ケトアシドーシス。清涼飲料水ケトーシスとも呼ぶこともあります。ソフトドリンクやスポーツドリンクの急激な大量摂取だけでなく、「みかんの缶詰」「アイスクリーム」などの糖分の多い食品の大量摂食でも発症することが報告されています。


line
ペプチド(Peptide)

アミノ酸が複数つながって出来た物質で、これが更に長くなるとタンパク質になります。アミノ酸、ペプチド、プロテインのうち中間の存在であるペプチドが最もスムーズに吸収されるという研究データもあるため、サプリメントとしても販売されています。


line
ヘモグロビン

ヘモグロビン(hemoglobin)とは、ヒトを含む全ての脊椎動物や一部のその他の動物の 血液中に存在する赤血球の中にあるタンパク質である。酸素分子と結合する性質を持ち 、肺から全身へと酸素を運搬する役割を担っている。


line
便秘

便秘(constipation)とは、便の排泄が困難 になっている消化器の状態のことで、便秘の対義として下痢ないし軟便を用いることがありますが、下痢・軟便の状態でも便秘になることはあります。


line
ほうれい線

「豊麗線」、「豊齢線」は当て字です。ほうれい線とは、ヒトの鼻の両脇 から唇の両端に伸びる2本の線。しわでは無く、頬の境界線である。 語源は中国の面相 学における「法令紋」に由来する。


line

ホールフーズダイエット

近年は食の欧米化で肥満などが目立つようなり、それとともにダイエットや健康志向が高まってきている。取り入れる食材も無農薬栽培やオーガニックという人も多いのではないだろうか。ホールフーズ・ダイエットは粉末状の健康食品で、水やジュース、豆乳などに溶かして飲むダイエット方法である。

line

ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは、牛乳に含まれているホエイタンパク(乳清たんぱく)を原料としたプロテインのことである。乳清プロテインとも呼ばれる。
ホエイタンパクは体内でアミノ酸に変換され、短時間で吸収される性質を持つ。運動による疲労軽減やダイエットに必要とされる筋肉の分解抑制に期待されている。また、筋肉が付きやすくなるとも言われている。ホエイプロテインに含まれている成分にはシミやシワなどを予防する効果があると報告されたラクトフェリンなどがある。
運動の前後に摂取するのが筋肉にとっても効率の良い摂取方法で、過剰に摂取し過ぎるとエネルギーが消費し切れずに体脂肪に変換される結果になる場合がある。また効果の持続時間が短いと言われている。

line

ボディコンバット

ボディコンバットとは、エアロビクスの一つで全身を使ったエクササイズである。ボディコンバットのプログラムの中には多種類の格闘技の動きを取り入れられている。空手、太極拳、キックボクシング、ムエタイなどの有酸素運動である。
格闘技で行われる動作を取り入れているため全身運動としての効果が高いと言われ、体全体の筋肉が刺激される。プログラムをこなすごとに身体的バランス感覚や瞬発力が身に付いていく。音楽に乗ってプログラムを進めていき、体を思いっ切り動かすとストレスが発散されていきます。脚を使った格闘技を取り入れていることもあり、脚部からヒップ周囲のシェイプアップ効果が期待できる。

line

ボディビルダー

ボディビルは筋肉繊維をウェイトトレーニング 、栄養の摂取、ステロイド、成長ホルモン、そして休養を組み合わせることによって発達させる過程のことである。 ボディビルを行う人をボディビルダーと呼びます。


line
ホメオスタシス(Homeostasis)

人体がその状態を一定に保とうとする機能である「恒常性」を表す医学用語。 語源はギリシャ語であると言われている。


line

ポリフェノール

ポリフェノールとは、食材などに含まれている成分のことである。
例えば、お茶の渋みや苦味を作っているカテキンもポリフェノールの一種である。ポリフェノールは渋みや色素などを構成している成分で、約5千種類以上もあると言われている。ポリフェノールの仲間にはカテキンだけでなく、ルチンやイソフラボンなどがある。
また、ポリフェノールは抗酸化作用を含んでいるものがあり、活性酸素を抑制する働きがある。活性酸素が軽減すると脳梗塞などの疾患になるリスクが軽減されると言われている。
ポリフェノールは、サプリメントとして販売されているものが多く、食材からでなくても摂取することができる。しかし、妊娠中のポリフェノール摂取は控えた方が良いとされるものもあり、サプリメントによる摂取は説明書きをしっかり読み、気をつけるべきである。

line

ホルモン(Hormone)

ホルモン(Hormone)は、狭義には生体の外部や内部に 起こった情報に対応し、体内において特定の器官で合成・分泌され、血液など体液 を通して体内を循環し、別の決まった細胞でその効果を発揮する生理活性物質を指します。


line