手 軽 さ 70/100
コ ス ト 50/100
アレンジ10/100
身体負担50/100
知  識50/100
ペ ー ス 30/100
チョコレートダイエットチョコレートダイエットという夢のようなダイエット方法が話題になっています。というより昔からあるのですが、また見直されつつあります。

当然高カロリーなのに痩せるというのが信じがたい話ですが、 チョコレートダイエットだからと言って、好きなチョコレートを好きなだけ食べていいという訳ではありませんよ。

チョコレートと言ってもチョコの主成分であるカカオが70%を超えるものにダイエットの効果があると言われています。なぜ70%以上なのかと言われると、チョコレートに含まれるカカオには…
・過剰な食欲の抑制
の働きを良くして便秘を改善
・脂肪をため込まないからだになる
・血液サラサラ効果
・脂肪を燃焼する
新陳代謝がよくなる
などのダイエット効果があります。

たくさんの種類のカカオ70%以上のチョコが販売されているので、私も試しにカカオ99%のチョコを買って食べましたが…

大好きなチョコを食べてダイエット」というには、あまりにも誤解があります。

とてもじゃないですが食べれる味ではありません。

パーセンテージを下げて70%ぐらいなら多少は食べやすいでしょう。それでもカカオ70%以上のものでやるので、アーモンドとかはいっている様なチョコとは全く別物です。


チョコレートダイエット方法
通常のチョコレートは砂糖と油の固まりなのでお菓子のチョコでは痩せません。

カカオが70%以上入ったポリフェノールたっぷりのチョコがダイエットに効果があります

そして当然ですが食べれば食べるほど痩せると言う甘いものではありません。

あなたが1日に1枚以上チョコを食べると言うことは、1食~またはそれ以上の食事のカロリーを余分に摂取しているので当然太ります。

ましてや砂糖などはまずエネルギーとして使われるので蓄積されている脂肪は出番がありません。

そしてエネルギーに慣れなかった糖分は脂肪としてまた体につくのでどんどん太ります。

普段から普通のチョコレートを食べている人がカカオ70%以上のチョコレートに変えるととても効果的です。

チョコレートダイエットの基本として、 まずはカカオ分70%以上のチョコレートを食べる。そして 1日に食べる量は約50gまでにします。

食前や空腹時など数回に分けてかまずになめて食べるのがポイントです。 食前の20分前が満腹中枢を刺激するのでとても効果的になります。

チョコレート効果にはストレスを緩和する成分も含まれているので、ダイエットをしているというストレスを感じることなく実践することができますし、適度な糖分は脳の栄養となり、頭の働きを良くするのでデスクワークの方にもおすすめ!



チェックカカオの純度の高いチョコレートを食べると体に効果的
ポリフェノールの抗酸化作用による動脈硬化の予防作用、コレステロール値を下げる、ガンの発生を抑制効果などがまず一つ。

また、チョコレートをたくさん食べる国では胃がん死亡者が少ないという報告もありますし、アレルギーや胃潰瘍を予防する効果も期待できるという報告もあります。

テオブロミンという成分が含まれており、神経を鎮静させる作用があること、カカオ豆には食物繊維や、カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれていることも知られています。

カカオ豆には、虫歯の原因菌であるミュータンス連鎖球菌を抑制する物質が存在するともいわれます。



チョコレートダイエットのメリット
大好きなチョコレートを食べながらダイエットできるので、食べてはダメというストレスがかからないので、ストレスによる食事量の増加を防ぐことができます。

(1)空腹過ぎによる早食い防止

(2)落ち着く



チョコレートダイエットの基本として3食バランスの取れた食事をすること、食事の20分以上前にチョコレートを食べることです。食前にチョコレートを食べることによって、血糖値を上げ食欲を抑制させてくれるらしいですが、チョコレートを食べてすぐに食事をすると、血糖値の急上昇を招くので良くありません。

食事前に食べることによって、は「食事が終わった」と思い、食欲を減らします

その結果食べる量が自然と減り、食べ過ぎを防げる、というものです。

食事の20分前に、甘いものを食べると空腹感がなくなるので、食事の量を減らすことができます。

この原理は古くから知られていることで、それをチョコレートで応用するのが、チョコレートダイエットです。

チョコレートダイエットの食欲抑制効果は血糖値の上昇によるものです。




チョコレートダイエット問題点
当然食べ過ぎには注意してください。
高カロリーなので、ダイエットになりません。
また、カカオ含有量の多いものでないとカロリーが高すぎるので注意が必要です。


血糖値の急激な上昇はインスリンの過剰な分泌を招きます。
インスリンが過剰に分泌すると、血糖値が低下するときに、行きすぎて逆に空腹になりやすくなります。

もちろん、血糖値を急激な上昇は糖尿病のリスクを高めるので要注意です。ある程度の知識がチョコレートダイエットには必要となります。

チョコレートを食べて20分してから食事をすると、食事の途中で満腹感がくるので、食事の量が減るという原理なのですが、チョコレートは高カロリーなので、200Kcal食べて、食事の量を200Kcal以上減らせるかどうかが問題です。チョコレート自体は他のダイエット食材などよりも安価なので、とにかく、試してみると良いと思います。
チョコレートを食べてから20分以上あければ、血糖の急上昇を招きません。
問題はチョコレートを食べて、トータルカロリーがどれだけ減らせるかが問題です。



CHECKカカオマスポリフェノール
カカオマスポリフェノールも体には効果的です、そうです、カカオマスに含まれています。
これが含まれている食品は、チョコレートとココアですが、動脈硬化の予防やピロリ菌の撃退など、様々な健康効果が期待できます。市販のチョコやココアはカカオマスに砂糖などを加えていますので、カカオマスそのものを食べた方がたくさんポリフェノールを摂取できます。ですが、苦すぎるので、たくさん食べるのは困難です。





この記事を見た人は、こんな記事も見ています!