手 軽 さ 50/100
コ ス ト 90/100
アレンジ30/100
身体負担10/100
知  識10/100
ペ ー ス 50/100
プチ断食・ファスティングとは
断食ダイエット画像ダイエットの方法の一つに断食があります。 断食と聞くと宗教的なイメージなどつらい我慢をしなくてはいけないのではという思いがよぎるかもしれません。 そこで最近流行っているのが、プチ断食ダイエットです。

余計な体脂肪はなんのためにあるのでしょうか?基本的にはエネルギーの備蓄のためです。しかし、人間は体脂肪以外にも肝臓や筋肉にグリコーケンとしてエネルギーを貯蔵しており、栄養が不足すればこちらの方を優先的に使います。

ですから、余計な体脂肪を減らすためには、いったんそのようなグリコーケンなどを使い切ることが必要となります。

そして体脂肪が燃焼する(減っていく)のは肝臓に蓄えた栄養も、筋肉中の栄養も、血液中の栄養もすべて使い切ってからです。この状態に自分のカラダを意識的に追い込んでいく方法として知られるのが断食(絶食)なのです。

多くの宗教で断食を行うのは、断食が精神修養に大きな効果を発揮するからです。実際に、断食をすると免疫機能が強化されたり、の栄養が糖から脂肪由来のケトン体になることでストレスに強くなったり、ある種のリラックス感を得たりすることがあります。

断食をすすめる医師の多くは、現代人は毎日毎日必要もないのに三度以上の食事をすることによって、かえって健康を損ねているとも言います。

ただし、長期の断食をすると、体脂肪でもエネルギーの供給が間に合わなくなり、体内のタンパク質、すなわち筋肉そのものがエネルギーとして使われてしまい筋肉が減ってしまうので、3日以上の本断食は容易に行ってはならないことは注意が必要です。効果的にダイエットができるプチ断食がおすすめです。


「断食」の効果を理解しておく

プチ断食ダイエットを行う日数は3日ぐらいまでとして、いきなり3日間飲まず食わずで生活するわけではありません。

断食とは、もともと体重を減らすという目的よりも、体調を整えるという目的があり、本格的な断食になると 素人がやるのは危険なため、専門の施設で集団で行ったりします。

プチ断食ダイエットは 無理なく効果的に行えるので、自宅で一人でもできるダイエットになります。

断食で体調を整える…というのはなかなか理解が難しいかもしれませんが、断食することによって、食べ物を消化したりすると言った余計なエネルギーを 使わなくなるので、体の水分や血液がスムーズに循環するよう体中のお掃除を行い、その結果、脂肪を燃えやすくしてくれるのです。

断食でダイエットってもはや究極系では?と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

断食ダイエットをしようと思っても、ひたすら何も食べないダイエットなんてことは、精神的にも肉体的にもきついのはあります。

ちょっと厳しいかなぁと思う方は食事の置き換えダイエットからはじめて、慣れてきたら断食ダイエットに挑戦するのもいいでしょう。断食(だんじき)は食事をしない事によって、内臓を休ませ、体にたまっている毒素をデトックス(体外に出)して、体の細胞1つ1つを活性化させる事です。



プチ断食のススメ
断食の方法にも、半日のプチ断食から3日以上の本断食までいろいろあります。まず期間でやせるダイエット法が断食ダイエットです。断食はダイエットの方法としては知識が必要になってきます。

最悪だと便秘になったり、筋肉も1日あたり75gずつ崩壊されてしまうからです。そしてダイエッターにとって一番警戒しているリバウンドの危険性を最も多く含みます。その危険性とは「ホメオスタシス」から来るもの。

人間はある一定期間栄養を補給しないと、体が少しの栄養素も逃すまいと、ものすごい栄養吸収力を発揮します。『ちょっと食べても太る』のは、そのせいです。 サプリメント等で栄養素のみをとりながら、断食するのが正解と言えます!なのでプチ断食をおすすめしています。


プチ断食を3日間と想定して実施する
例えば、土日が休みの人などは、金曜日に準備に入り、土曜日に断食、そして日曜日に復帰というパターンで行えば、毎週実行することも可能です。

1日目:予備断食
たとえ短期間とはいっても、急にお腹の中を空にしては、消化液の影響で胃を傷つけたり、ムカツキを覚えたりすることがあります。スムーズに本断食を実行するための準備として、
・昼食は腹八分まで。
・夕食は普段の半分の量で、寝る3時間以上前にすませる。
・普段より水分を多めに摂る(これは寝る前でもかまいません)。
・お酒は飲まない。

2日目:本断食
血糖値や血圧が一時的に下がることかありますので、激しい運動はさけて、散歩や読書をして過ごしましょう。もちろん水以外は何も口にしてはいけません。そして、水は意識して多めに飲むように。普段は食事のたびごとなどに何気なく摂っている水分補給もないために、脱水しやすいからです。

3日目:復帰
断食において最も重要な時期はこの復帰です。
1日目から30時間以上内臓は休止しています。健康上のリスクを避けるためにも、ダイエットの効果を高めるためにも、はやる気持ちを抑え、朝食は一杯のお粥をできるだけゆっくり、よく噛んで食べてください。

断食によって味覚、嗅覚、視覚などが研ぎ澄まされていますので、一粒の梅干で食べる一杯のお粥に、信じられないほどの感動を覚えるに違いありません。昼食、夕食も食べたい気持ちを抑えて普段の半分くらいにしてください。ここでガツガツ食べてしまうと、せっかく行った断食が水の泡になってしまいますので、くれぐれも暴食しないようにしましょう!


断食といっても本格的なものではなくて、飲み物を摂る方法や野菜など生のものを摂るだけの方法も効果的です。これはほんとに初心者向けで、ちゃんと食べながら断食の効果を得ることができる。飲み物だけダイエットを成功させるやり方は「気をそらす」がポイントです。

一日に摂取していい飲み物は水、お茶、豆乳などで味のある豆乳やお茶などは500mlまでと厳しい制限が付けられています。さすがにそれだけだとつらく継続できないので、新鮮な野菜をミキサーで混ぜるスムージーなどを飲み物だけダイエットに取りいれる方もいるそうです。

ジュースによる断食は、低温殺菌されたものや、ボトルや紙パックに入っているものはではなくて、ミキサーなどを使った絞りたてのジュースしか飲まない方法や最近流行のスムージーはおすすめです。

フルーツジュースでも、野菜ジュースでも、酵素は体の掃除にとっても役立ちます。それから、スープとジュースだけの断食もあります。ジュースやスープのアルカリ性が、体から出る毒素を中和してくれるんです。

飲み物だけでダイエットするのは長期間には向きません。あくまでも短期間で行なうダイエットに向いています。栄養は不足するので、体調不良になることもありますので、注意が必要です。



断食効果&注意点
断食ダイエットは使い方次第で効果の高いダイエット方法ですが、注意すべき点が多くあり、他のダイエットよりも身体に大きなダメージを与えてしまう心配もあります。正しく行えば効果は抜群なのですが、注意をおろそかにするとダメージもくる、いわば両刃の剣の一面があります。

体内に溜め込まれていた不要や栄養分や毒素を体外に排出するデトックス効果を期待できます。 また、断食ダイエットで食習慣を見直せ、食事をリセットできる利点があります。食事を断つことで体がリフレッシュされるだけでなく、過食傾向も見直され、食習慣そのものが改められることになり、ダイエットに効果がでてきます。

ただし注意すべき点があるわけですが、断食状態が続いた体はエネルギー不足状態を何とかしようとするため、例えば普段の3食ちゃんと食べているときなら70%を吸収していましたが、断食明けの食事からは100%吸収しようとします。これでは逆にエネルギーを体内に蓄積しやすくなり、断食を終えたあとに過食してしまうという原理です。

人によっては断食中に、頭痛や衰弱や吐き気、筋肉のけいれん、腹痛、発汗、舌の腫れ、口臭、全身の痛み、発熱、新野なんかを経験することもあります。こういう症状は、食べ物をとらないせいじゃなくて、断食に伴う副作用なので、断食をして二、三日すれば、体は自己消化を始め、実際に体内の細胞を消化し始めますが、あまりにひどい場合は医師に相談してください。

もともと体には、異常細胞、損傷を受けた細胞、古い細胞、死んだ細胞、過剰な細胞や組織を選んで分解する能力があります。体が体内の毒物や毒素や悪い細胞を実際に消化して排除しているために具合が悪くなるようにできています。いわゆる毒出しで、デトックスです。ほんとはいいことで、これまで隠れていた問題を、体がやっと対処できるようになったということ。

また断食中、消化酵素は普段の働きをしなくてすみます。その代わりに体を浄化し、若返らせてくれます。この若返りのプロセスで、新しい細胞も生まれれて最終的には、嗅覚、視覚、聴覚、味覚のすべてが鋭くなるのよ。体も心も感情面でも軽やかな感覚を味わえる。断食はダイエット以外にもいろんな中毒に効果バツグンです。

断食後の回復食の摂り方に失敗すると、逆に体質が悪化してしまい、リバウンドも引き起こしてしまいます。せっかく心身をリフレッシュさせて健康になったにもかかわらず、断食後の食事に注意を払わないでいると逆のマイナス効果となってしまいます。

断食を取り入れるのなら専門医や指導する人の助言を受けながら行うのがベストといえます。

最近ではホテルや道場、寺院などで2泊3日行われる週末断食プランというものも存在しているようです!

医学・栄養学に基づいたプランで個人に合わせて健康管理や今後の食生活について相談や断食後のリバウンドを回避するためのアドバイスもしてくれます。断食以外にも酸素カプセルやフィットネスなどの施設を使えるところもあるので、気分転換もできて毒素も排出できるのでおすすめです!価格も2万円ぐらいからあるようなので、不安な方は断食ホテルを試してみましょう!



この記事を見た人は、こんな記事も見ています!