手 軽 さ 50/100
コ ス ト 70/100
アレンジ30/100
身体負担70/100
知  識70/100
ペ ー ス 50/100
キャベツダイエットキャベツダイエットはキャベツばかりを食べ続けるダイエットではありません。

健康な体を維持するために必要なエネルギーと栄養を最低限の分量だけ摂取する、とてもシンプルなダイエットです。

実際にさまざまなダイエットに挑戦したことがある人ならおわかりのように、今まで食べていた量をいきなり減らすとお腹が空いて、ひもじくなったり、むやみにイライラしたり、食べたい欲求がたまって食欲が爆発したりと決してラクなイメージではないことでしょう。

しかし、キャベツダイエットはそんな失敗には無縁です。これまでガマンづくしのダイエットと違うのは、キャベツがあなたの味方になってくれること。キャベツのおかげでごばんをおなかいっぱい食べられますし、おやつだって食べられます。

しかも、ルールは非常におおざっぱで、お金もかかりません。キャベツさえあれば、誰でもすぐに始められます。特別な運動も必要ありません。

もともとはメタボリックシンドロームを改善するために考案された方法なので医師の指導している健康を維持したダイエットが実現できます。さあ、今日からさっそく始めてみましょう!

キャベツダイエットのメリット
①安くて経済的
今までの食事にキャベツを加えて、食べ過ぎていた肉や魚、お菓子などを食べなくなるので、食費が安くなります。ましてや、ダイエットを主目的にした食品やサプリメントと比べたらぐっと経済的で家計に負担をかけないのが何よりの魅力です。

②おなかいっぱい食べられる
キャベツならいつ、どこで食べてもOK。
ダイエット中におなかがすくのを我慢するのは当たり前という概念を覆します。

③すぐに始められる!
キャベツはどこの八百屋さんでもスーパーでも一年中手に入ります。
「よしやってみよう!」と思ったら今晩からでも始められます。特に準備が必要ないのでお手軽です。

④低カロリー
キャベツ1玉まるごと食べたとしてもたったの230Kcal。ごはんなら茶碗1杯にもなりませんし、1食で1玉食べるのは至難の業。スナック菓子は400Kcalあるにも関わらず、食べ始めるとすぐになくなってしまうのと比較すれば効率が良いです。

⑤栄養豊富で健康的
キャベツにはビタミンやカルシウム、カリウムや食物繊維が多く含まれています。キャベツの葉4枚ほどで1日に必要なビタミンCが摂れ、美肌やストレスの軽減に役立つと同時に、食物繊維は便秘の解消にも有効なのでキャベツはダイエットの強い味方といえます。そしてがんの予防効果も高いと言われています。

⑥キャベジン(ビタミンU)が脂肪肝を予防
キャベツから発見されたためにキャベジンと呼ばれるビタミンUには胃酸を抑えるとともに、新陳代謝を活性化する働きがあります。に限らず肝臓にも効果的に働きかけます。



ダイエット方法の実践&基本
キャベツダイエットの方法はいくつかありますが、一番有名なのがキャベツだけを食べ続けるというもの。効果をすぐに期待したい人向けです。

キャベツ自体は食物繊維やビタミンCを多く含み、しかも低カロリーでダイエット向きの食材です。 キャベツだけを食べ続けるのは明らかにほかの栄養が不足してしまいますので、リバウンドの確率が高くなります。

このキャベツだけを食べ続けるダイエット法は、キャベツだけは食べてもいい一種の断食といっても過言ではありません。

つぎに、主食の代わりにキャベツを食べる置きかえる方法です。普段食べているご飯やパンなどの主食の代わりに、キャベツを食べます。主食がキャベツなのでおかずもちゃんと食べること。ダイエットを気にしすぎておかずまで少なくしてしまったら、キャベツ断食と同じになってしまいます。

ポイントとしてはキャベツの食べ方にあり、硬いのでしっかり噛んで咀嚼の回数を増やすこと。 時聞をかけて食べると、脳に満腹感が伝えられます。満腹中枢を刺激して満腹感を得られるようになります。

また、食事の前にキャベツを食べると得られた満腹感によって食事の食べ過ぎを防いでくれます。

キャベツの食べごたえに加えて満腹感が1~2時間続きます。キャベツを食べはじめてみて納得したのがかみごたえある食感です。

キャベツダイエットの基本
①食事の前にキャベツを1/6個食べる
 朝・昼・晩の食前に1/6個(約200g)のキャベツを10分ほど時間をかけて食べます。キャベツはものによって大きさや重さにばらつきがありますがおおよその量で大丈夫。量よりも10分間かむことが大切なので、短時間で食べてしまう場合はもっとたくさん、逆に10分かけても食べ終わらないなら少なくてOKです。
ただし、たくさん食べるほどに飽きてしまいます。調味料がないと食べにくいという場合はレモン汁やポン酢、ノンオイルドレッシングなどで味をつけます。油や糖分たっぷりの調味料を使ってしまっては意味がありません。

②お腹がすいたらキャベツを食べる
キャベツダイエットは、キャベツばかりを食べるというわけではありませんし、毎日ごはんも肉も魚も食べることができます。太ってしまうのは、偏った食事が原因ですから、食事のバランスに気を付けましょう。
1日に食べても良いキャベツの量というのは決まっていませんので、おやつの代わりや空腹時には満腹感をもたらしてくれるので、最適です。


キャベツダイエットを成功させる食べ方5ヶ条
①よくかんで10分間食べる
 脳に満腹になったと感じさせるためには、時間をかけてよくかむことで、1回分の目安は1/6個分(約200gですが、食べるのが早い人は量を増やして10~15分かけて食べるようにしましょう。

②5㎝角に切って歯ごたえを残す
 キャベツを切るときは、芯をつけたまま5cmのざく切にします。食べやすいせん切りにしたり、芯を取ってしまうと、せっかくの歯ごたえが消えてしまい、いくら食べてもなかなか満腹になりません。

③4~5枚まとめて食べる
 ざく切りにしたキャベツを1枚ずつお上品に食べていると厚みが足りずかみにくく、ゆっくり時間をかけて咀嚼するのが難しくなります。

④ノンオイルの調味料を使う
 キャベツダイエットの極意は、必要な栄養素とエネルギーを確保して、それ以上のものを摂らないようにキャベツで調整することですから、油たっぷりのドレッシングやマヨネーズ、糖分を含むケチャップを使うのは本末転倒。そのままかレモン汁、ポン酢やノンオイルドレッシングを選びましょう。

⑤おなかがすいたらいつでもキャベツ
キャベツダイエットの最大の利点はいつでも自由にキャベツを口にできることです。おやつの代わりや夜食などの代用として利用すれば効果は高くなります。ダイエット=我慢という概念は捨ててしまいましょう。


キャベツダイエットQ&A
Q芽キャベツやレッドキャベツ、グリーンボールでもよい?
A効果はキャベツと同じ。いつものキャベツに飽きてきたら上手に利用しましょう。
 芽キャベツやレッドキャベツ、グリーンボールは、普通のキャベツよりもやや高価ですが、歯ごたえはキャベツと変わりません。栄養成分の面からみても、ビタミンCの含有量は一般的なキャベツに対して、レッドキャベツで1・4倍、芽キャベツだと約4倍もあります。グリーンボールは、カロチンをキャベツの2倍以上含んでいます。キャベツよりも味に特徴がありますが、食前に食べるキャベツとして資格は十分。それぞれ味や食感が微妙に違うので、生キャベツに飽きてきたら気分を変えましょう。


Q歯が悪くて硬いものが食べられないのですが、キャベツに火を通してもよいですか?
Aまずは切り方を変えてみましょう
火を通してやわらかくする前に、まずは切り方を変えてみてください。大きなざく切りでは歯に負担がかかりますが、太めの短冊切りにするとだいぶ軽減するはずです。それでもだめなら、せん切りにしてみてください。加熱するのはどうしても生キャベツが食べられない場合に限ります。

Qキャベツが苦手です。ほかの野菜に切り替えてもよいでしょうか?
Aセロリや大根、きゅうりや白菜で試してみてください
「価格が安い」「生で食べることに慣れている」「歯ごたえがある」のがキャベツのよいところ。美肌作用のあるビタミンも豊富でミネラルのバランスも優れています、しかし、苦手なものを食べるのはつらいですし、ストレスもたまってしまいます。キャベツが苦手なら、セロリや大根、きゅうり、白菜でも構いませんが、食事の前に食べるのは生野菜にすること。適度な歯ごたえがあるほうが満腹中枢を刺激します。




この記事を見た人は、こんな記事も見ています!