手 軽 さ 50/100
コ ス ト 50/100
アレンジ10/100
身体負担30/100
知  識70/100
ペ ー ス 50/100
アロエダイエット昔の家庭ではプラントなどにアロエを植えてやけどなどをした時にアロエをとってきてゼリーの部分で手当をするイメージがあります。

とげとげしていて、触ると非常に危険な植物というイメージもありますが、最近ではあまり見かけなくなりました。

でも食材での出番は多くなっておりヨーグルトやジュースなどに入っていたり知られるようになってきています。

強い下剤効果があるとかで傷の治癒効果よりはダイエットの効果の方が有力な情報としてネットなどで流れています。そうなるとやってみたくなるのはアロエダイエットです。

買おうと思ったら最近ではホームセンターなどで簡単に購入できます。安価なのも魅力です。鉢植えで購入しても手入れは超簡単でたまに水をあげるだけでいいのです。

アロエと言えば、塗り薬として使われたり、食べる場合には整腸剤や胃薬としても効果があって、更にビタミンなども豊富ですので、太古の昔より、人間にとって薬として使用されてきました。

特に整腸剤、つまり便秘改善の効果が高く、重宝されてきたわけです。アロエに含まれる「アロイン」がの動きを活性化させて便秘に効くわけです。そしてこの便秘解消の効果を最大限利用するのが、アロエダイエットです。



アロエダイエットの効果
アロエダイエットは、便秘に悩んでいる方におすすめのダイエット法です。アロエには「アロイン」という成分が含まれており、このアロインには胃腸の働きを活発にする作用があるのです。

アロインは下剤にも使用されるほど強い効果のある成分なので、比較的早い段階で効果を実感できるでしょう。便通は毎朝快調が期待されます。

便秘とダイエットと聞くと、「腸に余分なものが詰まったままだとその分体重が重くなるので、それを出すと軽くなるため、結果的にダイエットになる」と勘違いしている方がいますが、そうではありません。実は便秘になると、代謝が悪くなることが問題なのです。

代謝が悪くなれば脂肪が燃焼しづらくなりますから、当然太りやすくなります

また便秘により、腸内に長い間便がとどまると、有毒物質が血液中にも入りやすくなりますので、腸内だけでなく、全身にも悪影響が及びます。

口臭の中には便秘由来のものもかなりあると言われています。これらをアロエを食べることで便秘ごと改善しようというわけです。

そしてアロエにより腸内が綺麗になると、当然栄養の吸収が良くなりますので、少ない食べ物で最大限の栄養を摂取できますから、その分余計に食べる必要がなくなり、結果的にダイエットにつながるという側面もあります。

アロエがダイエットにすごく適している理由の一つには、便通がよくなると言う効果があるのですが、もう一つは血行がよくなると言った効果も期待することができるのです。

血行がよくなると、冷え性の改善や、余分な脂肪がつきにくくなるなど、すごく重要な役割を果たしてくれるのです。

また、アロエには自律神経を落ち着かせる効果もあるので、ダイエットによるストレスからくる食べ過ぎを予防してくれる働きがあります。

複合的に効果が期待できるアロエには、中性脂肪を減らす効果もあり、中性脂肪が減ることによって、生活習慣病を防ぐことができたり、皮下脂肪がつきにくくなると言われているのです。

結果的に、アロエを積極的に摂取することによって、生活習慣病の予防につながり、それによって体の中に余分なものがたまらなくなっていくので、ダイエットに結びつくと言われているのです。

さらに女性には特にうれしい美肌効果もありますのでアロエダイエットは一石二鳥の効果を期待できます。

ダイエット効果があるからといって調子にのってアロエを増量すると下痢に苦しむことになります。

ちなみにネットで検索すると生の葉のアロエは3cm幅の葉を約4cmを目安で20gそれを日に数回に分けて摂取するのがベストのようです。何度もトイレ通いをすることになったり脱水症状などになると取り返しがつきません。適量が一番なのです。

自分にあった適量を見出し継続するとダイエット効果だけでなく美肌も手に入れれるので一度チャレンジしてみてください。


アロエの食べ過ぎに注意して美味しくダイエット!
アロエダイエットにおけるアロエの摂取方法ですが、最も効果が高いのは生のアロエを食べることです。

ですが生のアロエを摂取する際には、注意が必要です。アロエは良くも悪くも強力なため、胃腸があまり丈夫ではない方が生のアロエを摂ると、かえって下痢をするなど胃腸の調子を崩してしまう場合があります。

また健康で胃腸が丈夫であるという方でも、摂りすぎには気をつけた方が良いでしょう。

アロエ自身にも身体が冷えやすくなるなどの、軽い副作用のような効果(逆に言えば暑い時期には身体の熱を取るのに効果的)がありますから、場合によっては代謝を落とす原因にもなりかねませんので、食べ過ぎはやはりやめましょう。便秘解消で得た代謝の良化を相殺してしまっては意味がありません。

またアロエは身体を冷やしてしまうことと、強い下剤効果があるために、妊婦さんにはアロエダイエットはおすすめできません。

それ以外の健康な方でも、風邪気味など少し体調が悪いなと感じるときは、アロエダイエットをお休みした方が良いかもしれません。

アロエの食べ方にも、いろいろな方法があるので、自分の食べやすい食べ方で食べていけるといいですね。

アロエヨーグルトや、アロエジュースにすると、アロエをはじめて食べる人にもすごく食べやすいです。
その他にもアロエ酒やアロエ茶、アロエのはちみつ漬けなどがあります。

アロエは、基本的には菜まで摂取するほうが即効性があり、アロエの効果を直接からだの中に取り入れることができるのです。

毎日の食事に中に何気なくアロエを取り入れてみるだけでも、効果はすごく変わってきます。普段何気なくアロエを摂取して、ダイエットにつなげて行ってはどうでしょうか。

生のアロエは刺激が強すぎるという場合におすすめなのは、加工されたアロエを摂ることです。

生で食べるとドロッとしたヌメリと苦さを感じ正直、美味しいものではありません。薬だと思えば我慢できるかもしれませんがちょっとたえれません。そこでヨーグルトに入れたりするのはありきたりなので今流行りのデトックスウオーターにしてみます。生葉のアロエから皮をむきゼリー部分を使用しミントと炭酸水を入れるだけです。

味のある果物、りんごやぶどうなどをデトックスウオーターで使用するとふやけて味が抜けて一緒に食べれば効果抜群と言われますが正直不味くて食べれません。その点、アロエはもともと味がないので細かく刻んで入れるとゼリーのような食感から大きめのストローで抵抗なくすんなり飲めます。

市販のアロエヨーグルトやドリンクなどが手軽で良いのではないでしょうか。加工されたものであれば、生のアロエに比べて効果がおだやかなので、大量に摂取しすぎない限り、胃腸の弱い方でも安心して摂ることができると思います。

アロエヨーグルトなどは味も食べやすく調整されているので、初めてアロエダイエットに挑戦しようと思っている方には、チャレンジしやすいのではないでしょうか。

スーパー等で入手しやすく、値段も他のヨーグルトと変わらないので、まずは「いつものヨーグルトを、アロエヨーグルトに変える」といった手軽なところからアロエダイエットに挑戦してみるのがおすすめです。アロエは体の外側からも、中側からも綺麗になることができる万能な食べ物なのです。